ヨシハラさんの映画レビュー・感想・評価

ヨシハラ

ヨシハラ

2018.1.16〜

映画(138)
ドラマ(0)

PASSION(2008年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

偶然らしいトラックの横断ショットや、薄明の散歩シーンにおける超長回しはグッときた。小津みたいな煙突もキュンとする。
また見たい!


次回に向けてのメモ
→社会体の中の至るところで作動する多様な「力関
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.7

オープニングの、走る列車と「This Time Tomorrow」の組み合わせだけで嬉しい

福祉(1975年製作の映画)

-

武道家食べたら完璧な胃袋管理に成功したにも関わらず体調悪くなった

ピーウィーの大冒険(1985年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最後はみんな集結してくれて嬉しかった
終盤こち亀

激突!(1971年製作の映画)

4.1

高速教習を湾岸ミッドナイトみたいなゲームで済まされたので一生高速道路運転できない

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.4

単に合わなかった。言わずもがな両親宅周辺のちゃぶ台、スイカ、看板のフォント、窓などは好きです

絞殺魔(1968年製作の映画)

3.9

オープニングのご機嫌に遂行される殺人とか、取調室の鏡とか諸々『CURE』ぽかった
エレベーターのシーンは逆ジャングルポケット

玉城ティナは夢想する(2017年製作の映画)

-

カット割りが細かすぎてつかれる
セリフが秋元康の帯文ぽい

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.1

頭が混乱するほど複層化されかき回された撮る-撮られるの関係性、自然災害や天候による分断、接続は濱口竜介っぽい
3人の女性の談話シーンやラストシーンのカメラ目線
波の轟音とともにクローズアップされる唐田
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.6

途中何度も見るの辞めようかと思ったけど、広瀬すずの泥臭さと國村隼の包容力のおかげでなんとか持ちこたえられた
北央戦は普通に泣きそうになった

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.9

MVPはガム、最後のノリが銀魂っぽい
神殺しによるカタルシスは豪勢ながら軽薄

>|