YUMAさんの映画レビュー・感想・評価

YUMA

YUMA

映画(60)
ドラマ(0)

CUBE(1997年製作の映画)

3.8

言ってることが全然理解できないけど、引き込まれてしまう。
もっといろんなトラップがみたかったな。

サプライズ(2011年製作の映画)

3.0

1人でよく倒せたな、強すぎ。笑
脳天ミキサーはエグかった。

スモール・ソルジャーズ(1998年製作の映画)

3.5

過激なトイストーリーって感じの作品。

ヒロイン役のキルスティン・ダンスト。
バトンで人形たちを滅多打ちにしたり芝刈り機で狂気的な笑みを浮かべながらバラバラにしたりめちゃくちゃクレイジーで好き。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.8

サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビは最高。
後半の馬に乗り出してるところから結構ぶっ飛んでて、激アツだった。
みてて飽きない。
殺され方も結構グロくてめちゃくちゃ好き。

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

3.8

過去作品をレントゲン描写で再現しているオープニングのシーンがめちゃくちゃ好き。
1番みたいグロシーンをしっかりみせてくれてるし、テンポよく進んでいく展開がみてて飽きない。

リーサル・ゲーム(2018年製作の映画)

1.5

こんなにも緊張感のないデスゲームは初めて。アクションシーンは、迫力なさすぎて逆に笑える。

スレンダーマン 奴を見たら、終わり(2018年製作の映画)

2.5

映像が暗すぎてみえないところが多々あり。しかし、スレンダーマンのビジュアルはめちゃくちゃにかっこいい。

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

4.0

ほんとに笑える映画だった。
サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビは最強すぎる。

リアルな宇宙人のビジュアルで、やたら陽気で口の悪いポールが最高にいい味出してる。

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

超鬱映画。
ラストの後味の悪さは、今まで観てきた映画の中で1番。
いろいろ考えさせられる映画だった。
生きる希望を持つことって大事だと改めて感じた。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.5

涙はでないが、ジーンとくる映画。
どこが素晴らしいのかは説明ができないが、いい作品であることには間違いない。

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.5

マヤ文明の生贄に選ばれた主人公が逃げてひたすら走り続け逃げまわる。
次々に展開される残酷なシーンは圧倒された。

サイレントヒル(2006年製作の映画)

4.0

世界観の再現度が素晴らしい。
クリーチャーの完成度といい最高。

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.8

テンポ良いスリラー映画で観やすかった。
日焼けサロンのシーン1番記憶に残る。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.8

グロあり怖さありで、自分的には最高の映画。
ジェーン・ドゥの正体が徐々に明かされて謎が解かれていく感じが観てておもしろかった。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.2

ゆっくりと着実忍びよる恐怖。
冒頭のカメラワークは、映画の世界観に一気に引き込まれた。

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.5

全裸でチェーンソーとか名刺バトルは笑った。
ラストはいろいろと考察できて楽しかった。

ハロウィン・レポート(2014年製作の映画)

1.5

外国のお化け屋敷の雰囲気は楽しめる。
好きな人は好きな映画。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.5

真っ白な雪と血のコントラストが綺麗だったのと、どこか美しさを感じるラストはよかった。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

コメディ路線だけど、ド派手なアクションもあって見応えある映画だった。

ファウンド(2012年製作の映画)

4.0

人種差別やいじめなど、ラスト30分あたりからのメッセージ性が強い。

ファウンドの中にでてくる〝Headless〟っていう映画好き。

NY 心霊捜査官(2014年製作の映画)

2.8

エクソシズム系ホラー。
ラストの悪魔祓いの迫力は尋常ではなかった。

メメント(2000年製作の映画)

4.2

時系列が逆向きに進行する〝カラーパート〟と時系列がそのまま進行する〝モノクロパート〟に分かれてて、それが順番に繋がってある時点になると交わるという奇想天外な構成だった。

超難解映画。もう1度観たい。

キャビン(2011年製作の映画)

3.2

終盤からの畳みかけるような展開が爽快感あって好き。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

すごすぎる。
この人数のキャラクターをこんなにうまく絡めるなんてなかなかできない。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

何回でも観れるし、何回観ても泣ける。
言葉にできないくらい、素晴らしい作品。

エスター(2009年製作の映画)

4.0

内容がおもしろい。
全て見終わった後、ゾクっとした。
エスター役のイザベル・ファーマンの雰囲気やシーンの撮り方に怖さや気持ち悪さを感じさせられた。
ジワジワとくるホラー映画として多くの人の記憶に残る作
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.5

思ってた以上にグロかった。
全員で一気に綱渡りするところとか、ツッコミどころも多々あり。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

急にくる怖さじゃなくて、じわじわくる怖さ。
ジャック・ニコルソンの演技力素晴らしい。

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.5

ロリコンvsマザコン
後半のフレディとジェイソンの戦闘シーンは結構面白かった。

ホステル(2005年製作の映画)

3.5

前半エロ、後半グロって感じ。
拷問グロシーンは、うっ てなるけど肝心なところを映してないので全然耐えれるグロだった。

なぜ目玉切ったのか?謎。

チャッピー(2015年製作の映画)

3.5

チャッピーかわいい。
Die Antwoordの曲流れただけでテンション上がる。

クラウン(2014年製作の映画)

3.0

ピエロの衣装を着たら、取り憑かれて殺人ピエロになっていく映画。

まぁ、拾った服を着るなってこと。

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.2

謎の狙撃手が、「バレたわ」ってなって速攻サプレッサーを外して威力と弾速を上げてくる感じ潔くて好き。
狙撃手の目的が何だったのか、未だに分からないが

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

いろんなキャラがでてきて、探しながらみるの楽しかった。
まさか、スポーンがでてるとは思わなかった。

>|