ぴんくちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ぴんくちゃん

ぴんくちゃん

映画(181)
ドラマ(6)

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.9

吉沢亮がひたすらカッコ良い(金髪<黒髪)
そして桜井日奈子ちゃんがひたすら可愛い。
目の保養がすごかった映画

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹ってどんだけ豪華なんだよ!っていうツッコミ+自分はひとりっ子だけど、仲睦まじい姉妹がいるっていいなと心がほっこりしました。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

斎藤工の演技が光ってた。不気味さがヒシヒシと伝わってきた。最後ら辺のシーンで岩ちゃんが一瞬斎藤工に見えてびっくりした。去年の冬、きみと別れ、"僕はバケモノになった"の台詞は思わず鳥肌が立った。

blank13(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

人間は色んな性格、表情を持っている
みたいなことを伝えたかったんだろうけど、それよりも"母の苦労"と"内面悪くて外面良い人間の身内にかける迷惑さ"が目に付いてしまって後味があまり良くなかった。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.2

ひたすらエモい。

‪共感はできないけど、
全部が全部他人事ではないような
心に刺さる作品。

そして、吉沢亮の顔が綺麗すぎたし、
二階堂ふみがカッコ良すぎて惚れた。

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

普通人ぶってる人ほど狂人。
最後は神の裁きによって
善悪がハッキリして
ちょっとスッキリした。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.1

期待以上だった☺️💓

触れることより
この人とずっと一緒に
ずっとそばにいたいという
その感覚を優先するって
すごく綺麗で素敵だなあ
と実感したし、
私の想いもまさにこれだ!と共感。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

途中で頭の中で人物関係の整理が追いつかなくなりそうだったけど、さすが!東野圭吾作品凝ってるなあ!という感想。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.8

高橋一生を好きな人は色んな表情の彼を見れるからおすすめ。度々キュンとなるシーンがあった。期待しすぎると良くないけど、普通に見たら面白いと思える気がする。私はちょっと期待しすぎたかな。

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

3.6

好きな感じにかすりそうだったけど、何か物足りなかった。途中で飽きそうになった。でも玉木宏は抜群にカッコ良かった。中村文則作品はもっと重くて深い話だと思うから、原作を読んでみたくなった。

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.6

え、ドラマの再演ですか、と思ってしまったけど、田中圭と岡田将生と中村倫也の顔面の美しさでそこはグッと堪えた。「戦わないから負けない。」の伊藤くんラスト台詞は少し心に残った。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

さすが!前川知大さん原作!
何も考えないと意味不明な作品になってしまうけど、深く考えると意味が見えてくる作品。"愛"の力はすごいとしみじみした。
そしてキャストが異常に豪華で素晴らしかった👏✨

>|