rさんの映画レビュー・感想・評価

r

r

"ʟɪғᴇ ʀᴏᴏᴛᴇᴅ ɪɴ ᴍᴏᴠɪᴇ"
ɪɴsᴛᴀɢʀᴀᴍ https://www.instagram.com/_.r.__________/?hl=ja

映画(101)
ドラマ(0)

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.3

無色透明 純粋な気持ち
カランコエの花言葉は"あなたを守る"
_
唐突に行われた LGBTの授業
何故...うちの組だけなのかと波紋が広がる
興味本位や無い物みたさに 誰が
同性愛者かクラスで話題 持
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.6


世界の食糧難解消を打破すべく
大企業が仕掛けた10年物の品種改良計画
_
動物虐待に 世界の食糧難 企業戦略 と
大人の事情に "2人"の友情は関係ない
_
小さい頃から横にいる親友
大きくて優しく
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.5

中学生の頃 親には内緒で
クラスのみんなでお泊まり会をした
今 思えばバレバレなんだろうけど
深夜 街が寝静まったころを見計らい
大人の目を掻い潜りながら花火をしたり
初めて呑んだお酒に ふらふらにな
>>続きを読む

36.8℃ サンジュウロクドハチブ(2017年製作の映画)

3.3

淡いFILMに映し出される 加古川の夏
雲ひとつない晴れ渡る空に 透き通る川
ボード部の練習を眺める黒髪少女の透明感
16歳でも18歳でもない絶妙なお年頃 "17歳"
子供から大人になる準備を徐々に
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

ごほん..まず 私から皆様に一言
カメ止をネタバレなしで投稿されてる全ての
カメ止信者とK'S CINEMAに最大級の愛を❥❥
あんたら あつあつやで!!←
_
_
ミニ シアター系の..いや
邦画
>>続きを読む

サンセットドライブ(2014年製作の映画)

3.3

夫婦の離婚が迫り 時間が刻々と進む中
偶然訪れた父と息子の"1週間の猶予"
夏の終わりを迎える湘南 鎌倉での思い出
父と息子の仲睦まじく親密な時間を
過ごしていく 男と男のROAD MOVIE
_
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

3.7

社会人になり ある程度 慣れてくると
生活の律動が出来る 朝起きてLINE 見て
ご飯作ってって言う それぞれ 一連の流れが定着する
化粧して装飾品 香水の順番に "少し足らない時間"
いつもの通勤路
>>続きを読む

港町(2018年製作の映画)

-

黄金町の映画館の帰りに 私が
たまに行く小さな 中華料理屋が
65年の幕を閉じ 閉店をした
現役引退と後任不在による閉店
この映画を観る ほんの数分前に
知った出来事と 同時に この映画に
運命を感じ
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

ひたすら続く田舎道を 荷台に乗って
生い茂る風景を 机の下からずっと眺める
中々溶けないキャラメルと はしゃぐ妹の姿
木のトンネルに ボロボロの新しいお家
私は故郷や 田舎に引っ越した経験がないから
>>続きを読む

彼女と彼女の猫 -Everything Flows-(2016年製作の映画)

3.3


彼女と彼女の猫
_
#夏が待ち遠しくなる映画
_
新海誠の描く 実生活と結びつきのありそうな
誰もが経験した 似た事あるような話が好き
優しく囁くような詩的な台詞回し
雨や広がる雲と言った風景描写
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.5

夏が待ち遠しくなる映画 3連発
_
"忘れていた 今日が最悪な日だって事を"
_
所謂 "時間飛躍"映画に関しては
どの作品も伝えたい事 訴えたい事は
然程 変わらないと思ってます
けど 私にはこの映
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

小学生の頃 人と違った 事や 物に
凄い敏感で "異"に誰もが興味を持っていて
後先であったり 人の気持ちを考えず
直球に聞いてしまったり 意に反して
意地悪な事であったり わざと傷つける事
少数に
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9


ビューティフル デイ
_
大好きな感性に訴えかける映画
_
削ぎ落とされ 簡素化された台詞
想像を掻き立てる 過去の心的外傷
押し寄せてくる緊張感に 高鳴る鼓動
街を走り去る重圧で 黒く煙たいBEA
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0


お見事!! 10年の構想もあり 過去の
是枝作品の要素も含めて昇華したという印象
是枝裕和の作品には 日本の美しい四季と
極々普通の日本家庭 社会問題の交差が 今回も
所狭しと詰まっている___
_
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5


何年も会ってなかった 窮地を共にした仲
音信不通の30年間 結婚もしてれば
孫もいるし 生活も性格も思想も変わるけど
会ってしまえば 忽ち昔の空気を取り戻す
涙が出るほど 笑い転げて 悪ふざけして
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

DEAD POOL2
_
もう ふざけすぎ 笑
けど 笑いアリ涙アリで大満足でした❥❥
良い意味でDEAD POOLの感想は
時間かけず 素直に さささと 修正なしで
_
_
俺ちゃんの活躍は勿論の
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

LADY BIRD
_
鳥籠の中で育った"私"
窮屈なお家に 死ぬ程退屈な地元
曲がりくねった道に 見馴れた風景
先の見えない不安に 見透いた選択肢
夢中になれる事の模索 無限の可能性
都会への憧れ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.0

結論から言うと 私は ハマらず
_
"分かったフリ"も 人様の言葉を借りるのも
嫌なので 着の身気の儘 私らしく..
この監督の作品 恥ずかしながら初見
ここまで世間の評価とは裏腹な感想は 久々
魚の
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

鑑賞後 胸の苦しみから解放される
涙が頬に伝い流れるも私は上を向いて歩く
_
所々 気になる点はあるものの
原作知らない方は気にならないだろうし
原作好きな人も批評は 割りかし少ないかと
関係ないけど
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.8


そして父になる
_
_
エリート街道 洗礼された環境 温室育ち
何不自由ない生活 "形だけの父親"
昔ながらの威厳がある 亭主関白な父親
仕事漬け 家事育児は嫁の 野々宮家
_
かたや 裕福とは言い
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.8


兄の命日に久々に集まる親戚一同
痒いとこに手が届きそうで届かない間柄で
探り探りな時間もあれば じれったくて
鬱陶しくて 大きなお世話も屡々
延々と繰り広げられる 他愛もない会話
その話 去年も一昨
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.0


海街diary
_
_
三人の姉妹の元に届く 父の訃報
鎌倉の海沿いの古民家 囲む食卓に 納豆ご飯
父との別れに まだ見ぬ"腹違いの妹"
江ノ電から覗く緑 山々に 父の記憶に
ホームにぽつりと佇む
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.5

フロリダプロジェクト の監督
本作は全編 I PHONE5で撮影した作品
LGBT MOVIEの中でも"L"と"G"は
多く挙げられ 美化された作品が多い中
今作品は "T" TRANS GENDER
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.5

歳を重ねる毎に感じる事🍀
家族とご飯食べて、彼とデートして
地下鉄で帰さない‼︎なんて担がれたり←
お父さんと海辺を散歩したり、
日常生活の中で、小さな幸せを
感じたり探してる時が一番の
幸せなのかな
>>続きを読む

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

3.7

寂れたCafeをきりもりする
黒人女性の元に1人の宿泊客が
現れCafeにいる人たちを次々と
魅了し楽しい時間を過ごしてく**
映画はこうでないとね♡
癖のあるIndian,口下手なpianist,
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

"音楽は魔法"
灰色に澄んだ世界に一筋の
光が射すような感覚に陥る"
音楽が凄く良くて心地よい時間を
迎えたい時観返したくなる🍎🍏
_
LIVE HOUSEの歌から始まり
ダンの寝起き、LABEL騒動
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.9

こちらも物語を包む雰囲気、音楽、
イラストを挟んだ物語の進行、
2人の距離感のそわそわ
サマーとレイチェルの可愛さに
1時間半気が狂いっぱなし♡笑
(IKEAデートで死んだ
_
この話を周りの人とする
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

4.3

抜群に世界観が好きな作品🎞
好きな場面所狭しに多くて
ソフィアコッポラの中でNo1🙋
冒頭のポールダンスに昼間から
BEER呑んで高級車で飛ばす。
そしてまたポールダンスʕ⁎̯͡⁎ʔ༄
ガムぱん‼︎か
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.3

説明不要の可愛さ♡♡
アンハサウェイの虜になった作品🎞
マイインターンと真逆な設定も◎
最近、仕事でここまで怒られる事、
無茶ぶりされる事なくなったけど
憂鬱な日曜の夜は…ね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )笑
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0


孤狼の血
_
OUTRAGE以来の満足度
東映 様様様様様様様様様様様々 笑
主要人物..いや 若手のチンピラ役まで
個性引き立ってるし 超絶ギラギラしてる 笑笑
何より 別所浩司 松坂桃李は勿論
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.3

フロリダプロジェクト 真夏の魔法
_
鑑賞後暫く経ってもMASIC CASTLE
あのMOTELの壁色 GRAPE SHERBETが
頭から離れない___ 物語は かの有名な楽曲
"CELEBRATI
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8


型破りな教育 歪んだ愛情 誤った選択..
幼少期から当たり前のように暴言 暴力を
振るわれていた彼女は この"家庭環境"さえ
ちがければ.. それに 小さい頃から沢山の愛情
最愛のぱぱが近くにいてく
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

彼は僕よりも少し背が高くて
知的で 雅みた色気のある大人の男性
僕の知らない事は彼に全て教えて貰った
自転車で走り抜けたイタリアの街並み
外で囲む食事に 読書とPIANOの演奏
KISSの仕方に人を愛
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.7


アイスと雨音
_
鑑賞後 雨宿りをしながら アイスを頬張る
雨の匂い 水溜りに反射する信号機
雨の跳ねる瞬間 真新しいビニール傘
この映画を観ていたら どこか 懐かしい気持ちに包まれた__
_
_
>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

2.9

咥え煙草 結んだ髪 手に持った酒
JACKETを羽織り遊び慣れた素ぶりと
どこか虚ろな目で夜風をきって歩く
中性的で妖艶な美貌 危険な香り
窮屈な世界 埋められない孤独 欠落感
本能の赴くままに走る行
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.0

恋は性の垣根を超える。
幸せならそれでいい。本物の恋なら。
明日死んでも構わない
_
エマの髪、瞳、CLUBの照明、
ドレス、アデルの浮かぶ海と
作中には美しい"青"が
随所に散りばめられていて
王道
>>続きを読む

>|