ororさんの映画レビュー・感想・評価

oror

oror

映画(218)
ドラマ(0)
  • 218Marks
  • 10Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.7

ストーリーは読めなくて面白い。ドキドキもした。俳優陣が豪華でよかった。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

池井戸作品って感じで安定の面白さ。特に最後のエンドロールでのメッセージが強力で、日本の会社のあり方への問題提起を感じた。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.3

終わり方は?だった。なんとなくミステリーとしてはインパクト弱め。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

とてもいい気持ち、あったかい気持ちになれる。名コンビ。
よくあんなに我慢できるなと思ったけど、拳を上げても勝てない、我慢することで勝てる、ってのは確かにそうだなと思った。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.6

先が読めなくてドキドキした。結局誰が悪者か最後まで読めず、ステファニーのキャラが純粋なのか悪女なのか若干中途半端。エイミーのキャラも振り切れてなくて中途半端な感じ。
全体としてはコメディとしてみれて面
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

今回は特に主人公の人生とのリンクを濃く描いてあり、ただのアクション要素以外にも心打たれるものがあった。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

依存しあいながら、片方は堕落し、片方はスターへの階段を上っていくという皮肉。切ないけど、アリーの強さに心打たれた。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.8

アームストロングのことはそんなに知らなくて、月面着陸の華やかな成功者のイメージだったけど、こんなに多くの葛藤の中で生きてきた人生だったとは知らなかった。

アクアマン(2018年製作の映画)

4.5

興奮した。おもしろかった。続編もありそうだから、観たい。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.7

ほのぼの。適度にファンタジーで、メインの夫婦愛が美しい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

いままでクイーンはメジャーな曲を知ってる程度だったけど、こんなに苦悩があったとは知らなかった。フレディのことをよく知れたし、もっと知りたいと思わせられた。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

安定した面白さ。次がどうなるのか気になる終わり方。ブルーとの絆、いいね!

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

テーマが何層にも複雑に絡み合ってる感じがして、何が善で何が悪かということを、常に問われている感じ。
死者ですら美化しない生々しさがあった。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

スケートだけで頑張ってきたのに夫のせいでスケートを奪われるの切ない。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.8

色んな人の感情が生々しく描かれていて、とても引き込まれた。
運送会社に過失がなかったことは証明されたけど、被害者が戻ってくるわけではないし、運送会社の運転するトラックが事故を起こして人を殺してしまった
>>続きを読む

Adrift(原題)(2018年製作の映画)

3.8

大切な人のことを思い出す映画。最後はとても切ないけど、それに気づいた後の主演女性はより逞しかった。
いまでも航海を続けている、というのは鳥肌立った。海に眠る婚約者に想いを馳せていまでも海に出続けてるの
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

いろんなキャラと先端技術がわちゃわちゃ出てきて楽しい感じ。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.9

前作に続いてよかった。ドナの若い頃の話が明らかになる感じで、ソフィのいまと重なっていい話。祖母が来た時、一瞬ドナかと思った。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

脚本が面白い。前半に違和感を感じる場面がいくつかあり、ただインディーズ映画だから若干演技とか構成の荒さがあるだけかと思ってたら、実はそれらが後半で回収されて、すごいスッキリかつ意表突かれた。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.2

テロで夫と息子を亡くした女性の怒り、悲しみがとてもリアルに生々しく描かれている。あまりにリアルでとても引き込まれた。無駄な演出なく、とてもリアル。
最後の行動は強く印象に残る。夫と息子と同じ方法で天国
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

4.0

映画に入り込めてドキドキした。アクションシーンがリアルでよかった。
卑弥呼が題材っていうのもなんとなくテンション上がる。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

主役3人と乗客が本人役で出演していたこともあり、非常に引き込まれた。最後は本当にドキドキ。最後の出演者を見る限り、撃たれた乗客男性も本人役?すごい。
ほんとにこの3人の過去がどこか違っていたり、旅程が
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

なんとも悲しい映画なのに、最後は清々しさも残る。みんなが苦難を乗り越えるための小さな一歩踏み出す感じがよかった。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

先が読めなくてスリリング。面白い。最後の身柄引き渡しで、ロシア側から差し出された男の顔を見た時、一瞬理解できなかった。だまされた。
ただのスパイ映画じゃなくて、天才バレリーナが苦悩の末にスパイとして国
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.8

最初から不気味な存在で描かれていたけど、まさか最後にそんな種明かしがあるとは!ずっと疑心暗鬼ではみてたけど、それでも騙された!
レイチェルマクアダムスいい。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

独創的な設定。言葉が話せないもの同士が、徐々に心通わせていく様子は、美しかった。水中のシーンも映像が美しい。
米露の冷戦時代で、まだ性的マイノリティや障害者への差別が強い時代が舞台であったことで、より
>>続きを読む

>|