彩さんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

彩

めちゃめちゃ忘れっぽいが故の備忘録的なやつ!

ネタバレ歓迎タイプ。
あらすじ知った上で「なるほど〜!」って思いながら観るのも楽しいですよ。

映画(176)
ドラマ(2)

シャザム!(2019年製作の映画)

3.9

★字幕版で鑑賞

テンポが良い映画

シリアスシーンからのヒーローへの動機付けが薄かったかな〜と思う部分もあったけど、全体的には纏まってた。
未公開シーン集とかで何か言及あったらいいなぁ

ギャグシー
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.8

さすがの製作チームと言うか、映像が不思議で綺麗。
おとぎ話の性質上仕方ないと思うけど、あまりにお話の展開が読めすぎちゃうのでその点だけ…。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.1

1よりかなり見応えが上がってた!
前作ではパディントンの世間知らずさとその行動にちょっとイラッとしちゃうことがあったけど、今作ではほぼなくなってた。

むしろ「人に好かれる理由わかるわぁ」と思える描写
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

4.0

思ってたより面白かった!
あともうちょっと、主人公の意思の強いところとか見られたら最高だったのにな

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.3

途中から流し見気味になってしまった。
流し見でもだいたい話は理解できたので、そのつもりで見るならおススメ。

全体に何となく先が読めるからか目を離してしまいがちになるのかな?
がっつり見る気分のときに
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

ストーリーの進展というか、テンポが早すぎて「んっ!?」ってなる部分もあったけど、
全体のお話はすごく良かった。

最近は邦画離れ気味だったけど「なんだ、邦画もいいのあるじゃん!」って思いました。

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

4.0

検索で出てくるあらすじとイメージが違う。
タイトルとあらすじで実はちょっと苦手なタイプの映画かもと思って見始めましたが、すごく好きなストーリーでした。

ざっくり表すと、
全く別世界に住む人たちが関わ
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.4

比較的落ち着いたテンポで尚且つコミカル。

ストーリーの展開も常に先が読めなくて、
「ここらあたりで終盤かな?」って所でまた話が転がったり。
でもすごく綺麗にまとまってます。

それぞれにダメなところ
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

4.1

こまけぇこたぁいいんだよ!!
ってすごく軽い気持ちで観るとめっちゃ面白い。
裁判とかハーバード受験とかそういう細かいとこ気にするとダメ。

ハチャメチャではなくて、気分明るくなるようなコメディがみたい
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.2

最後はウルっとする。
イタズラのとこは面白かったけど悪役のスタントが痛そうで辛かった

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.8

環奈ちゃんを観たって感じ
再現度はなかなかでした

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

怖かった
妹が爆笑してる横で私はヒェ……ってなってたり、観る人の視点によってだいぶ感想が違いそうでした

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

ちょっと感情変化についていけないとこはありつつ、
カッコイイし可愛いからオッケー👌

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ラストめっちゃアメリカンホラーな終わり方だった
怖いというか、アメリカンホラーだな〜って感じ