あさみさんの映画レビュー・感想・評価

あさみ

あさみ

映画(501)
ドラマ(162)

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

結果は変えられないけどタイムスリップできます
って言われたらどこ行きたいですか?

普段戻りたい戻りたい言ってるけど、いざピンポイントで って言われるとなかなか思いつかない。それだけ人生楽しめてる証拠
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.4

これからたくさん出るであろうこの映画のネタバレ・考察を読み込んで、あと3回ぐらいこっそりと劇場に通いつめ、来年あたりに友達と一緒にうちのテレビでこの映画を観ながら「意味わかんな〜い!」とわめく友達を「>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

2.3

この前はジブリ好きだとか言ったけど
やっぱりジブリ苦手かもしれない
というかトトロがハマったことが珍しかったな
本当、みんなジブリいいって言うのに、自分は何がダメなんだろうなぁ。悩みです。

いつも主
>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.4

これは今ちゃんとみたやつ
エンドロールにいつものアレがなくて「えーつまんないつまんないつまんない!!」って足ジタバタさせてたらちゃんとオチつけてくれて良かった
ステュはいつまで経ってもああなっちゃうの
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年製作の映画)

-

しんちゃん大好きなくせにドラえもんにはみじんも興味がない。

なんかドラえもんとのび太が洞窟の中で凍死しそうになってたの、これだっけ?

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年製作の映画)

-

このおばあさんキモすぎてトラウマ
世界一苦手な顔
生理的に受け付けない顔

ルパン三世VS名探偵コナン(2009年製作の映画)

3.7

これクリップしてなかったのはシンプルにバカ!
おもしろいのに!!!
ルパンがコナン=新一を余裕で見抜いてるの超かっこいいし
最後コナンくん、不二子ちゃんになにされちゃうの〜!?💕な感じで終わるのがまぁ
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

-

明日観るTENETをどうしても500マーク目にしたいので過去作を499までマークしていきます

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

4.3

おもしろい
今日から配信されてるnetflixオリジナル映画なんだけど、皆さんのレビューも高評価が多くてなるほど納得しているところです。

「神の御言葉」への信仰心が深すぎるあまりにどんどん壊れてく人
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

-

もうエンドロール以外は興味ないと言っても過言ではなくなってきた
エンドロール以外はスマホ見ながら適当に見てしまった(流れが前回と全く同じ)
あいつが前回のラスベガス楽しすぎたせいで適応障害みたいになっ
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.9

エンドロールで流れてた写真、ゲラッゲラ大爆笑した(子供は絶対に観ちゃいけない)
本編の90分よりもエンドロールの5分が面白すぎた
もはやエンドロールのための本編
エンドロールのみのスコアで3.9(本編
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

3.9

これは昔から思っているのですがうちの父親、見た目がひろしにそっくりなんですね。
だから小さい時はひろしがパパにしか見えなくてそれが原因でシンちゃん見てるとよく所構わず爆泣きしてた記憶が蘇ります。
今は
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.6

思うことがいろいろあったのでレビュー長くなります
まず褒めから。
榮倉奈々が良すぎたねこの映画は
久しぶりに邦画で顔ぐちゃぐちゃにして泣いた気がする
そういえばこの役作りのためにすごいダイエットしてネ
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

-

こういうのは「泣いた😭😭」というレビューが好印象なんでしょうが、全く泣きませんでした
既視感がすごくない?
「 刑務所 親子 」でググれば出てきそうな感じ(失礼)

普通にいい話なんでしょうが「あーは
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.2

おじさんたちが可愛くて仕方なくなる映画

野郎だけの共同生活って何となく汗臭そうだけど、めちゃ楽しそうだよね
男子寮とか少し憧れちゃうんだよなあ
この映画もまさに男子寮in南極って感じ。男子って、とか
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

この映画ですごいのは何と言ってもエンドロール。
曲なんかほとんど頭に入ってこなくて、野村萬斎の1人語りと、この映画できっとみんなが大好きになったであろう事務の浜本ちゃんによるみんなの行く末の紹介が本当
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

-

半沢直樹のせいでもう香川照之出てればなんでもおもしろくなっちゃってる
半沢直樹は顔芸はもちろん、「○○でth!!!!!!!」とかで爆笑してるけどこれは服装とか、いつもデカい声張り上げてる香川照之がナヨ
>>続きを読む

レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー(原題)(2017年製作の映画)

4.0

私の大好きなオムニバス映画、ラブ・アクチュアリーの続きというか「あれから...」のおはなし。

途中で広告は入るし、字幕はないし だったけど何となくみんなのことを思い出せば何をしてるのかは分かった
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

リチャード・カーティス脚本の作品はどれもあったかくて優しい人間しか出てこないので大好きです

本当はこの作品だって1回はどん底に落ちる展開が予想しやすい流れだと思うんだけど、まさかの逆で温かい人たちに
>>続きを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

3.5

デート相手の取り違えとか、アンジャッシュのすれ違いコントかと思った
サイモンペッグの笑顔は安定に最強

ナンシーのまじオタク、「ナンシーの実家わかる!?」って質問に「フッ、座標まで分かるよ」ってめっち
>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.7

ウィルスミスの息子が主演なんだけどエンドロールでウィルスミスと奥さんとの親子スリーショット出てきてアツかった
わざわざ中国の撮影現場に来てたんですね...パパスミスを見れてよかった
ウィルスミスの息子
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

4.2

ラブシーンを見て爆泣きしたのはじめて
美しくありながらも胸のキュンキュンが止まらず。悲しいけどそんなことを忘れさせるぐらい2人が幸せそうで...。いろんな感情がぐちゃぐちゃになって気づいたらボロボロ泣
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

3.7

やっぱりいいなあしんちゃんは
感動とコメディのバランスが良すぎ
ところどころに名言が散りばめられてましたね
前半ですごいいいこと言ってた気がするんだけど忘れちゃった🌀

今回は家族バラバラじゃなくて家
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.8

また大名作にハマらなかった...悔しい
前半の前置きが長すぎる
こういう映画、よくあるよねって思っちゃった
きっと今日は私がひねくれ者な日。

最後の方のパパ、推せる
パパ、かわいい
急にビリーがめっ
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

5.0

もしかしたらこれは一過性の衝動なのかもしれないけど、めちゃめちゃ良くて、即スコア5にしてしまいました。こんなに一瞬に思えた映画は久しぶり。なんかヤバい。衝撃が走っています。

今までジブリ好きじゃない
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.1

いやあ!思ってたより良かった!好きです!
大きなドーナツの穴を埋めるドーナツのさらに穴の中を追求し始めたあたりからジェットコースターみたいに話が進んでいってめちゃめちゃおもしろかった

最後のナイフグ
>>続きを読む

フィール・ザ・ビート(2020年製作の映画)

3.8

ディセンダントで白雪姫の娘役やってたソフィア・カーソン、ディセンダントのときにめちゃダンスうまいな?って思ってたんですが、今日偶然そんな彼女が踊りまくってそうな映画をみつけた

いやあ今回ハマり役すぎ
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

家具職人のキム・ウジン。
ある日、行った先の家具屋で働くイスに恋をします。
しかしウジンは毎朝目覚めると顔が国籍.性別.年齢問わず変わってしまうので毎日イスのいる家具屋に行ってイスに話しかけても彼女か
>>続きを読む

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

タイトルのあまりの有名さにビビって観てなかった。正直大号泣を覚悟してましたがまさかの全然でした...
映画慣れしすぎなのか、2時間圧倒的既視感のかたまりで、流すように観てしまいました

リツコさんも最
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.3

最後は「お前がいいとこ取りして終わるんかーーい!」ってひっくり返りそうになりましたが、個人的には結構おもしろかったです
騙し合い系、やっぱおもしろい。何時間でも観れますね。

ジャックニコルソン、貫禄
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.5

邦題が「慰めの応酬」....なるほどよく思いついたじゃん
やっぱりヴェスパーいないと物足りない!
第二のボンドガールもパッとしなかった
ただ今回はアクションへの気合いが凄まじく、車大崩壊、建物全壊、炎
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.0

超絶質の高いお手本的映画
アクションは超1級
騙し騙され殺り殺られの繰り返し
そしてジェームズボンドとヴェスパーの色気10000%の美的映像
映画として必要なものが全て揃ってましたね
キングスマンと9
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

-

「人が死ぬと皆必ず21gだけ体重が減るらしい」という超オカルトなフレーズに惹かれました
映画は正直最後の5分以外は「うーん」だったし、時系列も少しごちゃつかせすぎでは?
メインの登場人物3人のそれぞれ
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.3

長い割に話の進展がなくて後半の集中力が皆無だったのと、わたしとスーザンの価値観が違ったこともあり感動も半減。すみません。

いくら見た目が一緒でもあれだけ性格が違えばジョーには間違いなく惚れないはずな
>>続きを読む

ラスト・ベガス(2013年製作の映画)

4.2

こういう映画大好きなんですわ
電話が来たら「もしもし?」の代わりに「前立腺か?」って病気疑うところとか、ちょっと体調に異変あったらすぐ「発作か?」とか年寄ならではのイカしたジョークが大好きでした
電車
>>続きを読む

>|