ytmkさんの映画レビュー・感想・評価

ytmk

ytmk

映画(90)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.2

おぉージョージ
ジョージ…ヒャッハァ!!
もぉ、じょぉじぃ〜
Noooo、George‼︎
ジョージィ、いけー!ー!ー!
いゃぁーーー。・゜・(ノД`)・゜・。
ジョージ…ちょっとぉー

何回叫ばすの
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

私の中の「同性愛」という枠みたいな、それよりもいやらしい膜みたいなものが完全に剥がれたのを感じた

いわゆるBLは、私にとってこの時代に生きていながらも、まだまだ全然特殊な世界…だった

彼らが惹かれ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

切れ込みを入れて撃たれた弾丸のように、私の中を抉ぐるように飛び散った「弧狼の血」という破片たちは、数日経った今でも、なんとも言えない存在感で脈打ってる

汗臭さ
グロさ
エグさ
生々しさ

そして
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

最後
最期
最後
最期
さいご…

場面の隙間から、ローガンの時々映る寂しげな表情から、プロフェッサーの今にも息しなくなりそうな危うさから、何度となく聞こえてくる、さいご。

寂しくなったー!
ヒュー
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

2.8

マカヴォーーーイ❤︎
なんて軽いミーハー加減で見たら、シャマランにかるーく返り討ちにあいましたねぇ

見応えは…無い…
加速してく展開が…どんどん観客を置いていく…

でも、現実社会、多重人格者って、
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.4

応援上映会まで参加しちゃって!
一緒に校歌歌っちゃって!
全力で拍手しちゃって!
「おとーさーん、帝一がぁー!」なんて叫んじゃって!
「だニャン❤︎」なんてリピートしちゃって!


本当の本当のホン
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.0

やっぱり…ブライアンのいないワイスピは別物だね、誰も代わりにはなれないし、彼がいてファミリー
どのシーンも、ブライアンがいたら…なんて考えて、勝手に切なくなった

ジェイソンステイサム‼︎タダでは、た
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.0

ベイビーグルートフェスティバル

成長してもしかしたら、もう二度と見られないかもしれない貴重なグルートのベイビー期 (笑)

冒頭のダンス、これだけで決まった!
グルートに夢中すぎて困った

グルート
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.4

ただひたすらにまっすぐ広がる感動

頭の奥の方、細胞の奥深く、とてつもなく鋭い上質な純粋な何かに触れられたような不思議な感覚

ある意味体感型な作品

ArrivalなMessageは何か

考えるよ
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

2.2

エンドロールに、入る直前、最後の最後の最後のワンショットの万次さん、クソカッコいい!

すべてのストーリーがこのワンショットのためだったんじゃないか?!!って思えてならない。

私も兄貴を“兄様”と呼
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.3

ロードショー間も無く字幕で鑑賞、そして今回やっと吹き替え。


こんなにオリジナル版と吹き替え版の境のない作品があるなんて!!
吹き替え版の方がより、作品への熱い思いが溢れているのを感じた!

同じス
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

前情報なく鑑賞したからか、魔法が解けて、全員が人間に戻った瞬間涙が溢れた

どのキャラクターの声も、私は絶対知ってると思ってたから、エマトンプソンや、ユアンマクレガー、そしてそしてイアンマッケラン!!
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

夜が明けた
零の人生はここから、キラキラと加速する
そんな期待をさせるようなひと

夜明け前、一番暗いところで彷徨ってた零の心は、彼自身の勇気と、大切な人達への想いで溢れ一歩…あえて…一手先へ

零の
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

4.0

「自分自身に問うしかないのだ…」

どれだけ才能があるのか
どれだけ背負うものがあるのか
どれだけ苦しんだのか
どれだけ努力したのか
どれだけ逃げなかったのか
どれだけツイテいたのか
どれだけ勝ちたか
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

4.0

絶対にブルーのドレスがBEST‼︎

ピンクのママのお古も、それなりにカワイイと思ってたけど、ブルーのドレスを纏った瞬間、舞踏会に到着して現れた瞬間、キットに向かってまっすぐに歩み寄る瞬間…何度も何度
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

2.9

「真実のみを話す事を誓いますか…」
出だしのこの音声が、少しだけ、ほんの少しだけ心の拠り所になった。
どんな事がこれから起ころうと、生存者はいるんだと
そして、ウィリアムズ=ウォールバーグである事もす
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

5.0

グドゥ…シェルー…
サルーのインドの兄弟に…家族に…切なさが止められない…

たった5歳の少年は、自分に降りかかる回避せねばならない数々に、敏感に懸命に、そして賢く対応する

彼には冗談みたいに巨大す
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.0

圧倒的で、圧倒的で、圧倒的な作品。

マット・デイモンは良作と、駄作の極端な運の持ち主だから…少し心配だった…
けど、一本立ちしてる主役じゃないのが良かった!

中国とアメリカが上手に融合するとこうな
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

2.8

柔らかな太陽の日差しが似合う、爽やかで健やかな作品だった

予備知識はナシ

すずめちゃんみたいに、潔くまっすぐに人と関われたら素敵だな

「何やってても、誰といても頭ん中ずっと馬村の事考えちゃう。努
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

2.0

かっこ悪すぎて、カッコいい…
超不快で、爽快…
騒々しくて、慌ただしくて、もうビショビショ。
完全に子供だった私が覚えてる前作はこんな輪郭。

見直しせずに挑んだら、記憶というよりも、耳に残る音楽とか
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.6

私が好きなモノばかり詰め込まれて…もぉ、コッチはどうしたらいいんだよぉ〜

私が唯一、レニー・ゼルウィガーを可愛いと思えたザ・エージェント、懐かしー
エンドロールの最初の曲がMJのman in the
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.1

もう、後ろ姿でわかるよ、サミュエル氏。
何故そこまで許せないのだ、サミュエル氏。
ヤラレ方がぶっ飛びすぎでしょ、サミュエル氏。
目のアップでコングの上を行かないでよ、サミュエル氏。
サーミュエル!エー
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

2.0

名前がラビングという男。

彼はただミルドレッドの傍にいたかった。彼にとってはそれしかなかった。

今の時代じゃないんだって凄く感じたのは、白人と黒人が異人種と扱われる事。今でもそうなのかもしれないけ
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.4

スクリーンの向こうに、本当にこの景色が広がっているのかもと思った瞬間

スターツアーズの様に、動いているはずのないシートが動いて、戦闘機やシャトルに乗り込んでいるのかもと思った瞬間

ジン、K-2、チ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

涙が止まらなかった
一筋も一粒もこぼれず、用意していたハンドタオルは少しも濡れてはいないけど…

戦争の映画、広島出身の女の子
観る前の情報はコレだけだった

すずは、ぼぉっとしている
そののんびりさ
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.1

ラマーヌジャァン
英国人達が、言いにくそうに、色眼鏡の温度で何度も言う彼の名前
その響きを聞くだけで、彼がどれだけ違和感を押し付けられていたのかを感じる

ラマヌジャンは愛した
数字、研究、信仰、妻…
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

1.5

ん…なんて書けばいい? (笑)

でも、私が観たって知った映画好きな知り合いはこぞって感想を聞きに来た。
コレだけ、性別も、宗教も、人種も、種類も、食べ物も、ビデ(ププッ‼︎)も、飛び超えた作品を他に
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.5

「コウちゃん…」
気付くと何度も、何度も呟いてた

悩ましい程に切ない眼差し
若さが滲むほどの華奢な首すじ
空気に霞みそうな透き通る白い肌
吐き捨てるようにぶっきらぼうな話し方、なまり

突然現れ
>>続きを読む

>|