Yudaiさんの映画レビュー・感想・評価

Yudai

Yudai

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

とても素晴らしい映画。
不自由とは、何か。
刑務所で、拘束されていても、心の在り方次第で豊かになれる。
希望を捨てずに、生きることが大切です。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.7

期待を超えて、すごい良い映画だった。メアリーの小賢しい所とか、可愛くて笑えた。

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.7

何回も胸が熱くなるシーンがあって、終盤涙と鼻水が止まらなくなってしまった。

将来、自分が父になるときに、もう一度観たい。

17歳の肖像(2009年製作の映画)

3.7

キャリーマリガンが出ているというだけで、3点稼いでる。

映画「立候補」(2013年製作の映画)

4.8

選挙のやり方がどうかは置いといて、この人たち、ちゃんと人生を生きてるなって感じます。

こんなに胸が熱くなるとは。

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.3

この話が実話というのが、驚き。それにしても、ロバートデニーロの演技力がすごくて、とても切ない気持ちにさせられた。

モテキ(2011年製作の映画)

3.8

岡村靖幸、くるり、夙川ボーイズ、星野源とか挿入曲がどれも好きなやつばっかだったので、それだけで楽しめた。

そして、長澤まさみは女神。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.5

Don't lose humorous という言葉が心に響く。が、しかし、本作の笑いのクセが終始強い!笑うに笑えないところばかり。

最後の誕生日パーティーのシーンは、腹を抱えて笑える。が、これもまた
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

5.0

これは、凄まじい。
ストーリーの展開も、俳優陣の演技も。

一生、心に残る映画。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.1

話はブッとんでるけど、アメリカの映画ぽいなって感じ。結構、笑った。特にエルフ語のくだり。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

悔しいけど、ラストが印章的すぎて、もう一度見たいと思ってしまう。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.2

男女の関係性の最高の時と、どん底の時が交互に映し出される。せつなすぎる。

ペルシャ猫を誰も知らない(2009年製作の映画)

3.4

途中、つまらなくて寝かけたが、最後まで見てよかった。

イランの規制の厳しさとか、この映画を撮影した監督の背景を知ると、余計に映画の終わり方に、悲しみを感じる。

ちなみに、星野源の「働く男」に載って
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.5

超良かった!!!

ラ・ラ・ランド見に行かねば!

>|