noeさんの映画レビュー・感想・評価

noe

noe

映画(170)
ドラマ(0)

音楽(2019年製作の映画)

4.5

良!!!

初心者にいきなり、クリムゾン・キングの迷宮薦める森田くん、急に12弦でジミーペイジ化する森田くん...好き...

研二が話し始めた瞬間、坂本慎太郎が...いる...ってゾクゾクした...
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.8


おもっっしろかった
ギジョンがトイレで煙草吸うシーン好き

何回考え直しても"退屈なシーン"が無かった。
むしろ時間が進めば進むほど引き込まれて、スクリーンの中に入ってすべてを目の前で目撃してるみた
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.9


何も言えなくなる映画。

街ですれ違った子供の帰る先に、綺麗な家と温かいご飯と優しい親が揃ってるかどうかなんて知る由も無い。知らなくても自分の生活には何の影響も無い。そんな世界に生きてることが怖くな
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.7


すごくすごく素敵な映画だった。
久しぶりに胸がいっぱいになる邦画を観れて嬉しい。
春の午後みたいな空気感、白いレースに透かした光に包まれたような映像が印象的だった。

黒木華がこんなに綺麗な人だった
>>続きを読む

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

4.0


なんっにも難しいこと考えないでアハハって思えるやつ。良い!

DMCしかり、少年メリケンサックしかり、日々ロックしかり、こういう音楽絡みのコメディ映画はくすぐられてすぐ観てしまう!馬鹿だな〜でも最高
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.4

カネコアヤノが主題歌、というのに惹かれて武蔵野館にいきました。

朝日が射し込む銭湯で、澪がお湯に手を入れているシーンがすごく綺麗だったな。

おばあちゃんと屋形船で会話するシーンも好き。おばあちゃん
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5


一度しかない人生で、結果が出ないかもしれないことに挑戦するのは怖い
この台詞が流れる中でステージに向かうシーンが好き

目指さない理由を見つける方が遥かに簡単なこの社会で、それでも自分の気持ちに嘘を
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7


友達や恋人とポップコーンを食べながら映画館でこれを観れる人に、中途半端な共感だとか同情だとか恐怖心だとかを向けられること、アーサーは1番嫌がるだろうと思った。
感情移入すら許されないような、圧倒的な
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5



歪んだ愛的なテーマは好きな方なんだけど、今回はあんまり気持ちを掴まれなかった...

ドレスがとっても綺麗

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.3


うーん

いらなくない?って描写が結構あった
私の感受性が乏しいだけかな

すごく期待してたからかも

最初の障害者施設?のシーンはちょっと嫌だったな、物語に直接関係してくるなら別だけど、そうではな
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.7


クリントイーストウッドかっこよい
好きなおじいちゃん顔

おもしろかったけど、その前に見たレッドスパローが好きすぎたから気持ちがそっちに持ってかれてたかも

おばあちゃんの最期のシーンは涙

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.4



すごく好みの映画だった...

ジェニファーローレンス綺麗すぎるし超かっこいい...煙草吸う姿が美すぎ

集中して見ないとすぐに置いてかれて、ハイ?ってなりそうな話だけど、集中力マックスで見れたか
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.4


私が珠なら、家に帰れば菅田将暉がいる生活を送っている以上、尾行はおろか、大学にも行かずに、一生家にいます。というより、菅田将暉を無限に尾行します。

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.1


悲しい、ただただ悲しくなった。

結末の後は、ララがどんな道を辿ったのか私には想像がつかなかったけど、誰よりも幸せになって欲しい...。
女の子として、バレリーナとして、幸せになってくれたなら、それ
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

4.1


面白かった!
引き込まれた。

高良健吾かっこよすぎて、いやこんな美形なのに、人から忘れられるはずないだろどんな世界だよって思いで脳が支配されてた。
けど、話が重くてしんどいシーンが多かったから、逆
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.3


さすがに素敵すぎ。

幸福を1800円で手に入れました。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.2


アメコミアニメ映画か〜みんな好きなやつか〜〜〜って思いながら観に行って、申し訳ありませんでした。
凄いものを観ました、感動しました。
爽快!

凶悪(2013年製作の映画)

3.9


苦しい2時間だった......

もうずっと釘付けだった、ピエール瀧とリリーフランキーの演技、演技?あれは演技か?凄まじいな

記者として事件を追ううちに、使命感とか正義感とか憤りに突き動かされるよ
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.3


つらいつらいつらい...

可愛いだけじゃ幸せにはなれない

でもキリちゃんみたいに、可愛さを武器に生きる姿は、女の子ならみんな憧れるんじゃないかな〜私はそうだな、自分がもっと可愛ければって思うこと
>>続きを読む

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.7


おもしろ

トントン話が進む
ここまでやばい状態は知らないけど、わたしもずっと女子に囲まれて生きてきたから、分かるなあって部分は少なからずあってニヤニヤしちゃった〜

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5


黒人でも白人でも人間でもない、と言ったシャーリーのシーンに張り裂けそうになった、私たちには分かるはずのない圧倒的な孤独感
常に上品で威厳を忘れないように振る舞うシャーリーの見せる、寂しくて苦しくて、
>>続きを読む

サブマリン(2010年製作の映画)

3.7


映画全体の雰囲気が静かで、不思議な夢を見てるみたいな感じ
でもこじらせ青春映画だったから、ストーリーの曖昧なお洒落映画って印象はなくてクスッと笑うところもあって楽しい

風景がきれいだった、あんな薄
>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.7


ロン毛で煙草の松田龍平

ザ・邦画、良いゆるさでずっと見てたい!

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

ちゃんとしたラブストーリーなら、もっと説明が欲しいって思うだろうけど
自分でも何がなんだか分からない衝動に突き動かされる、だからこそ惹かれて仕方ない、脆くて一番まぶしい2人を見る映画だった

コウちゃ
>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

4.5

最高だった格好良すぎるどうしよう

ほんとにほんとにヴィヴィアン格好良い
あんな風になれるなら歳を取るのも素敵だと初めて思えた!
ロッキンホースバレリーナを履いて自転車を漕ぐおばあちゃんになりたいでし
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

妻を失った男の人のその後の暮らしを描いた映画と考えたらシンプル。
だけど、夫に裏切られながら死んだ妻の目線で観ると、一生消えない影を背負わせた、という静かな復讐を感じる。妻サイドの感情が分かる描写が少
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

4.1

良かった 素直に面白かった

でも、最後は柴咲コウと復縁しないで欲しかったなあ〜とかちょっと思っちゃう
初めて本気で好きになった女の子に拒絶された痛みを、傷のまま閉じ込めて成長するのを期待してしまった
>>続きを読む

真っ赤な星(2017年製作の映画)

3.3


ポスターとあらすじに惹かれて観に行った

途中までは良かった
だんだん、同じような出来事(男の人に暴力振るわれたり身体を差し出したり、家庭内に居場所がなかったり、泣いたり、陽が弥生を探したり)の繰り
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

すごく良かったな

この映画観てからDon't stop me now聴くと何故か泣けるようになった

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0


この映画のオープニングはたぶん永遠にときめく映像なんだろうな

ほんとに観ると元気になれるしファッションて良いなって心から思える

わあ...また観よ

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.4


ファンの多い映画な理由が分かる

映像美だけで評価が上乗せされちゃう映画ってあるけど、この映画は映像/世界観/ストーリー/テンポ/キャラクターどこをとっても文句ない!
メルヘン映像がウリの女子向け雰
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.4


いや、全員演技力やばすぎる

森山未來...宮崎あおい...凄かったな...

怒りとか悲しみとか愛とかetc、そういう強い力を持つ感情の、いちばん濃い部分だけを集めてぐっちゃぐちゃにした、エネルギ
>>続きを読む