Atsushiさんの映画レビュー・感想・評価

Atsushi

Atsushi

点数ぶれぶれです。基本高い。なんでも楽しい。

学生最後の一年に、一生分の映画を見てしまおうと気軽に見始めたら、その奥深さに今更気付きました。一生分の映画なんて一生かけても見られない。

怒り(2016年製作の映画)

4.5

単純に3つのストーリーがどれもとても面白くて夢中になった。 俳優がみんな良かった。綾野剛松山ケンイチ森山未來っていう演技派3人が絶妙に似てて笑えた。
ポスターとかには全く出てない沖縄少年も素晴らしい。
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

開始5分で丁寧にセンスよく作られた映画であることがわかる。
怒りと絶望に囚われて、希望も絶えた状況で人はどのようにもがき、どのようにして歩いていくべきか。
明確な回答は描かれないけど、心の中で反芻して
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.8

ミニオンズの録音シーンが観れて、とても楽しかったです。

映画音楽の制作過程は初めて観たから興味深かった。
クライマックスの抜粋だけでもウルっときて、映画音楽の力を感じたけど、でもそれってジョン・ウィ
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

3.4

思わせぶりなわりにいろいろ直接的で、娯楽的に煽られても芸術的にかっこつけられても、しらけてしまいました。
ヨーロッパの人が見たらご時世柄いろいろ感じ入るところがあるのでしょうか。いや、それにしても。

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.8

誠実に・美しいものの制作過程がテーマのドキュメンタリーだから、どう切り取っても満足できた。
花を摘んだり、パートナーとの自宅での会話、一流モデル達と気さくに話す様子など、デザイナー本人の魅力や美意識も
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.4

ディズニーにしては進歩的な自然観。
綺麗な映像、嫌味のないストーリー。
ワクワクはせんかったかなー。
ハワイ舞台ってのが素晴らしい。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

たらふく食べて飲んだ後に観たら寝てしまいました。
豪華さは満喫した!笑

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

パターソン観て以来すっかりアダム・ドライバーのファンになった俺は、カイロ・レンもすっかり好きになってしまったのでした。途中まで。
紫髪やら賭博の星やら、個人的なツボ要素はいっぱいあったけど、収束の仕方
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

古き良き映画を感じられて、とても満足でした。
(俺の世代がノスタルジーをリアルに感じるのはたぶん80年代後半〜90年代なんやろな、幼稚園頃とかに親が見てた映画。とても魅力的に感じる)

ちょっと怖がら
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

コンタクトの(個人的)上位互換!北海道だし!
コンタクトで歯痒かった学術的アプローチとか、内的世界のテーマを、比較的それっぽく見せてくれる!ストイックな雰囲気も好き!

映画だからこそできる表現が作品
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.4

こ、これは微妙やった…(笑)
足手まといで繰り広げるアクション、良いキャラクターやったルーシーもなんか終始浮わついてウザい、唯一の救いのミニオンも別の映画を繰り広げて暇潰し程度に挿入される…。
とはい
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.4

想定外に、とても染みた。
トム・フォードが監督してるってだけで見てみたら、ゲイ映画でびっくりしつつ、俳優の素晴らしさと美意識の高さでひきこまれた。大切な人の不在という万人が共感できるテーマだから抵抗感
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

-

今でも遺跡探検系の映画は定期的に公開されてるけど、アナログの作りとポリティカルコレクトネスなんてくそくらえの外連味のおかげで、圧倒的に面白い。
そんなにCGって安いんかなぁ。今の技術でセットとかミニチ
>>続きを読む

ファニーゲーム U.S.A.(2007年製作の映画)

4.2

1人で家でみてたら宅配便のベルが鳴って、出るのまじで怖かった。
久しぶりに映画観ながら、怖くてドキドキした。
オープニング含め映像がずっと綺麗。緊張感ある長回し。疲れた!!

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.9

驚くような展開は全くないけれど、なんだか目を離せない。カーアクションや暴力シーンももちろん目を惹くけど、むしろその合間の静かで丁寧な美しい画面が夢中にさせる。象徴的な色。
俳優も皆さんかっこええ。無口
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

-

テレビでやってて鑑賞。見たことあるかと思ったら見たことなかった!2は間違いなく見てるんやけどなぁ、2だけ見たんか。
蜘蛛に噛まれた翌日は、冴えない男の妄想を体現してるようで素晴らしい。メガネかけなくて
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.4

1974年に1930年代を舞台にした私立探偵映画チャイナタウンの面白さは、2014年に1970年代を舞台にした私立探偵映画インヒアレント・ヴァイスに通じるものがあった。もちろん後者が前者を参考にしてな>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.2

出てくるドレスの美しさは文句のつけようもなく(セレブが着てたんは微妙なんもあったけど)、ただ俺が求めてる映画ではなかった。ドレスの精神的文化的背景と展覧会のコンセプトを語ることを通してファッションにつ>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.6

ちゃんと観るんは初めて。エンターテイメントとして最高に面白かった!!ほどよく頭を使いつつ、単純にアクション映画としても楽しい。構成が素晴らしくて否が応でも夢中になる、後を引く。音楽も映像も綺麗すぎる。>>続きを読む

ニーチェの馬(2011年製作の映画)

-

気が遠くなるほど退屈で陰鬱で、人間の尊厳を感じる。貧しく嵐に襲われ世界が終わり、生のジャガイモなんて食べられるわけもない。でもとりあえず食卓につく、惰性の強さ。それが生への執着なのか。
ほくほくのジャ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

-

好みでないやろなぁと思ってみたら、案の定でした。
好きやろなあ思ってる人がいたら、好きだと思います。

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

4.2

ヒッピーに生まれて、ドラッグとセックスに埋もれて死にたかった。と今でもよく言うているのですが、そんな私が見るべき映画でした。道中で出会う、豚になりたいヒッピーとヒッピーになりたい弁護士。ヒッピーコミュ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.8

人生というのは平凡な1日の積み重ねでできていて、車が爆発して火だるまになるような大きな事件はまず起こらない。些細な出来事で感情を乱されることもたまにはあるけど、しばらく1人になりたいくらいで、泣き喚い>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.6

トイストーリーを下品にした映画、ソーセージパーティ。
下ネタに終始するだけかと思いきや、むしろきちんと冒険してた。いや、冒険も普通にしょうもないんやけど笑。
食べ物だから許される子供の虐殺シーンとかも
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

なんでこんなに公開してる場所が少ないのか⁈
めちゃおもろかった!!カーアクションもっといっぱい観たかった!!
冒頭の長回しから楽しい。歌詞とのシンクロとかよくできてる。楽しすぎる分、意外とシリアス展開
>>続きを読む

ブンミおじさんの森(2010年製作の映画)

4.1

撮り方とかもっと劇的に美しくできそうなのに、なんか妙に俗な雰囲気なのも、タイならではなのか。ごく普通に、いろんな不可思議なことが起きて、意味わかったりわからなかったりしたまま終わっていく。
でもすんな
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

-

ゴジラの顔が可愛かった。これを機に順番に見て行こかな。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.2

まーったく期待してなかったけど、惰性でシリーズ見続けてたし、友達に誘われたし、なんとなく観に行ってみたら、予想外にとても楽しめた!!2作目以降の妙にシリアスかつ風呂敷広げすぎな感が好きでなかったけど、>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

ヒロイン見たことあるなぁ思ったら、シャスタ・フェイ・ヘップワース!!相変わらず泣き笑いがとても可愛い。てか主役の4人が全員とても好感度高い!全員好きになるし、魔獣も可愛いし、ハードル低く楽しめる。
>>続きを読む

ハードエイト(1996年製作の映画)

3.4

PTAの処女作。26で撮ったこの一作目から既に、後の作品で主題となる要素が複数含まれている(そして俳優も!)。じゃあ、後の作品と同じくらい面白いかといえば、ちょっと冗長な小品という印象だった。
監督の
>>続きを読む

ヘラクレス(1997年製作の映画)

4.6

あんまり有名ちゃうけど、めちゃくちゃ楽しいヘラクレス。曲もさすがのアラン・メンケン。好みわかれるやろうけど、吹替が良い!工藤静香がめちゃくちゃ良い。独特なキャラクターデザインも、コミカルな作風も、全部>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

4.7

今再びのアニメ。野獣が最初からやけに可愛い。20歳の設定らしく、通りで。
しかしほんま名曲揃いやなぁと思う。
昔から召使い達が大好きで、ハタキのお姉さんにときめいた記憶があったんやけど、今見たら我なが
>>続きを読む

>|