Yurihannaさんの映画レビュー・感想・評価

Yurihanna

Yurihanna

クリストファーノーラン監督
デンゼル・ワシントン
リーアム・ニーソン
マット・デイモン
が、だーーーいすき。
年間300本は見てます。
☆1以下は途中で見るのやめたやつです!

映画(582)
ドラマ(0)

リグレッション(2015年製作の映画)

3.4

贅沢なキャストだ。
ジャスパーいけめん!
ホラーと見せかけて、恐怖が本当の記憶と妄想を置き換えてしまう、そんなはなしだった。本当にあったんだから怖いわ〜。

イコライザー2(2018年製作の映画)

5.0

ナイトシアターで見てきた〜!
この演技をよく厨二病ぽくなくできるなぁと感心。もうイコライザー3期待してる!最後の敵の小物感はあれはあれで良かった。それだけマッコールが怖くて焦ってて!だって1でロシアの
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

最後の1時間は答え合わせみたいになってイマイチ最後のどんでん返しにならず…。
そんでもって最後からしてお母さんもやっぱ整形で変わってたんかな…?

CUBE ZERO(2004年製作の映画)

2.3

こういうの、実際に入ってみないとわからないんだろう。
本当に実験してみたい。不安度の高い状況下でいかにベストな選択をすべく脳がどれだけ働いているか、知りたい。

インビジブル(2000年製作の映画)

1.7

1度は透明人間なりたいけど、ちょっと痛そう。魔法じゃなくて科学的に透明になるなんて…

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

2.3

2回見た。ゾンビブームの真っ只中で、まだ新鮮さを感じながら見た。
ゾンビ戦闘能力低レベル、
変化速度中レベル、
走行速度高レベル、
集団性、聴力系、動物は食べない系、、、

ディセント(2005年製作の映画)

1.7


脱出系で好きな物ほとんどない!イライラ?馬鹿な行為?ホントやめて欲しい!リアルによく考えて行動してる脱出系ないかな?って思って模索したら、ゲットアウト、ジェーンドウの解剖はイライラしなかった。全力で
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

3.0

最後は3つの結末が見れたけど、なんなんだ?!最後まで見てしまってヤリ捨てされた感半端ない!
思うに、お前はスマートフォンをやめて息子と手を繋いで世界を見るか、お前もスマートフォンの餌食になるか、それと
>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.7

このお母さん、愛に満ち溢れてる…。耐えられない…。バイバイマンと同じようなパターン。恐怖が強くなって頭の中に常にヤツがいる。ババドッグ、バイバイマン、名前似てるし。

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.5

このホラーのいい所は、結局ホラーとかじゃなくて心理学かな。
辞めろと言われればやりたくなるアレだよね。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.9

本当に怒らない子育てだなぁ。それが感動と共にイライラを生む。
日本の教育は叱ってなんぼだもんね。軍は何してんの?ってツッコミは胸の奥にしまっておくよ。
ミストのような終わりじゃなくて良かった。

娼年(2018年製作の映画)

2.2

松坂桃李得点です。本当にあれが松坂桃李のお尻ならな。だけどガシマンはやめて。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

1.9

常にドウエインがゴリラに見えた!ゴリラがドウエインに見えたし、最後は政府や軍が負けた生物にゴリラ2匹…じゃない、ドウエインとゴリラで挑むんだもん。ドウエイン最強。

真実の行方(1996年製作の映画)

3.4

固定概念というのは怖いものです。
演技や猫をかぶる、腹黒、仮面、そんな言葉がたくさんあるように、人は騙し騙され生きているのです…。

メイド・イン・マンハッタン(2002年製作の映画)

3.3

これはラブロマンスの話らしいけど、働き方についてだった…。人種差別、貧困層と富裕層、シングルマザー、などなど大変そうに描かれつつも、日本人の私から見たら天国だった。ここで働きたいです。ここで働かせてく>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

3.7

レベル高いですね。
韓国、そして少ないロケーションとキャストでかなり出来のいい作品に仕上がってます!
地位や権力のために動くものとの戦いがテーマで、政府や国という大それた機関だけでなく、それは社会全体
>>続きを読む

>|