ゲラルトさんの映画レビュー・感想・評価

ゲラルト

ゲラルト

映画(609)
ドラマ(1)

傷だらけのふたり/恋に落ちた男(2014年製作の映画)

3.0

映画の終わるタイミングが遅く感じでしまった。

終わりそうな展開に何回かなるんだけど、ずるずる伸ばしてるのが自分には合わなかった…

ゴモラ(2008年製作の映画)

4.0

イタリア版「シティ・オブ・ゴッド」の様な映画だった。
イタリア南部のマフィアの内部抗争を描いた映画なんだけど、登場人物が多過ぎで顔も似ていて分かりにくい。

エンタメ性もシティ・オブ・ゴッドに比べると
>>続きを読む

テリファイド(2017年製作の映画)

3.0

アルゼンチンのホラー映画初めて観たけど、中々怖かった。

昔のJホラーにも少し似ている。

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

3.0

ストーリー設定は面白かったけど、結末が結構あっさりとしていた。

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.0

結構淡々とし殺人鬼の映画だった。 
リアリティはあるかもしれないけど、映画としてはあまり面白くはない。

昔のザンクトパウリって風俗街だったのか笑

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

こんなに照明弾が上手く使われる映画観た事ない笑

全編通して光の使い方が上手い。
ただ予告で良いシーンがかなり使われていたのは勿体無いと思った。

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

3.8

韓国社会の闇を詰め込んだ映画。

最近司法が色々と酷い日本も笑えない…

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.2

映像が凄く綺麗。
音楽の使い方も自然で心地良い。

物語は暗くて重い展開だけど、映像が幻想的で寓話的なので、ファンタジー映画に近い感じで観れる。

ただ前情報入れずに観たので、エンドロールの献辞には衝
>>続きを読む

共謀者(2012年製作の映画)

3.3

終盤のドンデン返しには驚いたけど、ちょっとずるい気もした笑

映画の中で描かれていた事が、全て絵空事では無くて、実際に韓国で似た事件があった事に衝撃を受けた。

グリンゴ 最強の悪運男(2018年製作の映画)

3.5

ストーリー展開もテンポ良く進んで面白かったけど、登場人物が多過ぎたかな。

アマンダ・セイフライドとパートナーの2組はいなくても良かったかな。

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.0

アクションが凄過ぎる。

「ザ・レイド」シリーズと同じく演技なんて二の次三の次でひたすらアクションで引っ張っる。

「キラーズ」の監督だから血みどろ具合がかなり強い。

Netflixで観たけどR指定
>>続きを読む

ポネット(1996年製作の映画)

3.3

子役の演技が凄く自然で良かった。
昔の是枝監督作品に似ている。

密告・者(2010年製作の映画)

3.3

最後の方は楽しめたけど、それまでが長い色々詰め込み過ぎだった…

少女は悪魔を待ちわびて(2016年製作の映画)

3.3

冷静に観るとあり得ない展開なんだけど、シム・ウンギョンが可愛いので観ていられる笑

ハウスメイド(2010年製作の映画)

3.6

平均スコアが意外と低いんだね。
結構胸糞悪い終わり方だからね…

映画的にはカメラワークも良くてストーリーも面白かった。

個人的には面白い韓国映画だった。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.5

レースシーンは圧巻で面白かったけど、少し長く感じてしまった。

実話だからなぁ…
物事は全て上手くはいかないね。

ラストシーンのマット・デイモン良かったなぁ。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.0

10歳の少年から見た戦争をコメディタッチで描いて空想の友達がヒトラー!
設定は面白いなと思った。

サム・ロックウェルは最高だし、
靴紐を結ぶ所は名シーンだと思う。

コメディ映画だからヒトラーやナチ
>>続きを読む

ブラインド(2011年製作の映画)

3.3

リメイクの「見えない目撃者」よりストーリーはシンプル。
日本版より犯人が気持ち悪い笑

個人的にはこちらの方が面白かった。

パンデミック・フライト(2015年製作の映画)

1.8

冒頭は低予算の「28日後」みたいな感じで、そんなに悪くくないんだけど…

ストーリーが壊滅的に酷い…
パンデミック映画で感染した人は顔とか体に巨大な腫瘍ができるんだけど、その後どうなるのか説明も何も無
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.8

映画館で観た以来久々に観たけど、今観ると凄いリアル…

映画の中で起きている事が現実でも起きていて非常にリアリティがある。

しかも映画の中でも中国からだし…

WHOの職員にマリオン・コティヤール…
>>続きを読む

決断の3時10分(1957年製作の映画)

3.5

リメイク版の方が好きかな。
ラストもリメイク版の方が良かった。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

想像以上に胸糞な展開だった。

FBIもそんな初歩的な操作しないん⁇
っていう…

後出しだけど記者もFBIも間抜け過ぎるよ…

記者役のオリヴィアワイルドのマスゴミっ
ぷりが良かった。

スニッカー
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.0

「百万円と苦虫女」と同じコンビだったので期待し過ぎた…
「ロマンス」を観た時と同じく台詞と主人公の行動にリアリティがあまり感じられなかった…

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.0

主人公ショットガンの天才過ぎる笑

ツッコミ所だらけなのはアルバトロス制作だからしょうがないね…

この手の映画だと「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」や「サベージ・キラー」の方が面白かったなぁ。
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.5

今時手紙でのやり取りも悪くはないなと思えた。
ただやり取りするにいたる展開が少し強引で展開も大味だけど最後は泣かせる方に持って行くのは上手いなと思った。

ただカメラワークが正直微妙…
もう組めないけ
>>続きを読む

インサイド・ミー(2013年製作の映画)

2.5

もっと振り切った展開になれば面白いと思った….
エミリーブラウニングは変な映画に出過ぎだと思う笑

牛泥棒(1943年製作の映画)

4.1

イーストウッドが監督になる前に観て影響を受けた映画らしい。

ミスティックリバーにかなり似ていた。

白黒映画だけどイーストウッドがリアルタイムで観ていた映画を手軽に観れる便利な時代。

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.0

オリジナルの方が面白かったかな。
冒頭の仮面を被った集団は結局何だったんだろう…

ペット・セメタリー2(1992年製作の映画)

2.5

ホラーというよりコメディだった…
エドワードファーロングのアイドル映画だったなぁ。
全体的に演出が酷いんだけど、動物の演技は良かった笑

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

3.0

助言をくれてサポートしてくれる幽霊が律儀だった笑
リメイク版はどうなんだろう…

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

2.5

テーマがぶれて回収せずに終わってしまった….
キャストが無駄に豪華だった。
調べたらオリジナルはさらに豪華だった笑

ホワイトアウト(2009年製作の映画)

3.0

昔観たのに忘れてもう一度観てしまった…
話は大味過ぎて、あまり残らないんだけど吹雪の中での格闘シーンは覚えていた笑

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

ストーリー展開が良くできていて面白かった。
エンターテイメントでありながらも韓国の社会情勢を否定的過ぎず肯定的過ぎずに描いていてバランスが良いと思った。

コンジアム(2018年製作の映画)

3.3

怖いけどアクロバティックな幽霊には笑った。
YouTuberを主人公にしたのはリアリティあって良いと思ったけど、撮影設備が重装備過ぎる笑
素人には見えない…
もうちょっとしょぼい方がリアリティあって良
>>続きを読む

>|