Ayaneさんの映画レビュー・感想・評価

Ayane

Ayane

映画(333)
ドラマ(4)

二重生活(2016年製作の映画)

4.0

こうゆうの私好きだ

キャスティングがいいなあ、
関係ないけど同棲いいなあ

インターステラー(2014年製作の映画)

4.6

地球破壊は今見るとなおさらリアルや。

本気で何百年もさきを考えて人類のために動く人は、
大袈裟だとか家族のことを考えずに最低だとか言われるけど、必ずあとで功績を称えられる。

でもほとんど全ての人(
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

田所先生のところ泣いた
めちゃくちゃ泣けるあそこ
懐かしい

脚本担当者変わってから、人間ドラマにフォーカスしすぎてるって思ってたけど、映画ではライフステージを上っていく一つとして結婚式があって、
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

絵がとにかく綺麗。
同性愛を美しく描いていて自然とひきこまれる変な感覚

「噂の二人」と比べると、性描写も含めてかなり細かく描けるようになってる

50年で劇的に変わった!

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.5

「意思のあるところに、道は開ける」
アメリカン・ドリームええなあ
なんか泣ける
わたしも頑張ろうと思える

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

黒白なのに美しい
俳優もファッションも

ちょいちょいかます小ギャグが心地いい
最後もハッピーエンドでないのが良い。

ワンダーランド北朝鮮(2016年製作の映画)

-

とにかく国歌もどきの曲をよく歌って踊る

農家:国に奉仕すれば、国が豊かになって結果自分たちが救われる

敵国(資本主義国、帝国主義)と戦えるだけの経済力というか、軍事力というか、そうゆうものをつけよ
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.0

SNSが広がって、人間は思いやりを失った。
きたない。人間って

て感じる映画

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.8

失った時に後悔しないように今を大切に人とも付き合おうって思える

かったい氷りを一生懸命砕いて砕いて、なにを食べようとしてるのかと思っところで「氷り過ぎだよカルピス」で、これカルピスだったの、って、観
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.3

周りの人達の対応で、本人が向き会えるか、変わってく来るからリリーは向き合ってくれる奥さんがいて幸せだとは思う

舟を編む(2013年製作の映画)

3.2

重版出来もそうだけど、オダジョ、編集者めちゃくちゃ似合う。

時代の変化に、ふさわしい形・やり方に対応することが一流なのか、
時代が変わる中でも古き価値を守り通すのが一流なのか

どっちもか。

セルロイド・クローゼット(1995年製作の映画)

-

20世紀映画作品の、プロダクションコード、ヘイズコードと密接に繋がる同性愛表現の問題点・論点に重ねている

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

2.0

がっかりだなあ( ; ; )

せっかく映像で表現できる音も、楽曲のオリジナル性と迫力がもうすこしあったらよかったかも

有名な楽曲をただ弾き並べて、久石譲さんのオリジナル楽曲はエンディングだけでも
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.9

キャスティングが最強
俳優一人一人がかなり味出てる

普段、見て見ぬ振りされることを細かく紡ぎ出して表現するのがすごい…

血の繋がりじゃない家族の形の繋がりの強さがあるし、色々な形の家族が存在してい
>>続きを読む

>|