ゆきなおさんの映画レビュー・感想・評価

ゆきなお

ゆきなお

映画(436)
ドラマ(12)

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

子供の時に感じなかったものを感じた
自然を守らなければならない。木を切り、森を焼き土地を開拓していく。
女性も力強く生きていく社会。
数十年経った今でも目を背けてはいけないメッセージが詰まってる。
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

劇場で見られる事に感謝
生まれる前に上映された作品、金曜ロードショーではなく、でっかいスクリーンで見られる貴重な体験
ありがとう

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

全部フィルム撮影で行われ、色がとても綺麗だった
衣装もキャラクターの性格を読み取れるような美しい衣装だった
もう一度見たい

やっぱり映画館はいいね

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

もちろんピカチュウも可愛かったけれど、私はコダック派

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

4.0

キョヌがいい奴すぎて
最初彼女がこれは運命じゃないって言ってたけど、再会して運命だったんだなって感じた

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)

4.0

当時の働いてる人達ってこんなに結婚を血眼になってしたがるんだな
演出最高

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

俺も白紙のノートとペンを握って詩を綴ろうと思った
変わらない毎日の中で、理想を求め続け、変わらず日々を過ごす

K-12(原題)(2019年製作の映画)

3.8

サイコホラーをポップに描いている
歌詞を見ると時折ダークな一面が垣間見えるが、ポジティブさも兼ね備えているホラー映画

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.5

男も女からも好かれるニコルは罪
ある程度遊んで仲良くなったと思ったら、連絡が来なくなる
典型的な遊び男なのに、好きなままなんだ

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.5

初のグザヴィエドラン作品鑑賞
嘘を貫き通すことが辛くなるはずなのに、それが愛でもなんでもきっかけがあれば変わるのだろう
暴力的なシーンがシネスコになって画面を狭めるのも凝った表現
最後のガソリンスタン
>>続きを読む

>|