Yuiさんの映画レビュー・感想・評価

Yui

Yui

鑑賞後に尾を引かずに過ごせるような映画が楽で好きです。でもたまに重たい映画が観たくなります。動物が亡くなる映画は見ません。

映画(537)
ドラマ(0)

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

3.4

カンヌの季節ですね⛱

ってことで、10年前の受賞作を。


タイトルから、もっとハートフルな映画かと思ってたよ。

この映画を語れるほど、パリの20区の背景、フランスの教育の背景、移民の子供達のフラ
>>続きを読む

ステイ・フレンズ(2011年製作の映画)

3.6

(ディランの実家での姉との会話。)

いや〜ん、あんなの聞いたら辛いよね!!!

って、ジェイミーだってまだ泣いてないのに、私が号泣!

これ、別にそんな泣くような映画じゃないのに。

・・私が情緒不
>>続きを読む

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.4

杏ちゃん大好きなので珍しく邦画♪

イメージ通りの展開なので楽に鑑賞できました。

大根協奏曲いいな!
身近なもので音楽を楽しむ、これが原点よね!


———

23歳でフランス行きなんて全然っっっ遅
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

機内で観るのに最も短かったため鑑賞。

去年新宿タカシマヤで開催されていたピーターラビット作者のミスポター展にたまたま行っていたので、ピーターラビットの物語とその背景について結構詳しかったりする。
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

往路と復路に分けて機内で鑑賞。

なるほど、なるほど。
確かに先に観た人たちから聞いていた「Sing」っぽさがある。

とても面白かった。
音楽がとても良くて、初っ端の曲で胸が熱くなった。
別に泣くよ
>>続きを読む

ダーティー30/爆発! 三十路トリオ(2016年製作の映画)

2.8

本作を観て、私はアメリカ人がパーティしている映画が嫌いだということが明確にわかった。

「シスターズ」ほどではなかったが、終始嫌悪感。

家を壊すかのようにめちゃくちゃにして、食べ物やお酒を粗末に扱い
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

暗く重々しい雰囲気の映画。
実際、暗い。

でも、ただ単に暗闇に突き落とされるだけの映画ではないので、思ったより構えずに観ても大丈夫だったかも。

マンチェスター・バイ・ザ・シーってところがあるのです
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.3

犬派ですが。

日本のドラマでもよくある入れ替わっちゃう系。

いや、入れ替わってはいないな、一方的に猫になっただけ。


なんじゃこりゃ、な、おちゃらけ映画。
忌野清志郎みたいなペットトレーナーにな
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.9

喉がキューってなるくらい泣いた。

私、弱いんだよぅ
偏屈おじさん×子供。

「グラントリノ」以来に泣いたかも。

例に漏れず偏屈おじさんは決まって動物に優しい🐈


オリヴァーがとてつもなく可愛
>>続きを読む

SEXテープ(2014年製作の映画)

3.4

最近はSATCドラマ版に時間を使ってしまっていたので(Amazonプライムでついに無料になった為)映画から離れていました。


久しぶりの復帰作に選んだのはこちら「SEXテープ」

SATCからの流れ
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

3.6

期待よりも面白かった〜!

いつも映画に出てくるアメリカの警官はどうしようもなさすぎてイライラする〜

組織腐りすぎ。実際もそうなんだろうね、だからきっと映画になるのよね。

ライアン(クリスエヴァン
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

くっらい映画だな!
と思ってたのに
目が離せない〜!

「プラダを着た悪魔」のエミリーブラントも好きだけど、こういう精神異常の役も似合う!

記憶がないって怖いよね。

そりゃレイチェルとは比にならな
>>続きを読む

心の旅(1991年製作の映画)

3.3

綺麗な話なんだけど

綺麗事すぎてこれ以上長かったら興醒めしてたなぁ〜

娘に読み書きを習う様子は、I am Sam思い出しちゃって

でも記憶がないだけで知能障害な訳ではなくて

なんか混乱した。
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

3.4

ドリュー・バリモアが意外な役!

有名が故になんとなく後回しに避けてきていた本作

GW記念(?)にようやく見てみました。

いたって想像通りのストーリーに

大活躍でセクシーなチャーリーズエンジェル
>>続きを読む

シャーロットのおくりもの(1972年製作の映画)

4.0

大大大好き。

実写版を観たので、ユーチューブでアニメーションの方を20年ぶり以上に鑑賞中。

子供の頃一番好きな映画だったので、いつも一緒に歌っていたなぁ。

幼稚園の頃から毎日のように観て(記憶に
>>続きを読む

シャーロットのおくりもの(2006年製作の映画)

3.3

GWのリラックスした気分に最適な懐かしの映画。

実写版を観るのは初めてですが

アニメーションの映画を子供の頃に見て育ちましたので

ストーリー全てが懐かしくて、心が潤った気分。

うちにはたくさん
>>続きを読む

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.4

キーラナイトレイが美しいし衣装がとっても素敵!

ヘンリー8世のお嫁さん(アンブーリンbyブーリン家の姉妹)も同じ悩みを抱えていたし


男の子を産まなきゃいけない、っていうのはさぞ辛いでしょう。
>>続きを読む

プロヴァンスの贈りもの(2006年製作の映画)

3.3

あら、自転車に乗っているのはマリオンコティヤールさんじゃないですか!

プロヴァンス×マリオンコティヤールってことで見たいリストに入ってたのかな♫

タネも仕掛けもないゆったりした映画。
エンドロール
>>続きを読む

29歳からの恋とセックス(2012年製作の映画)

3.1

邦題から、もっと哲学が含まれた映画かと思った。

中身があると思わせぶりな雰囲気なのに、何もなくてつまらなかったなぁ。

たしかに29歳で婚約までした恋人と別れて、ずっと彼氏のいなかった親友に恋人がで
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.7

うわ〜〜〜

いたたまれないっっっ。



めちゃめちゃおもしろかった。

童貞でいることは何よりもの性癖。笑っ

若い時に恋して傷ついておかないとね🤚



久しぶりに釘付けになった映画でした👀

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

さっさと仕事切り上げて観てきました☺︎
大好きなトムハンクスと尊敬するメリルストリープですから、劇場で観なければなりません。

初めて行った昭和の香り漂う映画館・・ポップコーンが300円、コーラが20
>>続きを読む

ロリータ(1997年製作の映画)

3.2

いやー長い

とか

ロリータ≒幼児愛者って語源はもしや本作?

とか

色々レビューなんて書ことか考えながら観てたんですけど

え、実話?


(いや、実話だとしても驚くべき内容ではないか。)

>>続きを読む

ラブコメ処方箋 甘い恋のつくり方(2014年製作の映画)

3.1

ロムコムっていうか

コメディ。

映画っていうか

ドラマ?

茶番?

別に見ても見なくてもどっちでもいい映画・・

まぁ面白いけど、、
もっと面白い映画はたくさんあるから敢えてこれ観なくてもいい
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

3.6

どんより どんより どんより

こんな晴れた美しい日に

どんより映画。

え、1998年の映画!?
テーマも絵面も微塵も古さを感じない。

むしろ今の方がしっくりくるような・・

これ、アメリカ人嫌
>>続きを読む

カルテット!人生のオペラハウス(2012年製作の映画)

3.5

オープニングの毎朝の日常風景と椿姫「乾杯の歌」。

その後チラッと弾いた「チャルダッシュ」

チャルダッシュ大好きな私はこの選曲でぐっと引き込まれました。

(学生の頃休み時間によくバイオリン科の子に
>>続きを読む

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

3.6

「リチャードギア、カッコいい」
という言葉を聞くたびに今まで疑問でしたが、本作を観てわかりました。

ギア様と呼ぶ人がこぞって口にする作品、それが本作「愛と青春の旅立ち」。

1982年は私は生きてい
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.4

ついに見ました。
これ、有名な作品ですよね。

世界観がかわいい。
ホビットの村、かわいい。

でも、途中で終わった。
あれれ、映画なのに、次回に続く、的な終わり方。

途中の試練に耐えながら進む様子
>>続きを読む

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

3.1

なんか、不愉快。

私が映画に期待するのは、学びや自分の感受性を高めること、もしくは、笑い。

しかし、本作、ナニモナイ。
なぜこんな無意味な映画作ったの?😂
言いたいことは、過去のクリーンアップはで
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.9

素敵ステキすてき!

本作、お気に入りの白ワインを冷やして、クッション抱きながら、心して観ようと鑑賞せずに取っておいたのだけど

なんでもない平日の疲れ切って夜遅くに帰宅した日にビール片手に鑑賞。(と
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.8

涙も出てこない。

2時間14分のうち2時間以上はひたすら辛いシーンの連続、

あまりの残虐さに涙が出るどころかむしろカラカラになり

口は苦くなり

胸は苦しく、吐き気を感じ

脳がこれ以上見たくな
>>続きを読む

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

4.0

すっっっごく面白かった。

「’同情’という意味の語源は、苦を共にすること。」

やはり実話は偽話には敵いませんなぁ。


野球に全く興味ない私は、他にもスポーツはごまんとあるのになぜゴールデンタイム
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.7

偏屈おじさん(の映画)は好きだけど

わぉ、ちょっとこれは偏屈過ぎるわ!!


アルパチーノ!!
(言いたかっただけ)


私、声が大きい人、嫌いなんだよぉ〜

と思ってたのに


ハートフル!!
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

2.6

不愉快な映画でした。

エンドロールの音楽も好きではありません。


何を主に言いたかったのでしょう?


笑えません。


若夫婦への依存も、若夫婦の態度も、若旦那(あれ別の人になっちゃった。笑)の
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

3.3

ココシャネルさんはきっと凄い人なんだと思うんだけど

この映画の描き方はとてもサラッとしてた。

飛び抜けた変なところも無ければ、こんなに後世に名が残る人のようなオーラや存在感もなく。

コルセットは
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.7

ひゃ〜〜〜

ダイアモンドにこんな背景があっただなんて知る由もありませんでした😵

以後ハリーウィンストンは欲しません。(いや、このブランドが紛争ダイアモンドと関連してるかは知りませんが)

国産パー
>>続きを読む

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.6

「そこにないものを探し続けろ
Never stop looking for it’s not there」

私の好きな寂しがりやの偏屈頑固じいさんが心を許して行く系の物語じゃないですか!

偏屈じい
>>続きを読む

>|