Yuriさんの映画レビュー・感想・評価

Yuri

Yuri

映画と読書が好きです。本は年100冊、映画は180本くらいです。今年はDVDが増えると思います。

映画と病気のHPあります。今までのレビューはこちら。

http://movie.geocities.jp/hoto0827_movie_y/top.html

映画(641)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

-

ラッセ・ハルストレム最新作です。ラッセ作品とクリスマスの相性って良いですよね(*^¬^*) 目新しいものはないですが、クリスマスを素敵に過ごすアイデアがそこら中に詰まっていて、ワクワクしました♪プレゼ>>続きを読む

レポゼッション・メン(2010年製作の映画)

3.0

狩る側が狩られる側に、昨日の敵が今日の友に、逆もまたしかりはよくあるお話ですが、見せ方が上手いのと、ジュード・ロウの色気で最後までトントン拍子で楽しめました(^^)すっごいアブノーマルなラブシーン?な>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未読です。涙ちょちょ切れるほど怖い(((;>Д<)) 怖すぎて動けなかったから、観終わったら軽いエコノミーみたいになってて全身が冷えきってました(>_<) 怖いけどストーリーが多面的で何展開もある>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

ロックが苦手で、フレディ・マーキュリーはもちろん、クイーンの曲も2~3曲しか知らなくて、何人のどんなバンドかも知らないで観に行きましたが、クライマックスのライヴシーンで全ての感情を持っていかれました(>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

日本語吹替鑑賞です。ベネディクト・カンバーバッチの声で観たかったですが、勿論やってないし(>_<)、字幕版探して遠くまで行くほどの内容でもなかったです。原作が絵本なので、ミニオンみたいにショートストー>>続きを読む

SHIFT 恋よりも強いミカタ(2013年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

セクシャリティーの多様化が認められているフィリピンだからこその映画ですね。現実ではエステラとトレヴァーのケースはあるあるだと思いますが、映画では思い出す限りあまり観たことがないのが、意外でした。エステ>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

2.5

1は世界観に呆然としたまま終わってしまったけど、2は解かって入れたので、1よりは楽しめました。予告編が原作ファン以外は全然よくわからない作りで「観たい」と思えなかったので、もう少し内容に触れた方が良い>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.5

2時間13分の間に情報量がぎゅう詰めで、分厚い本を一気読みしたくらいドッと疲れました(>_<) 登場人物たちが大人だから抱えている葛藤や思惑が複雑で、誰がいつどこで何を思ったか、ひとつひとつ確認しなが>>続きを読む

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮(2012年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

デンマークにもフランス革命ばりの歴史が!!王宮あるところにスキャンダルと欲望はつきものなのですね~(>_<)大体、歴史に沿った内容みたいですが、コッポラの「マリー・アントワネット」みたいに主人公のカロ>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

5.0

ジョン・キャメロン・ミッチェル、歌うめえ!!(*´▽`*) 歌というか、もう歌詞と曲とヘドウィグのパフォーマンスが一寸の狂いなく一体化していて、冒頭1曲目10秒立たないうちに、名作だ!!とわかります(>>続きを読む

9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜(2009年製作の映画)

1.0

短編映画を長編にしたものって完璧な世界観を引き伸ばすので大抵、短編の方が良いことが多いのですが、本作もそうでした。短編と長編は監督が違うので、設定だけ同じで内容は違うそうですが。英語版の予告編の音楽が>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.0

原作読んでます。原作が素敵なんです。なので、大失敗しない限り、映画が素敵じゃなくなることはなく、良かったです(*^¬^*) 原作より虐待はマイルドになっていたし、母子に焦点を絞っていたので、タイジの他>>続きを読む

リミットレス(2011年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ブラッドリー・クーパーってすごいイケメンなのにこういうきな臭いの好きですよね(^^;)話自体はよくあるもので、映像もグルグル気持ち悪くなるので、ダラダラ観るのが良いかと思います。ラストの解釈は2通りあ>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

「寄生獣」のマーベル版。「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督が撮っているので、ユルさとクールなダークさのバランスがイイ感じのザ・アメコミでした(*^^*) 何故ヴェノムが人気があるのか知りませ>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

2.6

皆が皆が号泣して大ヒットする闘病ものは苦手なのですが、これは新しいというか、ガンと共存し生きていくということをアダムが知らず知らずのうちに出来ているのが素晴らしいです。仕事は続けていたり、彼女の浮気が>>続きを読む

千年の愉楽(2011年製作の映画)

1.5

若松監督の作品は出演者が好きな方ばかりなので、いつも観てしまいますが、強いメッセージ性と個人的にピントが合いずらいというか、今回は古典??みたいな感じでした。あと井浦新さんが好きなので、いつも「新さん>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

すごいツボにハマりました!どのやりとりもコント級に笑えるし、節子はイタ可愛いし、もう冒頭10分で名作の予感しかしないです!そして、それを最後まで見事にキープ!(*^0^*)ジョシュ、少し太ったけど相変>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

-

原作未読です。中田監督怖いな~嫌だな~と思いながら観に行きました。長い黒髪というで怖さ2割増しだよ、さすが中田監督(>_<) 犯人は事前に公式HPを観たら分かってしまいました(>_<) 犯人役が似合う>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

1を観ている前提で進むので、1以上にジョークやそれぞれの性格がカオス(^^;)宗教や国などアイデンティティーに関わる際どいジョークが連発されるのでダメな人はダメかも。何ていうか歌は確実にパワーアップし>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.2

ずっとピッチじゃなくてビッチだと思ってました・・・(恥)ベッカがアカペラを始めるまでが結構あって、アカペラ部に入って息がまとまって聞ける歌になるまでも長いので(というか決勝になるまでずっとまとまらない>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.0

ドイツの混沌と同じくらい混迷極めているハートマン家。こんなに問題だらけの家に来て、言葉もわからないし、反対派はいるしで、でもいるしかないディアロの立場は大変です(>_<)アメリカの養子ビジネスみたいな>>続きを読む

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

10代の少女が主人公で淡い恋愛も入っているのに、超ハードボイルド!!ここまで救いなく落ち続ける作品も珍しいのではないでしょうか。あと、ここまで裏社会のみで展開されるストーリーも。キム・ゴウンも韓国のイ>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.5

リンーー!!!(>_<) カンニングなんて度胸がないからしたことないけど、学生時代にテストが始まる前に心臓が飛び出そうなくらいバクバクして、受けている最中もドキドキが止まらなかった経験を追体験しちゃう>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

4.0

監督がイーライ・ロスなので、子ども向けファンタジーだと思い観に行くと、お子さんは号泣して帰るハメになります(^_^;) もう完全に加速し続けるホラー。よく出来過ぎた入ったら最後まで出られないホーンテッ>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

4.7

人はどこまで残酷になれるのか選手権みたいな映画でした。もうひたすらにコルネリスが可哀想過ぎて唖然( ; ゜Д゜) 情熱的な愛と穏やかな愛。この二つが両立されることはなく、どちらが幸せかは永遠の問いだと>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

舞台の肥薩おれんじ鉄道は一両車で電車ではなく、気動車なんですね。私は有村架純ちゃんのファンなので、「阪急電車」から始まって「かぞくいろ」までの成長を観てきて、何だか感慨深いなぁと思ってしまいました(^>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

うーん、好みが別れるブラックユーモア&生き方。両方ヤバイけど特にザジの病み方がぶっ飛び過ぎてて、犬投げちゃう辺りから軌道修正かけてくるのかなと思ったら変わる気配がないのでドン引き。そもそも二人に愛はあ>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.5

ゲームをしながら観してゲームを間違える程度には面白かったです。福田作品の中ではかなり好きかも。「銀魂」よりは素直に笑える(爆)そして、文化祭だけで大小上手くまとまっていると思います。橋本環奈ちゃんの天>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.0

日本版から台湾版の一気見です。ラストでまた号泣してしまいました(;_;)コートン遅いよーーー!!!(>_<)チアイー役のミシェル・チェンは清原果那にそっくりの美少女で、日本版より勝気で見た目から幼い感>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

4.7

大好きで、互いに好きでたまらなくても、繋がらない想いはある。柔らかくて頑なで、泣き笑いしてしまうようなほろ苦い青春ラブストーリーでした(;_;)You are the apple of my eye.>>続きを読む

パーフェクトワールド 君といる奇跡(2018年製作の映画)

1.1

原作は途中まで読んでます。LDH配給って知らないで観に行ってしまったので、オープニングで知って嫌な予感しかしなかったです(-_-;) 原作は、障害もののあまり知られてはいないリアルを描ききっているとこ>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

病気もの動物ものは苦手なのですが、とてもナチュラルに感情変化や別れを描いているので、心にスッーと入ってきて、私にしては珍しくこのジャンルで泣けました。福士くんも地に近い素直な役柄だったからか、怪我をし>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

2.7

原作未読です。脚本が松居大悟さんだったので、コメディと見せかけて不穏な流れからどう着地してくれるかな~と楽しみに観ました。原作を読んでないので、そのあだ名で呼び合うのどうよってところからすべてにツッコ>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アントン・イェルチンの日本未公開作品が入ってる!と思い、鑑賞。ああ、もう彼には会えないんだと思うと余計切なくなる作品。良い意味で「不倫」を肯定して前向きなベクトルで終わらせているのに、ちゃんと切ないア>>続きを読む

デンジャラス・ビューティー2(2005年製作の映画)

2.0

1の型破りな感じを期待しているとセレブなふりをするイイコちゃんな芝居がずっと続くので肩透かしを食らいます。鬱憤溜まって裏では~という風にすればメリハリがつくのに。グレイシーがワチャワチャと落ち着きのな>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

4.2

木村監督の作品は観る側も律しなければという不思議な緊張感があります(笑)時代劇だと特に。あと、スタッフロールをそれぞれの字体にするなど、映画愛に溢れてます(*^^*) 大抵の時代劇は悪事は火を見るより>>続きを読む

>|