sariさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

sari

sari

映画(442)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

感じたことはたくさんあるけど
とにかくみて自分で感じて欲しい
言い表せないしそんな言葉で
知って欲しくない見てほしい

愛の渦(2013年製作の映画)

1.9

とことん人間くさい。
クスッと笑ってしまう部分はあるけど
中身はぺらぺらで残念、、

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.5

途中から話が読めてだれてくる
面白いけどありきたり
でも最後はゾッとする。。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

深海の世界とか海の中とか
わくわくどきどきがたくさんあった
また見たい!

海底47m(2017年製作の映画)

3.9

カメラワークが
さらなる緊張感を与えてくれる。
久々にどきどきする映画に出会えた

マスク2(2005年製作の映画)

2.3

1がサイコーだっただけに。
もったいない。。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

2.1

新しい!おもしろい!けど持ち上げられすぎてる感。期待しすぎていました。

ツナグ(2012年製作の映画)

3.3

感動作と思いきや、感動させようと
つくられてないので入りやすかった。
愛って偉大

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.6

ただただ、美しい。
大人になってドキドキすることが少なくなって、久しぶりにドキドキした。
胸が踊るってこういうことか。
鳥肌がたちました。

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.7

ゆきおくんの言葉選びのセンス!
思わず笑っちゃう、そんな映画

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.0

見終わって感じること思うこと人それぞれ分かれる映画
私の場合は何か大切なものを失ったような喪失感とそれから来る虚しさで叫びたくなった。人が生きること。人が死ぬこと。当たり前だけどそれの意味は人それぞれ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

ドキドキが止まらない映画。
ステキなメロディに美しい風景に二人の進んで行く関係にまわりの人々、、
「羨ましく思う」って言えるお父さんとそれを聞く息子。胸が締め付けられますね。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.7

ストーリー自体は普通だけど構成やらキャストやら台詞やらがセンスの塊
ほんとにおもしろい!

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2010年製作の映画)

3.7

すごく不思議な独特な世界観
だけど見てしまう
見終わった後の虚無感がすごかったです

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

4.2

初めはタイトルに不安しか感じてなかったですが、見終わると納得。
とってもおもしろい!
個人的にはすごく好きでした。

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

2.7

少女漫画の映画化の中では面白かった!
しょうもなくて笑えるシーンが多数で、元気が出る映画でした

嫌な女(2016年製作の映画)

2.6

豪華なキャストなのに!
なぜ!残念すぎる!
なあなあになっちゃう映画。。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.9

題名を見て期待してなかったけど
ぜんぶぜんぶ愛が溢れていて
最初の煙突の描写と最後の描写で全て納得できた感じ。

スイートリトルライズ(2010年製作の映画)

3.1

ただただ美しい作品。
江國さんの独特の雰囲気を壊すことなく映画で表現できていたのには驚いた。
キャストもよかった。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

4.0

同じ女性として憧れの生き方が映されていてワクワクドキドキが止まらなかった。
選択肢は無限で人生はいつも自由だ!

エンド・オブ・ハイスクール(2018年製作の映画)

3.1

ストーリー自体は普通だけど、海外ならではのポップさとか楽しさが溢れた作品でした。
ルーシーヘイル かわいすぎるね!

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

2.8

家族って?愛って?
ただただ、暗闇に引きずり込まれるような、そんな映画でした。
千夏の気持ちわかるなあ、、

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

3.1

何のために一緒にいるかなんてお互いが分かってればそれで良くって、周りから見てどうこうなんて関係なかったって当たり前のことだけど、思い出した。

横道世之介(2013年製作の映画)

3.6

ほのぼのした映画だけど、この手の映画では珍しく涙が止まらなかった。

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.7

映画というよりドラマ感覚で観れる
キャスティングが豪華で楽しい