ナガセさんの映画レビュー・感想・評価

ナガセ

ナガセ

気ままに投稿します。
レビューというか日記みたいな感じで。

映画(44)
ドラマ(0)

愛の渦(2013年製作の映画)

3.4

2019.2.17

全財産の2万をかけた事で出会えた女子大生にニートが恋。相性も良さそうだったのに、ファミレスでフラれる。この時の池松壮亮の表情が抜群です。

キャストの体当たりな演技無くしては、今
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

2019.2.15

平均スコアが軒並み低いのは、漫画ファンからの不評があるのかと思われますが、にしても怪物級のキャラクターたちが多すぎたのが原因でしょう笑。しかも、全然更生しない笑。

美を追求した
>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.7

2019.2.14

どこのお店も「赤」が目立つ。
デパ地下とかで色んなチョコを吟味する人。このチョコを貰う人はどんな人なんだろう。皆さんは、どんな一日でしたか。

ちなみに、チョコの事を「勲章」とか
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

2019.2.9

大人カッコいい代表とドール系可愛い代表の女優二人(独断)を同時に拝めるだげでもお得な作品です。しかも、二人の最大限
を引きだすようなハマり役だった!と、ここに評させて頂きたいと思い
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.7

2019.2.4

感情を持ったOSが登場してしまったばかりに、恋愛の形までも変わりはじめてきてしまった社会が舞台の今作。

いつでも相談に乗ってくれる都合の良さと程よい距離感は、ほぼ"絶対的関係"。
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.7

2019.2.5

TBSの花形枠である「日曜劇場」。

日曜劇場がテレビから飛び出し、映画館にやってきました。

一緒に鑑賞した友人は、野村萬斎の演技を観て「あれは、歌舞伎役者出ちゃってるよね〜」っ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.7

2019.2.1

R・ゴズリングがドジっ子な役を演じる今作。ラッセル・クロウはスマートでアクションなんかもこなしてます。

つい最近まで「今日から、俺は!」ってな日本のドラマが放送されていましたが、
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.9

2019.2.3

節分の日です。
今日は、いい事がありませんでした。
一日中ネガティブな気分でした。
全ては自分が悪いのですが、、、
うまく鬼を追い払えなかったようです。

ですが、メリー・ポピンズ
>>続きを読む

あなたへ(2012年製作の映画)

3.9

去年の今頃、こんなん観てました
2018.1.31

富山の刑務所で指導教官を務める主人公・倉島(高倉健)は、亡くなった妻から手紙が届く。そこには「平戸の海に散骨してほしい」という遺言が記されていた
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.8

2019.1.29

狂乱的でバイオレンス要素が沢山詰まった今作。感情の赴くままに、アクションを起こしていく様は良い意味で韓国人らしい。

復讐を終えると、人生の意義が尽きたかのように空っぽになる
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.9

2019.1.24

奇才・園子温監督作品にして超長編映画。
愛に対して素直に向き合うキャラクターたちを、満島ひかり、西島隆弘、渡部篤郎、安藤サクラが怪演している今作。

Nissyこと、西島隆弘
>>続きを読む

どろろ(2007年製作の映画)

3.5

2019.1.7

先日、テレビを観ていたら、立川志らくさんが「映画作品は映画館で観なければ良さは分からない」的なことをお話しされていました。この作品はまさに、その映画作品です。

手塚治虫の世界観を
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.7

2019.1.3

明けましておめでとうございます。
レビュー回数が滞りがちではありますが、本年もよろしくお願いします。

さて、新年の初めにセレクト。「エイプリルフール」は4月1日じゃないか!と言う
>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

3.8

2018.1.23

高倉健の作品を見ずして、日本の歴史は語れない!ふと思い、TSUTAYAを散策するが何を借りるべきか分からない。「ぽっぽや」と「幸福の黄色いハンカチ」しか知らない。結局「ぽっぽや」
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

2018.1.17

反社会的な立場の若者たちが成長していく物語はごまんとあるが、主人公・レントンのような哲学的なワルって所に、クールさを感じてしまう。

サントラに欧米中が興奮しながら観ていたのかも
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

3.7

2018.12.9

寂しがり屋の弟と、ツンデレ兄貴。

どっちも暴れん坊で、親父のDNAを受け継いでいる事は、容易に伺える。

ドラッグを語る時の兄弟は狂っているはずなのに、何故かカッコよく見えてし
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

-

2018.12.9

3人の再出発を告げる作品。

3人がやりたい事をやったのだろう。
それは伝わるけど、映画作品というには物足りない。

スコアを残すのには違和感があったので、付けません。昔からのフ
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.7

2018.11.21

タイジが混ぜご飯を作るところは、味の素のCMを彷彿とさせていた。この作品、もしかしてこういう系統なの?お涙頂戴みたいを覚悟していた私を返して!

波乱の幕開けで、ストーリーが入
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

原題: Now You See Me

ミスディレクションって何回言うんだよ!
バカにすんな!もう騙されない!

あー、またやられたよ。
種明かしされたところで、時すでに遅し。
だげど嫌な気持ちせず、
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

Bohemian Rhapsody

伝説的ロックバンド・Queenが天才リード・ボーカルと歩んだ歴史を題材にした作品。ウェンブリーで行われたライブ・エイドを完全再現した演出は、観客席にいるかのように
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.9

2018.11.3

店頭に並ぶ雑誌「POPEYE」。
映画特集が組まれていた。結果的には買わなかったが、その中から作品をセレクト。

名作中の名作でありながら、素通りしてきた自称ミーハー嫌いである私
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.6

2018.11.1

ここ数週間、映画を観る事もなくボンヤリと過ごしてた。

「週一"TSUTAYA"生活」をやめた事が原因だ。「amazonプライムとかで観た方がよくね⁇」と言われ、波に乗ってみる事
>>続きを読む

ショコラ 君がいて、僕がいる(2015年製作の映画)

3.9

2018.10.8

皆さん、一日お疲れ様です。一週間はこれから始まりです、頑張りましょう!
と、言っても今日は祝日でした。明日からですね!

そんな3連休の最終日だった本日の一本は、第一次世界戦前⁇
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.6

2018.10.1

台風一過の今日。昨日の大荒れ天気が、朝のニュースを独占。
昼に立ち寄ったラーメン屋のお兄さんたちの会話にまで影響が及ぶ。ラーメンの味に、影響が出なかったのは幸いだった。

魔法に
>>続きを読む

Emma エマ(1996年製作の映画)

3.3

2018.9.21

世話好きかと思いきや、自分の思い通りにいかないとイライラする自己中心的なお嬢さん。エマのお節介ぶりには観ている側も、イライラしてしまう。

だが、本気で善意の行為だと思っているの
>>続きを読む

パッチギ!(2004年製作の映画)

3.5

2018.9.19

あるプロサッカー選手が、移籍先の海外クラブの練習で「イエロー」のビブスを渡されたそう。チームメイトには「つり目」のジェスチャーでいじられた。

島国の日本は、今では飛行機に乗れば
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.8

2016.9.17

「樹」

ドシッとした姿と柔和な喋り。話す内容は毒あり、ユーモアあり。彼女の若かりし頃を知らない人が殆どだろうし、私もその内の一人。だけれども、完成披露会見などでみせるオーラたる
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

2018.9.10

「やらない善よりやる偽善」とはよく言ったものだ。善と悪の表裏一体の中になぜ、ある意味どっち付かずの偽善を“悪”と呼ぶのか。偽善が主人公を苦しませるのだが、ネタバレになるので多くは
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.4

2018.9.6

観る事はないだろうなと思っていたが、友だちに誘われ劇場へ。「まあ、いいか」ぐらいの気分だったはずなのに、普段食べないポップコーンを何故か買ってしまう。結局沢山残る。
それほど、噛り
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

3.2

とても疲れた一日。というのも頭痛と闘っていたからだ。忙しい一日は想定していたが、余計ダメージを食らった。

そんな日に観るキラキラした映画は、一番のお薬かもしれない。
しかも一時間ちょっとの尺は、カラ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

2018.8.29

待望の作品を遅ればせながらも鑑賞。
シリーズのファンとして一言。

「面白い!」

とてもライトな作品です。深く考えずに楽しむ。盗みのトリックも実にスマート。スマート過ぎて、大胆
>>続きを読む

僕と妻の1778の物語(2010年製作の映画)

3.6

2018.8.28

スコアが低い。分かるよ。
主人公がSF作家で、怪奇的なストーリーばっか思いついちゃう時点で共感なんて生まないから。朔太郎の頭の中で繰り広げられる妄想も、演出が安っぽくて残念だし。
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

2018.8.25

引きこもりの人たちへ

説教くさい事は好きじゃありません

だからこの作品を観てください

ゼロから始める勇気がもらえますよ


そんな今日の私は夜勤明けで引きこもりしてます。溜
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

2018.8.16

自分の周りに在る「モノ」たちについて。

まわりから見たら「変わりモノ」と思われるモノを持っていたとする。もし、それらを誰かに否定されたら「変わりモノってなんだよ」って答えるだろ
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.6

2018.8.14

日本の"首相夫人"は何かとメディアを湧かせてしまうアクションが続いてしまい、今では籠の中の鳥。責める気もない。

「悲劇のヒロイン」も悲劇がなければ"ヒロイン"に成り得なかったの
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.0

2018.8.13

急にカミナリの音が外から聞こえる。
ゲリラです。
そんな日にこんなタイトルの作品みて大丈夫か。チビりそうで心配です。ジャケだけみたらホラーやんこれ。うん。

探偵が謎解きしたなが
>>続きを読む

>|