あなさんの映画レビュー・感想・評価

あな

あな

社会人になって映画は週に1、2本しか観れません😥。
ベストムービーは昨年(2017年)に鑑賞した作品の中から選んでます。

映画(606)
ドラマ(0)

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

久々に怖い映画を観たなぁ。
何が怖いかって、神経を逆撫でしてくる不吉な音楽と、不意にビビらせくるカメラワーク・ショット、そして妹さんの顔。ストーリーもだけど、そういった演出一つ一つが線
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.0

ポン・ジュノ監督のハリウッド進出作品。
舞台は、凍りついた地球で、唯一の人類がいる列車での暴動を描いた作品。設定としては、どこかで観たことのあるような作品をもじったような、よくあるSF
>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

3.0

なんか、予告とか観たら面白そうに思えたけど、実際観てみたら、そうでもなかった。
今作の原作は読んだことはないが、この映画は、あらすじから雰囲気まで、全てギャグ感満載なのに、そこまで笑え
>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

3.5

塚本晋也監督初の、時代劇。
やはり塚本晋也監督の作品は、塚本晋也の作品だった。他の時代劇とは違う、生々しい表現がいっぱいあって、とても人間味の濃い作品になっていた。アクションシーンも手
>>続きを読む

トゥモローランド(2015年製作の映画)

3.0

最初から最後までちんぷんかんぷん。前置きかと思ってたシーンがとても長くて、それはそれで面白くなくて、2時間ずっと退屈だった。
話としては、要するに世界を救う話なんだけど、とても壮大すぎ
>>続きを読む

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

3.0

韓国のサイコ・サスペンス映画。
監督が「四人の食卓」の人だということで、相変わらずの感じで、不穏でザワザワする空気の映画になっていた。変なところで場面が変わるし、暗い音楽や微妙にくらい
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.0

韓国発のパニック映画。主人公が車でトンネルを走行中、トンネルが崩れて生き埋めにされてしまう。
車内にあるのは懐中電灯・ケーキ・水の入ったペットボトル、他数点。車内にあるものだけで、生き
>>続きを読む

シャーク・テイル(2004年製作の映画)

3.0

海が舞台のアニメーション作品。「ファインディング・ニモ」同様、魚たちが繰り広げるストーリー。
だけどニモやドリーと比べたら、画やストーリー等、全てにおいて劣っている。だからなのか、とて
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.5

クソ・サイテー・サイコーなドタバタバディアクション!更に潜入捜査ものってヤバすぎる!!!
監督は「くもりときどきミートボール」のフィル・ロードとクリストファー・ミラーのコンビ。前作も中
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.0

ん~。バトル・ロワイアル的な設定は好きなんだけど、どうにも微妙な感じだった。前2作を知ってたから、あまり期待してなかったけど、案の定といった感じ。上手に料理されてない。
今作の設定とし
>>続きを読む

犬飼さんちの犬(2011年製作の映画)

3.0

犬嫌いの人が犬を飼う話。ザ・動物映画。
小日向文世演じる主人公の、ニコニコ笑ってるおじさん感はよかったし、佐藤二朗さん演じるペットショップ店員も、味が出てて面白かった。ただ、今作の雰囲
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.0

独創的で、まるで絵本の中をまんま表したような作品だった。ウェス・アンダーソン監督特有のユーモア溢れたセリフ回しやカメラワーク、そして繊細なアニメーションは、ストーリーとは別に、観ているだけで楽>>続きを読む

満員電車(1957年製作の映画)

3.0

この時代の作品は、喋り方の問題で少々聞き取りずらいことも多いが、今作はみなハッキリ・強く喋っていたので、とても聞き取りやすかった。
この作品では、昭和中盤ぐらいの社会を描いていて、主人
>>続きを読む

タイガーランド(2000年製作の映画)

3.0

戦争に行く前の青年たちの話。
いや~、この作品を含め、アメリカの兵隊訓練ものはいいですねぇ。特に今作は、殺伐とした雰囲気の中で、唯一信念を貫き通す主人公が、最初は仲間たちから変わり者と
>>続きを読む

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.0

探偵ものが好きな人は好きかも、。
自分としては、「名探偵コナン」シリーズ自体、好きでもなければ嫌いでもないということで感じ。今でもテレビでやっているみたいで、たまにテレビを付けてや
>>続きを読む

おとなのワケあり恋愛講座(2014年製作の映画)

3.0

プレイボーイが自堕落な女関係から、本当の“愛”を見つけるラブコメディ。
ストーリー的には山あり谷ありな展開だけど、ユーモアたっぷりに描かれているので、楽しく軽い気持ちで観ることができた
>>続きを読む

009 RE:CYBORG(2012年製作の映画)

3.0

石ノ森章太郎作「サイボーグ009」を現代版に解釈した作品。
僕は「サイボーグ009」は全く知らないから、オリジナルとの相違点はよくわからないが、それなりに楽しめた。宗教色や陰謀的要素が
>>続きを読む

Virginia/ヴァージニア(2011年製作の映画)

2.4

展開がトロくて退屈した。
コッポラ監督作品であるから、それなりに期待したが、イマイチだ。ゴシックな雰囲気は嫌いではないが、構成的に遅くて、次の展開まで結構時間がかかる。1シーン1シーン
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

3.0

架空の日本を舞台にした犯罪映画。ノワールとは似て非なる独特の雰囲気を醸し出している。さすがは岩井俊二監督だ。気持ち悪いけど綺麗な表裏一体の世界観で、何とも言えない気持ちになる。
作風と
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.0

「猿の惑星」はもうこれで満足かな、、。
今作は旧・新シリーズを含めて7作目になる。どの作品も、それぞれテイストが異なっていて見応えはあったけれど、猿VS人間という展開はほとんど変わらな
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

4.0

「デスウィッシュ」のブルース・ウィルス×イーライ・ロス監督のコンビもさることながら、今作のアーノルド・シュワルツェネッガー×キム・ジウン監督のコンビも素晴らしい!
王道アクションである
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.0

ブルース・ウィルス主演のサスペンス・アクション。復讐もの。
ブルース・ウィルスがアクション映画主演というだけで燃えるのに、復讐ものとか更に萌える。
監督はホラーの帝王イーライ・
>>続きを読む

マッドマックス/サンダードーム(1985年製作の映画)

3.0

前2作品と比べたら、ストーリーもごちゃごちゃだし、分かりにくいしで雑な作りなんだけど、もしかしたら3作品の中で一番好きかもしれない。
豚にデスマッチに、イカれた思想を持った民族、そして
>>続きを読む

エルム街の悪夢/ザ・リアルナイトメア(1994年製作の映画)

3.0

「エルム街の悪夢」シリーズはリブート作品を除いたら、今作でコンプリートしたことになる。同じネタで7作品とは凄いことだと思う。そしてそれを、諦めずに鑑賞しきった自分も凄いと思う。
今作は
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

3.0

園子温監督がやりたいことをやりたいだけやったような話。
割れる胴体に弾ける頭、そして裂ける人体。トンデモ描写のオンパレードで笑える場面も多かった。ただ、物語が如何せん雑すぎて、もう少し
>>続きを読む

TOKYO FIST 東京フィスト(1995年製作の映画)

3.0

ボクシング映画かと思って観たら、ボクシングっちゃボクシングなんだけど、ボクシングではなかった。作風としては「鉄男」とさほどかわらない。アレのボクシングバージョンと言えばわかりやすいかな?
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.0

あ、あのイーライ・ロス監督が王道ファンタジーだと!?何かの間違いじゃないか?と最初思った。だってあんなにグログロでエグエグの作品ばかり撮っているのだから、そう思っても仕方がない。で、彼が撮った>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.0

久々にロマンス映画っぽいロマンス映画を観た気がする。こういう映画って、昔も今も日本と風俗が違いすぎるから観ることに少し抵抗があるんだよなぁ。
でもやはり観てみると面白いものは面白い。今
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.0

今作の主体でもある若松孝二監督の作品は、「キャタピラー」しか観たことがないが、性と生を生々しく描いていたことに印象深い作品だった。
今作は、そんな若松孝二監督を中心に結成された「若松プ
>>続きを読む

ワンダーランド北朝鮮(2016年製作の映画)

3.0

北朝鮮の国民の生活に焦点を当てたドキュメンタリー映画。監督は韓国籍であるにも関わらず、今作の撮影のためにロシア籍までとって北朝鮮に入国し、撮影したという過程で凄いと思う。
個人的に、北
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.0

意味不明なのに面白い!そんな感じの作品だった。
暗号やら何やらでちんぷんかんぷんな真相に向かっていく主人公。助けを求めるリスからの仮面を着けたモンスター女や謎のゴーストライター等面白キ
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

3.0

スタンリー・キューブリックの初期らへんの作品、というわけでもないか、、。とりあえず昔の映画。
ロリコン好きのおじさんと彼に好かれた少女の話。内容的にはただただ気持ち悪いだけだが、わりか
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

トム・クルーズすげーー!!!あのシーンもそのシーンも全部スタント無しでやったわけ!?まさに神業、まさにプロ魂、まさにトム!物凄い面白いアクション映画だった。
そんなわけで「ミッション:
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

評判が悪いからそんなに期待していなかったけれど、これはこれで悪くないと思う。そもそもオリジナルの「プレデター」以降、ことごとく外れしか放出していない「プレデター」シリーズに良質な作品を期待する>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

3.0

3作品からなる短編作品。スタジオポノックの劇場版作品では「メアリと魔女の花」以降の2作品目。前作同様とは言わないが、そこまで面白くなかった。
3作品の中で面白かった順に並べたら、「透明
>>続きを読む

Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年製作の映画)

3.5

園子温監督の初期の作品。近所のレンタルビデオ屋さんに行っても見つからず、里帰りの際にたまたま寄った店にて発見、すぐさまレンタルしました。
園ファンとしてはたまらない作品。めちゃくちゃグ
>>続きを読む

>|