anayuyuさんの映画レビュー・感想・評価

anayuyu

anayuyu

映画(314)
ドラマ(18)
  • List view
  • Grid view

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.4

もうちょっとだけ掘り下げられる話はいくつかあるのかなとは思ったけど、過去の経験から今現在どう人を愛したらいいのか分からないケイティの様子は見ていてやはり心にくるものがあった。人間って毎日少しずつ成長で>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

3.4

目が破裂するレベルの美しさ。とーにかーくきれい。もう惚れた。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.5

自分で物事を決めて判断して生きていくのって大変な事だけど考え方ひとつでいい判断ができるようになるからアリスはこれからきっとどんどんいい方向に進んでいけるんだろうなと思った。エンドロール急にヘイリー流れ>>続きを読む

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

3.4

逆さまだと何が何だかよく分からなくなってくるけどそんな事気にせずに純粋にロマンスを楽しめる作品。こういう世界ちょっと気になる。

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.3

期待した結末は色々あったけど結局そこかーと言う感じだった。それでもマニフェスト感があって楽しめました。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.6

本当に毎回素晴らしい作品を撮ってくれますノーラン監督。ノーラン作品を観ているとこちら側に挑戦状を叩きつけられたような感覚になる。それを受けて立とうと必死で観てたけどしっかり置いてかれた。もうほんとにず>>続きを読む

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

3.8

自然を多く取り入れた映画って心が浄化されていく感じがして見ているだけですごくリラックスできる。ザックエフロンの顔もリラックス要因。

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.9

狂気的。現実と幻覚の区別がつかないその恐怖を美しさで表現してる。物事何でも入り込みすぎないよう注意しなければならない。

ラスト・ソング(2010年製作の映画)

3.4

物語があまりにもとんとん進みすぎではないかとは思ったけど、つんつん尖った主人公がどう変わっていくかがこの映画の最大の見せ場だった。マイリー可愛い〜

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

チャーリーを見てると自分はそれほどの傷を負ってるわけではないけど何かが分かる気がした。過去に囚われることってきっと誰でもどの瞬間でもあることで、そこから解放してくれるのが心を許せる友達なんだなーって改>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

ジャックはぶち当たった壁にしっかり向き合ってた。映画を見て自分ももっと頑張れるような気がしてきた。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

とにかく最後の文面で鳥肌が止まらなかった。養子家庭で育った子の葛藤が心に痛いほど刺さってきた。よかった、ほんと。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

絶妙にコミカルとシリアスの間をとった映画だった。もし自分が全てのものが偽りだと知ったらこんな風にはきっと受け入れられないと思う。その後2人がどうなっていくかまで見たかったなー

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.9

それぞれのベイリーの繰り返す犬生を通して一家がつながっていく感じが凄く素敵だった。単純でかつ無条件に飼い主との間に愛を生み出すわんちゃん達って本当にすごい。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.1

とりあえず主人公を取り巻く俳優さん達がめちゃめちゃ豪華だった。あの残酷な時代を描くのにこれだけコメディタッチで描けていることがすごい。そして、勇気を出して外に一歩踏み出してみるのってすごく大変なことだ>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.8

初めてこのシリーズを鑑賞。世界観が本当に好き。都市部の近未来感とそれぞれの地区のまだ追いついていない感じが見ている側を物語に引き込みやすいようにしているように思えた。単なるゲームとしてだとは思うけれど>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.9

この映画は女性と男性とで少し注目する点や考えることが変わってくるのかもしれないと思った。男性としてはなんで?と思う点がかなり多いとは思うが、女性からすれば心の中の繊細な部分があの行動に出ていたのだと理>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.1

終了直後鳥肌が止まらなかった。まず、この話にベースの実話があることに驚いた。そしてその物語を緊迫感があり、戦争の最前線をリアルに感じ取れるような映像に仕上げられている。俳優の演技の技量ももちろん、カメ>>続きを読む

>|