Ayakさんの映画レビュー・感想・評価

Ayak

Ayak

映画(328)
ドラマ(29)

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.3

好きな感じの青春ティーン映画だった。うおー!!って熱くなる感じでもないんだけど、じわっと胸があったかくなる感動があった。
最後はマイブラの轟音聴いて泣いた感覚と似てたな、、ホンソレ

劇場(2020年製作の映画)

2.0

悪いけど共感も感動もしなくて、ラスト酔っぱらいすぎて曖昧な感想しか書けん。主人公うざすぎて、普通に腹立った

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.3

色々と回収されてないところがある気がして、なんとなく物足りなさが残ってしまった〜。邦題は「秘密」と入ってるけど、うーん。。ひとりひとり良い人たちなんだけど期待してたより入り込めなかったかも。リリージェ>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

鳥肌がとまらん。音楽がとっても良くて、芸術作品で、プラス思想と戦争の狭間で衝撃を与えてくれた。
大衆のポップな(?)熱狂からはじまり、そこの挿入歌はビートルズで。イギリスで若者がビートルズに熱狂したよ
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

-

くっそ笑った。こてこてのアクション超大作。本当にバーフバリだった笑
歌と踊りのヒップホップさとラテンクラブみたいなノリに、インド映画の進化を感じた。
地元のミニシアターで、時間間違えて40分くらい遅れ
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.3

社会派映画で大好きなテーマではあるがそこまで感情を揺さぶられることはなかったな。「普通」って、たぶん1番異常だよね

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.7

救いようのない作品だった。終始イライラした。人間はどれだけ愚かでエゴイストなんだろう。戦争や開発、全てが恥ずべき行いだと思わされる節々があり、それとは対照的なナウシカが透明感のあるヒロインすぎて、、子>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.6

なんか食わず嫌いしてたアメリ、めっちゃ不思議な作品だった。2時間かかった、アメリとこの作品を好きになるまで。結論めちゃ好き。


それぞれの個性的な人物のフォーカスの観点が独特で面白くて、ストレート
>>続きを読む

The Lonely Villa(原題)(1909年製作の映画)

-

芸術学 パテ社の元のほう観てから観ると、グリフィスのこの作品はすごいww見やすい。
見入ってしまった

大列車強盗(1903年製作の映画)

-

芸術学 第6回 演劇の記録からの脱却
編集の連続性、「シーン」から「ショット」への転換

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.9

EL CUERPOか...めちゃめちゃ騙された!!!
途中自力で謎解きしようとするけど噛み合わない部分が多くて、最後畳み掛けるように伏線回収され気持ちよかった、、それまでにやたら音やカットでびびらせや
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.5

スポ根モノとしてもロマンスものとしても上質な、惚れ惚れするフランス映画だった.❤︎
なんっといってもローズがオードリーヘプバーンみたいに可愛い。カット、衣装、セットもお洒落で、音楽もとっても良かった.
>>続きを読む

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(2003年製作の映画)

2.5

エルがまた観たくて鑑賞。現実離れしすぎ&シャーペイみたいなピンクブロンドが100人くらい出てきてお腹一杯。前作と変わらないけど、変わらないからこそつまらなかった笑 

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.6

底抜けにキラキラで明るくて、リアリティないけど満足度高い
自分を信じていれば、人から貼られたレッテルや偏見なんか気にならない、ってことだね〜10代に観たかった映画!

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

直視できないけど直視せざるを得ない痛烈な社会風刺とブラックユーモアなのか、死ぬほど怖くて終始「早く逃げて泣」それだけ。全体を通して感じるなにか「違和感」、そして主人公の感覚や違和感が手にとるように伝わ>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.3

現実の世界を生きない」とか、自分は一グルーピーじゃなくてバンドエイドだ」とか、家を飛び出してCAになったり、共感するし葛藤あるしそれなりに響いた。自分は特別だ、ってきっと誰もが思う思ったことある
あな
>>続きを読む

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.3

4回くらい泣いたし、和んだ。所々響く言葉があって、きっとそれぞれ誰かすら似てる登場人物や共感できたりする人がいるんだろうなぁ。おばあちゃんが厳しくも暖かく、とてもすてきな人で、温かな連鎖が電車を通して>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.5

こんなに面白い映画見たことない。面白くて興奮しすぎて涙でた。そう、未来は白紙だよな!自分で作っていくものだ!!この冒険が終わるのが寂しくてホロリ😢
見終わった後24時間くらいずっとたのしさの余韻に浸れ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いろんな生き方や価値観を考えさせられた。軽く人生哲学?何に重きを置くかはそれぞれ違うし、それがひとつ屋根の下で交差しながら、別々になって、現在と過去を行き来する魅せ方に引き込まれた。

まず、ローラダ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

4.0

多分ほぼ初見。うろ覚えだったダンブルドア軍団なんだけど、みんな優秀すぎない?あの呪文ハリーめちゃ苦労して習得してた気が..。主役3人だけじゃないホグワーツの仲間、が意識されてる感じあって、(原作読んで>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

3.7

シンデファッキンレラ‼︎はあ〜売春婦が塔に囚われて王子様待ってるなんて、なんて!って感じだけど、リチャードギアとジュリアロバーツがナイスカップルすぎて嫌味もなく、全てどうでもよくなるほど素敵だし愛らし>>続きを読む

ジャングル・ブック(1967年製作の映画)

3.9

ウォルトディズニーの遺産、音楽が本当に最高。初めてみたとき、ラストなぜか恐怖心を感じたな...。ジャングルの住人が個性あって60年代アニメならではの素朴さと愛らしさが好き

ヘラクレス(1997年製作の映画)

3.5

当時大好きなディズニー映画だった。名曲だらけ。オープニングからエンディングまでゴスペル風なディズニー音楽が準主役。ヒロインが可愛くて個性的だし、ヴィラインズも文句なしに好きだわ。ミューズの存在感とギリ>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.9

プロムのシーンとかあって人間関係の変化とか、闇の帝王復活とか死人でたりとかちょっとソワソワした感じが多くて小説すごい読みたくなった。
ストーリーめっちゃ面白いんだけどハリーに魅力をあんま感じない..
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.2

飛ぶように見終わったパート2。なんて面白いの、前半ワクワク、途中イライラ、最後ええ〜ってなった。2015年(未来)のナイキシューズとかジョーズ19、空飛ぶスケーターに指紋認証、変なタブレット?とかワク>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

君の名はみたときの感動はなかったな〜。
廃ビルのシーンまじくそ泣いたのに、少年が空にいった瞬間に音楽の挿入とか色々無理で一気に興醒めした、、、。
ラスト、世界はもともと狂ってて、自分たちの世界をとるっ
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃ面白いなにこれ。
今見るとちょっと成長したハリー達や、監督が変わってちょっとダークになった雰囲気やサスペンスちっくなくっそ面白いストーリー展開も最高に楽しめた。冒頭から引き込まれた、、、。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.0

昔見た時はドビーウゼェェェ!うさんくさい作家先生もウゼェ、ハリーの骨がなくなるシーンとかロンがナメクジ吐き出すシーンとか本当に色々無理だったんだけど、今見たら全部可愛く思えたから成長したんだな自分。秘>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

賢者の石何万回も見てるけど、いつ見てもワクワクしっぱなし!世界観圧倒的!世界観が好きすぎて何回もみたなぁ。授業のシーンがどれも面白くてクセになる「あなたのはレヴィオサー」ww
賢者の石ほど綺麗に実写化
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.4

圧倒的大自然で、画面から自然の匂いまで感じられるほどPCTを疑似体験できた。こんなに入り込めたのもサンティアゴ巡礼を歩いた記憶がまだ多少あるからだと思うけど、自然や環境の過酷さはよく伝わってきた。重っ>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.9

和む、っっ、、癒された〜〜。ボブ本物のボブが演じてるって後から知ってびっくり。ハイタッチするの可愛いすぎんか?ねことこんな風にバディになってみたい。ほぼボブしか目で追ってなかった映画だけど、リアリティ>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.9

わかりやすい!!哲学とか宗教かと思ったんだけど全然違くて、なにも考えずに笑えて楽しい映画だった笑 
それっきりのキャラがいなくて、ほんわかさせられる☺️度々ツボに入った

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.2

おもっしろ!!ぜんぶPCで進んでいくっていう、斬新で新しい映画体験だった。おばあちゃんとかお母さんこれ観ても理解できなそうだな(笑)
カーソルや文字打つ間や音で感情が伝わってくる..ネット世代だからこ
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.5

素晴らしすぎる、、、ジャックドュミの港町第三弾。全部歌で、演劇観てる感覚&すべてのカットが絵画みたいで美しすぎる。最初のカットからお洒落すぎて引いた。笑
とにかく美しくて夢見心地みたいな映画なのに、し
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

アルゼンチンで17件の強盗、11件の殺害を起こした凶悪犯のカルロスプッチが、超絶美少年でアルゼンチン中が驚いた実話が元。ロンブローゾ説を打ち破った事件だったらしい。このモデルになったカルロスプッチがや>>続きを読む

>|