ZAKKさんの映画レビュー・感想・評価

ZAKK

ZAKK

映画(549)
ドラマ(0)

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

2.5

圧倒的な戦力の前になすすべもなく逃げまどう人類、個人的には大好きなジャンル

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

2.5

個人的には前作の逃げまどう人類の方が楽しかったな〜

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.5

大好きなロザムンド・パイクが見たくて鑑賞、結果的にめちゃくちゃおもろかった、胸糞、痛快、苛立ち、焦りいろんな感情が湧き起こる、個人的に好みでない監督のイメージから食わず嫌いしていたけど、激しく後悔して>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.0

まあまあ面白かった、主人公は素人なのにプロフェッショナルのサバイバー並みの機転を利かせてなんでやねんなツッコミどころも満載だけど、そこはご愛嬌、前作好きだったけどほぼ前作との共通点はなし、ラストが怖か>>続きを読む

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

3.0

もっとポップな恋愛ものを想像していたら違った、実にヨーロッパ映画らしい大人の物語、ラストシーンの美しさに心が奪われる。

パンドラム(2009年製作の映画)

2.5

宇宙ものが見たくて鑑賞、設定は面白いのにストーリー展開がやや凡庸というか、結果的にエイリアンの三番煎じみたいになっちゃったのは残念、でも映像は大満足。

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

2.5

まるでドリフのようなナンセンスなギャグが散りばめられた作品、ポップな色彩と素晴らしいパリの街並みが楽しめる

少年と自転車(2011年製作の映画)

2.0

全体を通してなんでやねん、な映画だった、子どもが主役の映画ならではの子どもらしさもなく、全体を通して暗い、シリルは1ミリも可愛げがないし、それに真摯に向き合うサマンサも動機がよくわからず、なんか重要な>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.0

登場人物は全員悪人でもなければ善人でもなく、日常よくあるちょっとしたことで人生の歯車が狂っていく、オムニバスだから気楽に観られるし、国民性なのか、ちょっとだけ気性の荒い人たちがなんだかとても愛おしく感>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

映画を観て声も出ないほど感動したのは久々だわ、ラストはご都合主義というか、スターウォーズのパロディか?とツッコミたくもなるけど、そんなのかんけーねー、てくらいに感動の波が押し寄せてくる、とにかく名作…>>続きを読む

>|