アキラナウェイさんの映画レビュー・感想・評価

アキラナウェイ

アキラナウェイ

スターウォーズ公開と同い年。2011年以降の記録です。生涯ベストムービーはバック・トゥ・ザ・フューチャー。#恥ずかしながら初めて観ます名作シリーズ やっています。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

鋼鉄ジーグの超合金(これがわかるのは70年代生まれまで?)は物心ついた時に我が家にあった。兄の物だった。

1975年に放映された永井豪原作の日本アニメが、まさか海の向こうイタリアで人々の心をここまで
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.2

子ども向けのファンタジー映画と取れる邦題とジャケット。御多分に洩れず、そう思い込んで全く関心が無かった映画。
しかしまぁ巨匠マーティン・スコセッシ監督にエイサくん、クロエちゃん、ベン・キングズレーと役
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.2

黄色いジャケットはハッピーの印。
ずっと観たかった映画。なのに何故こんなに長く観れなかったか。いつもの如く近所のGEOの愚痴です。

最初はタイトルがなかなか思い出せませんでした。なので、あいうえお順
>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

4.3

どうしても戦争映画は覚悟が要る。

ブラッド・ピット主演。それでもなかなか観る事が出来ず。年単位で寝かせてしまった映画。

戦争の是非は兎も角、映画としては素晴らしかった!

1945年第二次世界大戦
>>続きを読む

ザ・グレイ 凍える太陽(2012年製作の映画)

3.5

さーむいー夜だからー♪(trf)
コレ観る事にしました!

観始めてすぐに後悔…。これは寒過ぎた!

アラスカの石油採掘場の作業員を乗せた飛行機が雪山に墜落。石油会社から野獣を殺す為のスナイパーとして
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.2

ようやく観れた!
グザヴィエ・ドランを観続けて4作目。
彼の監督3作目にあたる。
これまでのどの作品より長い2時間48分。冗長に感じるのは否めないが、相変わらずエッジの効いた独創的な美術感覚が洪水の様
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

火星で発見された生命体 ー ライフ ー
やつは人間を ー 砕く ー
この痛みは地球に ー 届かない ー
この絶望は地球に ー 届かない ー
このライフは地球に ー 届けてはならない ー

>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.4

ピーター・バーグ監督+マーク・ウォルバーグ主演×実話
=感動!!

…とパトリオット・デイと同じ公式が成り立つかと思ったが、好みで言うとパトリオット・デイの方が良かったです。やっぱり人災とテロとでは感
>>続きを読む

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

3.7

たまたま時間が出来て観たので、元々環境問題に関心が深かった訳ではない。その分、無関係を装っていた様な気恥ずかしさもあって、脳天から冷や水ぶっ掛けられた様に目を醒ましてくれた映画。

アル・ゴア元米国副
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

確かに秒でアガる!!

英国紳士が端正な出で立ちで小気味良いアクションをご機嫌な音楽をバックに披露してくれる魅力はそのままに。

英国独立諜報機関キングスマンを壊滅の危機にまで追い込んだ謎の秘密組織ゴ
>>続きを読む

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.6

家の近くにあるGEOは何故か携帯の電波がすこぶる悪い。お陰でFilmarksが開けず毎度clipした映画が確認出来ないもんで苦労する。Wi-Fiぐらい使える様にしてくれってなもんだ。あれもこれも観たい>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.7

「ライオン 25年目のただいま」と同様、「8年越しの花嫁」なので、もう結果がわかった上で、どの様に感動を演出するか。ましてタイトルに堂々と「奇跡の実話」と名乗ってしまう明け透けさ。感動させてやる感が溢>>続きを読む

キミとボクの距離(2016年製作の映画)

4.7

うぉーーーーー!
こんな良い映画なのにNetflix限定とか!
劇場公開して!そして皆様観て!

邦題のダサさでまたもやスルーしてましたけど!?
キミとかボクとか、ティーンズ向けやと思うやん!?
何故
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

元旦の朝、発熱から来る悪寒でガタガタ震える中、脳内で声が聴こえる。

「勝手にふるえてろ」

そう、勝手に風邪ひいて、勝手に震えてるんだ、僕は。元日に。
という事で、病み上がりながら観て来ました。
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.0

明けまして…体調を崩しました…。
発熱、悪寒、吐き気、関節痛。おせちも食べれず、1日寝てました。熱は下がったけど、身体はバキバキだし、もう寝れない。

…ので映画鑑賞。
グザヴィエ・ドランを観るには感
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.3

マイ・マザーの後、ぶっ続けでグザヴィエ・ドラン作品を。
余談だけどグザヴィエってXから始まる綴りのファーストネームとかカッコイイなぁー。天は何物与えてるんだよ…。名前までカッコイイよ。

冒頭、様々な
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.1

グザヴィエ・ドランを観てみよう!と思い立ち、せっかくならデビュー作から、と鑑賞。

開始1分で引き込まれる。

自身が演じるユベールの独白、蝶の飾り物や置き物等のショットを経た後、母が咀嚼している口元
>>続きを読む

脳内ニューヨーク(2008年製作の映画)

3.3

フィリップ・シーモア・ホフマンが好きだ。
(何の告白だ…)

ツイスターで「It's coming!」と叫んだ竜巻オタク
ブギー・ナイツのキモデブオタク
マグノリアの心優しい介護士
M:i:IIIの恐
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.0

シャリ姐主演×ゴーン・ガールの原作者

一家惨殺事件で生き残った少女。
あの夜、彼女が見なかったものとは…。

うぉーーーー!!面白そーーーー!!
こんな映画あった??クロエちゃんまで出てる!!
よし
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.5

8年越しの花嫁と公開日が同じ。実話だし内容も被るな〜と思っていたら、病気まで同じだそうで。邦画と洋画のW公開で一気にこの病気に対する認知度が上がりそう。

抗NMDA受容体抗体脳炎:脳の炎症に対して身
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.8

【恥ずかしながら初めて観ます名作シリーズ】

第14弾!

シンドラーのリスト!!

ゴッドファーザーをコンプリートした達成感から、なかなかこのシリーズを更新出来ず…。そしてようやく重い腰を上げて、シ
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

2.7

みんなー!臨死体験した事ある人、手ぇあげてぇー!!

しーん。
僕もないです。

1990年のオリジナル版は未鑑賞。
予告編に惹かれたので観たけど…。

自らの不注意による自動車事故で妹を亡くし、心に
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.7

そうか…これが巷でよく聞くグザヴィエ・ドラン監督作品か…。知らずに借りちゃった。

予告とタイトルのセンスでずっと気になっていた作品。

たかが世界の終わり。
It's just only the e
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.2

えーと、そのー。
フォーティーがティーンムービー観てもいいんかな?
フォーティーのくせにっ!とか言われないかな。

評判が良さそうなので以前から気になっていた作品。

大人でもたまに心のバランスが崩れ
>>続きを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.9

ギルバート・グレイプにおいて弱冠19歳で度肝を抜かれる演技に魅せられて以降、同世代という事もありレオナルド・ディカプリオの出演作はほぼリアルタイムで追いかけてきたつもり。

Netflixで見つけた彼
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.3

【イントロダクション】
*ご安心下さい。ネタバレなし。

何よりも公開初日にIMAXでスターウォーズの新作が観れたこと。これはもう、至福のひと時でございました!!
終始手に汗握って堪能しました!!
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.5

マーク・ウォルバーグの映画だと思ったら違った。

もっと多くの人の群像劇であり、亡くなった4人の被害者(うち1名は射殺された警官)の物語であり、ボストン市民の映画だった。

2013年に起きたボストン
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.7

いつもなら食ってかかるダサい邦題も許せてしまう程、愛おしいジーサンズのお話。

長年勤めた会社が買収され、払われる筈の年金が凍結。家賃を払えず家を奪われる事に危機感を抱いたウィリー(モーガン・フリーマ
>>続きを読む

アドレナリン:ハイ・ボルテージ(2009年製作の映画)

3.4

ステイサム様、監督様、お戯れを〜〜〜!

という映画です。

「あ、こいつら遊んでやがる」
「あ、こいつら楽しんでやがる」
「あ、こいつらブッとんでやがる」

という映画です。

前作までのあらすじ〜
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.4

まっこと優雅な寝台列車の旅行から帰った気分!
もしくは…
美味しい料理を口に運び、その香りと風味をゆっくりと味わいうっとりと目を閉じる甘美なひと時に酔いしれる気分!

そんな気分です今の僕!

197
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

マンチェスターと言えば…

イギリスでしょう!

…と思っていた自分を恥じ入る。

ボストンから車で1時間半の距離にあるマンチェスター・バイ・ザ・シーなる海辺の町。つまりアメリカでした!

映画を観て
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

「不殺(殺さず)の誓い…逆刃刀だ…」(声:佐藤健)

るろうに剣心が脳裏によぎった。

本作のデズモンド・ドスも、国は違えど思いは同じ。

神の戒めである十戒。

その第六戒「殺してはならない」という
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.6

何となく選んだ「縞模様のパジャマの少年」。
そのタイトルとジャケットとエイサ・バターフィールドに惹き寄せられて。

そしたらもう、涙が追い付かない衝撃のラストシーン!!
ええええええええ…!!
何故、
>>続きを読む

デアデビル(2003年製作の映画)

2.2

何だか実生活(主にどうぶつの森)が忙しくて、もう12月で仕事もばたついてるし(どうぶつの森でクリスマス限定家具を作らなきゃいけないし)、映画を観るのが4日ぶり。

焦 燥 感 ! !

そんな時
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

3.3

友人から凄い熱量で勧められて借りたBlu-ray。
ミュージカル映画には免疫があるので大丈夫と思っていたけど、ミュージカル映画とは歌と芝居(いや、歌も芝居なんだけど)の割合が最も重要なのだと気付かされ
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.7

5歳の少年と母親との暮らし。

…ん?何かがおかしい。

狭く汚い部屋ではあるが、食べ物はあるし、少年も元気そう。でも留置所の様にバスタブとトイレが剥き出しのままの部屋。

驚愕のストーリーでした…。
>>続きを読む

>|