ヨーさんの映画レビュー・感想・評価

ヨー

ヨー

映画(62)
ドラマ(9)
アニメ(0)

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

2.8

ストーリーの展開が読める。
内容やキャストは良かったが、もう少し深みを増す展開があっても良かったのではないかと思う。
予告編が期待値を膨らませ過ぎた。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.1

ラストの犯人に衝撃を受けた!
犯人が誰なのかと最後まで引っ張って引っ張って、見事に期待を裏切らない見応えのある作品。
面白かった。

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.2

展開の速さがいい。
観ていて飽きがこない。
前作に続き楽しめた。
個人的には前作に続き明石家さんまの友情出演に笑!

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.1

アクションシーンが見応えあり。
ハラハラドキドキするアクションと、しっかりとした内容、加えてクスッと笑ってしまう要素もあり、面白かった。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(2011年製作の映画)

3.1

熟年夫婦のそれぞれの未来を描いた作品。
長年一緒にいる夫婦でも価値観の相違を思い知らされる。
熟年夫婦のリアルな演技が素晴らしい。
見応えある作品。

いのちの停車場(2021年製作の映画)

2.9

ラストは医師になって戻ってくるところまで描いて欲しかった。
名優が多く出演している作品にしては何を伝えたいのかイマイチパッとしないと言うのが正直な感想。

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.0

コールドスリープ!ぜひ試してみたい。
現在→未来→過去
現在で起こりえた全ての伏線回収の為の過去へのタイムスリップ。
現実味のない話ではあるが面白かった。
清原果耶ちゃん可愛すぎる!

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

2.9

夫婦のコミカルな掛け合いが絶妙で面白い。
間合いの取り方やタイミングが良く、見ていて飽きがこない。
旦那を罵倒しながらも支える妻とクズな旦那を濱田岳と水川あさみが見事に演じていて素晴らしかった。

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

2.8

波瑠と成田凌と杉咲花が同級生の設定に違和感を感じてのスタート。
ストーリーが進むにつれて40歳超の設定でも老け感がない成田凌。顔が童顔だから厳しいとは個人的に思うが…。

波瑠はさすがの女優魂で40歳
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.3

殺し屋レオンと少女マチルダの絆と純愛、そして戦いを描いた作品。
孤独なふたりの葛藤と壮絶なアクション・シーンが見どころ。

この映画を観てジャン・レノが大好きになった。
殺し屋役がどハマりしていて渋く
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.4

鶴瓶さん凄い役者だなーと改めて思った。
表情や仕草、セリフの声色等全てに於いて完璧!

影裏(2020年製作の映画)

2.9

抑揚もなくまったりとした作品。
脚本は別として盛岡の雄大な景色が壮大だった。

100回泣くこと(2013年製作の映画)

3.0

よくあるラブストーリーだと思って鑑賞したが、内容がしっかりしておりラストに感動。

空白(2021年製作の映画)

3.0

古田新太の迫真の演技がヤバい。
娘を思う親の執拗なまでの執着を見事に描いている。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.4

ずっと観たいと思っていた映画。
最後まで期待を裏切らず面白かった。
出演者も錚々たるメンバーでストーリー同様ガチで良かった。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.1

よくある高校教師と女子高生の恋愛ものと知りつつも松本潤主演のため鑑賞。
ストーリーは別として松本潤の先生役がカッコいい。

トワイライト ささらさや(2014年製作の映画)

3.2

大泉洋と新垣結衣の夫婦に違和感を感じたが、死後のコミカルな役を演じるには大泉洋がピッタリだと思った。
ガッキーが可愛くて可愛くて、未亡人で子持ちの役もハマり役だった。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.0

期待し過ぎたかもしれないが、いい意味でも悪い意味でもストーリーに抑揚がない。
俳優陣はとても素晴らしかった!

浅田家!(2020年製作の映画)

3.3

数々の賞を受賞し期待度マックスで鑑賞。
自然なニノの演技が心地よく家族の温かさや絆を描いたリアルな作品。
クスッと笑ってしまう要素もあり面白かった。

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.3

おっとりしているイメージと綾瀬はるかを勝手に思っていたが、見事なアクションシーンは圧巻。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.3

成田凌のひとつひとつの細かい演技に魅了された。
カメレオン俳優ココにあり!といった作品。
切ない恋心とエロリズムが見事に描かれている。

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

3.3

TVシリーズから全て鑑賞しているが、映画版は初めて観た人にも分かるような作品になっていた。
過去と現在をトランシーバーが繋ぐという非現実的な内容ではあるが、作品を観れば見る程のめり込んでいく。
続編に
>>続きを読む

さがす(2022年製作の映画)

3.3

ラストの意外な展開に驚かされる作品。
佐藤二郎の自由な演技が好きだが、今作品のシリアスな芝居も凄く素敵だった。

ルームメイト(1992年製作の映画)

3.4

女性同士のルームシェア+サスペンス!
相手に依存し服装や髪型等を真似していくところが逆に怖さを感じた。
30年以上も前の作品とは思えないほど色褪せていない作品。

GTO(1999年製作の映画)

3.6

破天荒な教師のドラマは昔からよくあるあるだが
このドラマに限ってはその枠を超えた内容。
現代では考えられないコンプライアンス違反ばかりの内容で
逆に楽しかった!
今のドラマはコンプラに縛られてばかりで
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

3.4

ラスト感動!
展開としてはスピーディでストーリーに滞りがなく個人的に好き
シンブンシの4人のキャストが最高!

プラチナデータ(2013年製作の映画)

3.4

逃走劇のスリリングなシーンから、二重人格といった非現実的な世界観。
見応えのある作品。

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

3.7

日本の汚染問題をリアルに再現されており見どころ満載。
俳優陣のリアルな芝居に息を呑む作品。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.3

ネグレクトの母親に育てられた娘の心情を見事に演じている。
生田斗真の仕草や表情も高評価。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.9

タイムワープする映画作品の中で1番面白い。
内容、演技全て良し
西田敏行本当に素晴らしい役者。

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

3.2

実際にある病名だと知って驚いた。
とても切ないストーリー。
彼女だと気付かなかったシーンがとても切なかった。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.3

切ない母親の心情が描かれている。
母親の立場として自分だったらどんな決断をするのだろうかと考えさせられるストーリー。

君に届け(2010年製作の映画)

3.2

キュンキュンストーリー。
多部未華子可愛い過ぎる!

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

2.8

ストーリーがまったりとしており、最終的に言いたい事が分からない。

誰も守ってくれない(2008年製作の映画)

3.4

殺人犯の家族がリアルな描写で描かれている。
演技派で個性的な俳優陣の個々の演技がとても良い。

二度めの夏、二度と会えない君(2017年製作の映画)

3.3

村上虹郎が好き。
クールにどんな役でもこなし、あの雰囲気がたまらない。

>|