arさんの映画レビュー・感想・評価

ar

ar

偏屈な作品やサイコ人がでてくるお話が好き

映画(174)
ドラマ(0)

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.8

初コーエン作品。
「絶対なにかの意味がある」と勘ぐってしまう所々のセリフがちょこちょこあるので、それを考えながら鑑賞していくと楽しい。
後々気になるシーンの解説を読んで納得したんだが、読み取るのかなり
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.7

幸せな人は見ちゃだめな作品だね、、もうぐっちゃぐちゃ。まあでもでんでんのようなエロくてグロくて振り切ったサイコパスって最高に面白いしそそるわ~。狂気の沙汰だね!

「冷たい熱帯魚」の前のストーリーが
>>続きを読む

犯罪「幸運」(2012年製作の映画)

4.4

見終わったあとな~ンにも残らないし、ストーリーも至って普通。だけど2人の生活感(その時の空気、会話、食べ物、お話が)最&高すぎたのでそれだけで良かったと思える作品でした。

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.3

「イディオッツ」に登場したこの作品。それからきになって鑑賞。共に見ていた友達が「なにこれ?」と唸ってましたが私的にめーーっちゃくちゃ大好きなお話(お話?ストーリーは無いようである)
フランスのカルトア
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

戦争による(この作品は戦争終結後の話)利害や隣国同士のいがみ合いなどを背景に、「繊細~な人間の部分」を映像の美しさ、出演の枠、モノクロームや時折入るカラーによって演出されている。

今作品、モノクロー
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

見終わるまであのOPの演出はなんだろうと考えていたんだけど、主人公の心の汚さを意味しているのだろうか…
失ったものはもう二度と元に戻らないと彼なりの「復讐」を成し遂げるため、彼女の元にある小説が送られ
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

3.6

「地獄の沙汰は金次第」ほんとその通り。それ+女。序盤からぶっ通しすぎてアメリカやな~思いながら鑑賞。出てくる狂気じみたキャラに飽きること無く(息する間もなく)最後まで見ることが出来る

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.7

変態が殺人を重ねていく不愉快な作品なのに、映像美と音楽そして香りに対する究極のフェティシズムが観ている者の感覚を狂わせてくる作品。

フランスの汚い街が舞台になっており、気分を害するほど映像から匂いが
>>続きを読む

フェノミナ(1985年製作の映画)

3.6

ホラーなのか、時々挿入される謎の音楽(これがまた劇中とのミスマッチ具合が笑う)でコメディー要素なのかよく分からない。面白いけど(笑)
グロいシーン?がちょこちょこあるけれど、昔のチープなグロって感じで
>>続きを読む