いとまるさんの映画レビュー・感想・評価

いとまる

いとまる

かなり甘口評価です。
評論家でも何でもないので純粋に思ったことを書きます。

映画(205)
ドラマ(0)

飢えたライオン(2017年製作の映画)

4.0

SNSによってデマを流された女子高生の話なんですが、その時の本人の立場とか学校の対応、全校集会での校長先生の言葉、メディアの対応、段々と世間の記憶から薄れていく感じが本当にリアルで、生々しかったです。>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.5

静寂の中で将棋をさす音が響く感じが迫力ありました。
一度は挫折するも、将棋が好きという気持ちで再チャレンジして新しいプロへの道を切り拓いた瀬川さん本当にすごいし、本人かのように演じる松田龍平がまた良い
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

攻殻機動隊は全部観ているしもちろんめちゃくちゃ好きなのでハリウッドで実写化は最初聞いた時飛び上がりました笑
さすがハリウッド、映像とかやっぱりすごい。ストーリーはというとアニメ全部観た人ならわかると思
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

変わり者でちゃっとサイコパスっぽい麦と、優しくて明るい性格の亮平、まったく異なった役を両方とも演じきってる東出昌大がすごい。
展開もさることながら、最初から最後まで細かいひとつひとつの演出にかなり引き
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.5

アニメの方がボロクソに叩かれていたのでとりあえず原作観てみました。
時間的にも内容的にも観やすかったし、アニメは相当無駄な設定とかが付け加えられたのかなと思ったので今度観てみます。

奥菜恵の美少女感
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

5.0

何気なく過ごしていて現実から少し距離を置いたような日常、少しずつその日常や感情が変化していく様がものすごくリアルに感じた。本当にこれは演技なのかと思うぐらい、柄本佑、染谷将太、石橋静河がそれぞれ良い味>>続きを読む

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

3.5

新海誠作品のノスタルジックな雰囲気やっぱ好きだなあと思いました。
相変わらず風景とか、特に光の描き方がものすごく綺麗でそれだけでも楽しめます。
ほしのこえとかこの作品観ると、段々と人を描くのが上手くな
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.5

先生の指導がえげつなすぎるし、暴言の数々は流石に声出して笑ってしまった笑
ドラム演奏はアンドリュー役のマイルズ・テラーが全て行なっていると言うので本当に驚き。
J・K・シモンズの鬼教師のハマりっぷり、
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

5.0

些細なことから国を巻き込む大きな裁判に発展。そんな些細なことでも実はパレスチナ問題という民族的な問題が根深く関係していて、その問題の深刻さを表している映画でした。
パレスチナ問題は何となく理解はしてい
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.5

フィッシュストーリーの短編4作品の内の1作。もちろん原作は読みました。
バラバラの時系列が最後に全て繋がる、という伊坂幸太郎の作品ではよくある流れだが、映像にしても変わらず面白かったです。
それと同時
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.9

伊坂幸太郎の作品の中で3,4番目ぐらいに好きな作品。
キャストがかなりはまっていて(特に岡田将生)良かった。
伏線の回収の仕方が弱かったかなと思うけど、2時間でうまくまとめられていたし、最後のお父さん
>>続きを読む

イキガミ(2008年製作の映画)

3.5

原作は映画化された部分ぐらいまで読みましたが、映画も原作同様重たい内容に関わらず感動して普通に泣いてしまいました。
自分にも逝紙が届いたらどんな24時間を過ごすのだろうかとちょっと考えました笑
多分、
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.5

伊坂幸太郎はほとんどの作品読んでるぐらい好きなので、あまり実写版には期待していなかったけど、普通に楽しめました。
ただ、特に伊坂幸太郎の作品は実写によって活字ならではの良さがかなり削ぎ落とされる気がす
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.5

試写会にて鑑賞。

演出が凝っている映画でした。
割とシリアスな内容の中で所々コミカルな感じが出ていてそのギャップも面白かったです。

監督の実体験をもとにした作品であり、様々なことが重なって一つの運
>>続きを読む

アラーニェの虫籠(2018年製作の映画)

2.5

監督、原作、脚本、アニメーション、音楽をほぼ1人で手がけるのは本当にすごい。
内容に関しては正直全く意味がわかりませんでした。主人公以外のキャラが薄すぎるし、一つ一つの事象に繋がりが全く感じられなかっ
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.5

ただの殺戮映画かと思ったけど、全然面白かった。というよりも北野のキャラと演じてるビートたけしが良すぎた。
テンポよく進んでいくのでグロテスクな描写が苦手じゃなければ普通に楽しめると思います。

舟を編む(2013年製作の映画)

3.9

原作好きなので期待していましたが、原作に忠実かつ2時間程にしっかりまとめられていて楽しめました。
松田龍平がめちゃくちゃ合っていたし、他の役もみんな良かった。
思わず辞書を買っていろいろ調べたくなるし
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.5

細田守作品では2番目に好きな作品。
割とタイムリープものとか好きだし、青春してるなあって感じで普通に楽しめました。

さとうきび畑の唄(2003年製作の映画)

3.5

沖縄戦がいかに悲惨だったのかがわかる映画。戦争の悲惨さを後世に伝えていくツールとして映画は有効なものだと実感した。
いくつもの家族が戦争でばらばらになった事実はなんとも受け止め難いし、明石家さんまが演
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

独特な世界観やミュージカル要素もあったり、1作品でいろいろと楽しめる映画でした。
古本の件とか風邪の件とか、物事って多くの繋がりがあって成り立っているんだなあと思って、ちょっと伊坂幸太郎の小説とかペイ
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

笑いありの青春卓球映画。
やっぱ窪塚洋介かっこいいなあ。
中国選手のモブキャラ感が半端なかったけど、普通に面白かったし、何より音楽が良かった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

ハン・ソロの名前の由来、チューバッカとの出会い、愛用してるブラスターのこととかいろいろと盛りだくさんで楽しめました。
やっぱりスターウォーズの空中戦がどんな映画のアクションシーンよりもハラハラする。そ
>>続きを読む

人間機械(2016年製作の映画)

3.5

インドのとある繊維工場、そのあまりに劣悪な労働環境、そしてそこで働く低賃金労働者。誰も叛旗を翻さず、労働者も工場で稼働する機会同様に淡々と作業を続けている。そんな繊維工場の現状をひたすらに撮っていて、>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

山下達郎の歌が1番良かった笑
正直内容に関しては展開とかいろいろ意味不明だったし、くんちゃんがひたすらにうざかったけど、退屈はしませんでした。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

30年後の同窓会のスティーヴ・カレルを観た後だったので、良いお父さんとギャンブル好きで破天荒な元テニス選手とのギャップが面白かった笑
試合のシーンは白熱していましたが、実際は結構塩試合だったとか。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃに面白かった。
劇場内がこんなに笑いに包まれる映画は他にないんじゃないかってぐらい笑った笑
上映後はみんなで拍手。
単純に笑いの要素だけでなく、ストーリーの組み立て方とかカメラワークも面白
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.5

国や宗教のルールを越えて自分の意思で好きな人ややりたいことに向き合っていくクメイル。不器用で冗談ばかり言うところも含めて良いキャラでした。
結構不謹慎なジョークが好きなので楽しめました。テリーの助言は
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

やっぱり松岡茉優の演技が女優の中で1番好きなんだよなあ。本当に一生見てられる。妄想や感情の移り変わりが激しいヨシカをそつなく演じていてすごすぎ。
二は最初本当にうざいキャラだったけど、終盤は一より二の
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

4.0

痛みや苦しみを感じたくないミユリ、蚕のように痛みを知らず、体だけが求められているツムギ。暗くて抽象的で悲しい話の中で主演2人の透明感がすごい。
最初の方は正直「ちょっと尖った個性的な映画作りました」っ
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.0

本当に風景が綺麗。
そして新海誠作品のこのもやもやする中で登場人物それぞれ新しいスタートを切っていく感じが好き。
花澤香菜の声がユキノ先生に合いすぎてそれだけでも観て良かったと思った。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.0

風景とか学園の生徒や先生の感じは綺麗だったが、内容自体は特に面白いという訳ではなく、コリン・ファレルのイカれ狂うところ以外特に見所がなかった印象。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

マーティンの得体の知れなさとサイコパス感が本当に作品全体の不気味さを作り上げていた。
父親の最後の選択とそのやり方が酷すぎてあのシーンだけでこの映画観て良かったと思えた。
こういったサイコホラー系の映
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.0

30年ぶりに再会し、最初はぎこちない感じだったが、時間が経つにつれて忘れていたものを思い出したように再び打ち解けあう3人。
くだらない下ネタとか何回も声出して笑ってしまった笑
歳を取ると人は変わって
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.0

Netflixにあったので観賞。
久々に再会した2人のぎこちない会話、もう一度昔のように前髪を切ってもらって青春時代を思い出したかのように自転車を漕ぎ始めるともえ。
yonigeというバンドの曲を映画
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.5

この時のレオナルドディカプリオが本当にカッコよい。
パーティで初めて出会って水槽越しに見つめ合うシーン、ロミオとジュリエットが死ぬシーンも好きだが、やっぱり親友のマキューシオが「かすり傷だ」って言って
>>続きを読む

天国からのエール(2011年製作の映画)

3.0

御涙頂戴感は否めないが、普通に泣いてしまった。
とりあえず何も考えずに純粋な気持ちで観てほしい映画。

>|