Kanaさんの映画レビュー・感想・評価

Kana

Kana

映画(159)
ドラマ(1)

シェルタリング・スカイ(1990年製作の映画)

-

CODAを観たので

観光客と旅行者の違いのくだり、どこかで聞いたことあったけどこれが元なの?ラストシーンといい凄いな

アフリカってちょっと怖ささえ感じるくらいの手付かずの大自然がごろごろしている。
>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

-

ひ〜音楽含め凄すぎ
あっという間だけど観終わった後にやっぱ長かったな、となる充足感

ジョンローンがすっごく美しいのにハナコの菊田がちらつくのだけ残念でした
トニーレオン観るときにスギちゃんちらつくの
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

-

当時劇場で観て、VHSも買ってもらって(小物入れになったハクのおむすびレプリカ付き)昔何度も観た作品だけど(結構セリフ覚えてて笑った)今日が一番、観てよかったなあ〜〜〜と言う気持ちになった

ジブリは
>>続きを読む

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

-

趣味

さらっと着こなしているマルジェラ、何度も観た1979の東風の映像

未見の惑星ソラリス、観ます…

オーバー・ザ・リミット(2017年製作の映画)

-

リタの演技は2016年のオリンピック後のイオンカップで生で観る機会があった、あのシーズンのボールの演技大好き

新体操大好き!踊るの楽しい!っていう場面が一切なくただ淡々とリタの精神がすり減っていく様
>>続きを読む

NO SMOKING(2019年製作の映画)

-

dopamine button 押したカンジ って表現超良いな

わたしも歳を重ねてもずっとふわふわ飛んできそうな軽やかさを身に纏って洒脱でいたい、、

迷ったり落ちた時の心の拠り所としたいので配信か
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

-

人の思考/立場の差異による対立を越えて無意識の底にある深層心理に眠る感覚は全て同じ 敵とか味方じゃない
悪い人が一人も出てこない

戦争映画はどうしても死の描写がリアルに感じれて苦しいので敬遠してしま
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

-

4が観たくて観はじめる(先が長いなあ)

クラッシュシーンすごい!映画観てるなあってなる!

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

-

ニモのニモの発音がすごい好き

ストーリーの構造が黄金比率!て感じ

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

-

シンプルにハラハしっぱなしなんだけど、若きスピルバーグの才能がちょいちょい溢れてて急に冷静になる

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

-

大島依提亜さんのポスター相変わらず素敵…飾りたいくらい
物語になぞらえて、タイトルの文字敢えて滲ませてある(しかもデジタル加工ではなく手で!)と何かのインタビューで見た

孤独を飼い慣らせる人、克服す
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

-

実は通しで観たことなかった、、

ごめんなさい大好き!

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

-

出会って間もないのに2人の間を流れる信頼感だったり愛がばしばし伝わってきて最強!て感じだった のにそれをも簡単に打ち砕いてしまう悲しい現実

チョコレートドーナツ食べたい🍩
ってこれ観た誰しもが
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

-

マフィアものって登場人物や派閥が難しかったり、独特の掟や絆とか未知な世界すぎるど、元々映画に非日常や異世界を潜在的に求めてる私にとってはいつも魅力的な世界線、

盛者必衰

アルパチーノの駄々っ子ぶり
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

-

あ〜インドいきたい〜〜!

ちょっと今の自分には耳の痛い台詞もしばしば

めまい(1958年製作の映画)

-

相変わらずサントラが好きなのでまた観た

キムノヴァクはグレースケリーみたいな圧倒的に美!とは違うんだけど惹き込まれる魅力があるから、まさに めまい なんだろうな、、

最初のレストランの登場シーンな
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

-

久々にこのカンバーバッチが観たかったので

クリストファァァァのところの演技!

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

-

キアヌリーブスってこんなかっこよかったのか〜

退廃的かつヒッピー

ターミナル(2004年製作の映画)

-

シナトラが流れる空港素敵だな

スタンリートゥッチとマークストロングの区別がつくようになった祝

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

-

大学デビューみたいな髪色のカンバーバッチ目当て

wikiのキャストページとにらめっこしながら観て、解説読んで 「んなわかるわけ!」となって、もう一回観よ、となる…

難解だったけど錚々たる俳優陣の演
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

-

ピザに合いそうな映画ということで久しぶりに観た!

もれなく全員顔が良い

ストローク(2017年製作の映画)

-

fff 3作目🐈

食材リストにclementineがあるのが外国〜って感じだった

美味しい美女(2017年製作の映画)

-

ハッピーツリーフレンズ思い出した

人参嫌いだからあの世界はいやだ🥕

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

-

超示唆的で露骨な赤、こういうの大好き〜
16分でも十分に余韻が後を引く

燃える薔薇からのタンクトップに滲む血🥀

パターソン(2016年製作の映画)

-

大好きジャームッシュとアダムドライバー

バスの運転手、なんて単調・日々の繰り返しの代表みたいな仕事なのかもしれないけど、静かに目を向けて、汲み取って、自分なりに咀嚼すれば変わりない日々の生活こそ愛お
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

-

ひさびさにみた🥺

父娘構造じゃなかったのはリュックベッソン趣味だけじゃないよね

サイコ(1960年製作の映画)

-

これをリアルタイムで観られたら衝撃凄いんだろうな、それくらい今の当たり前が散りばめられている…

ただ何度観てもノーマンがマリオン姉を襲う瞬間ちょっと笑う

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

-

有名なフレーズのあとにくるBメロは作曲家が自分のために創ってる

バーナードハーマン最高だ〜
タクシードライバーのOPも流して欲しいと思ったのは私だけじゃないはず