Yuriさんの映画レビュー・感想・評価

Yuri

Yuri

映画(242)
ドラマ(0)

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

お父さんすごい。
結構衝撃だったけど
実際にこの様な生活してる人
絶対居るよね。
尊敬する。
強い!
強さに憧れる。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.8

観終わってから、ドッグタウンの様な
華やかさを期待していた事に気付いたが
リアルさが逆に良かった。
登場人物みんなが
良い方向に向かって行くのだろうな、
という終わり方も良かった。
スティーブの笑顔
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.0

官九郎さん
宮城の誇り。天才。
あたたかい話でほっこり。
ユズの殿役、良かったなー。

パリの恋人たち(2018年製作の映画)

3.9

アメリカのロマコメばかり観てたけど
フランスも良いなと思えて大人になった。
レティシアカスタの大人の色気。
リリーローズの輝き。
素敵だった。

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

4.0

内容的には絶対にあり得ないけど
オッケイ映画!
シャーリーズ、美しくて昔から大好き。
セス、お茶目で可愛くて大好き。
上がりました。

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

2.9

「最高の人生〜」シリーズ化してんのか?
飽きたと思いながらAmazonプライムで鑑賞。
予想通りの内容だが
次女、三女すごい可愛い。

この内容で恋愛まで欲張るには
モーガンフリーマンは老齢過ぎて
>>続きを読む

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

4.1

Amazonプライムで鑑賞。
期待しないで観たかるか
想像以上に良かったー泣
アンハサウェイ、可愛いし
脱ぎっぷり潔いし、
セリフも演出もリアルで冷静に入り込めました。
わたしも人らしくなってきた。
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

脚色が抑え気味で良かった。
ありがちな内容かもだけど
人物描写と2人の魅力ある演技で
鑑賞後の
深み増し増し。
人と人。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

お父様が襲われた時のナウシカ。
怒りを見せたのはあそこだけ。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

爽快!
だけどこんな上手くいく?

ケイト様は美しく。
しかしアンハサウェイが
とっても良かった。

旅するダンボール(2018年製作の映画)

3.8

情熱をすごく感じさせてくれるが、彼にとっては普通の事。
そこが素晴らしい。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

オープニングからテンションが上がる。
ドレスの色とか風景とか、ずっと画にうっとりできる。
ハッピーエンドが好きだけど、そうじゃないから心に残ってしまうだろ。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.5

何回も見返してしまった。
見返す度に、何気ないセリフやシーンにグッとくる。
時には涙さえ。

愛に迷った時にまた見返す。
いや、ふつうにまた観る。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

ダイハード観てる気分になった。
主人公がとにかくずーっと危機的状況の連続。
でも絶対死なない。

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.5

日本一大きなスクリーンで観たのに、開始30分待たずに寝てしまった。
3Dって疲れる。

食べる女(2018年製作の映画)

4.0

そうだよねー。
みんな色々あるよねー。

チャラい自分を反省し、
真摯に生きたいと思いました。
やっぱキョンキョン好き。
出てる人みんな素敵だった。
ユースケ以外。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

遅ればせながらやっと観れた。
始まりから終わりまで
本当に全部見どころ。
こんなに無駄なシーンがない映画ない!

DVD買う。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

これも実話。
演じてるのも本人。
演技ってそんなに出来ちゃうもの?
ひたむきさに心打たれました。

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

やっぱり窪塚くん!
この時期の窪塚くんの輝き。
眩し過ぎるんだ。
IWGPも見直したい。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

映像がとにかく美しい。
色のトーンや風景など
観終わった後も、ふとした時によぎっていきます。
出演者もみんなさりげなく魅力的だった。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

2.9

ゲイリーオールドマンに気を取られっぱなし。
シーンはほぼ薄暗い室内。
セリフの応酬で途中寝てしまった。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.8

すごい脚本だなぁと思って観てたら、そうそう!実話だった!
両親の存在がありがたいのと、煩わしくなってしまうのと。
家族の愛、最強。

カクテル(1988年製作の映画)

3.0

今さらだけど。
バリーシールでトムづいてしまった。
はにかんだ笑顔がとてもハンサム。相手役の女優も可愛くてセクシー。
景気の良い時代を、味わえて良かった。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

あーん。
終わっちゃった。
北野映画の美学を感じ続けたい。
何か観返そう。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

「アメリカをはめた男」じゃなくて「アメリカにはめられた男」でしょ。
トムの若作りの努力が伝わってきて切ないけどトムらしさを感じられるアメリカ映画。

コロンビアの麻薬王がカッコ良い
全体的な色味が好み
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

2.8

みんなが高評価だったから
期待し過ぎて外してしまった。
よくわからなかった。
残念。

それぞれの意図もあまり理解出来ず、勉強不足ですかね。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.0

ずいぶんと昔に観た記憶はあるものの再鑑。
熟成期間があったせいか、とっても新鮮でふんわりとした気持ちにさせて頂きました。
この頃のイーサン、この頃のジュリーちゃん。
なんて初々しくて良い演技するのかし
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.9

面白かった(^^)

ほぼ知られてない林業の仕事の中身。林業が無ければ日本文化もないわけだからなるほど〜すごく神聖でした。

伊藤英明、良い仕事してます。

>|