あやのさんの映画レビュー・感想・評価

あやの

あやの

映画館でバイトしてます。芝居やってます。邦画も洋画もなんでも観ます。

映画(285)
ドラマ(0)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

3.4

今作の台本を使うため原作を読んだ後に鑑賞。多少原作と違えど重要なところは抑えていていい感じにまとまっている。やっぱり本谷さんの本ってイかれてると思うけどそこがいいよね。佐藤江梨子さんのお芝居はじめてち>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

IMAX2Dで鑑賞。期待の上も下も行かない想像通りの雰囲気だったけど、ふつーにおもしろかった!
スタント使ってないし、完全にトム・クルーズのSASUKE!

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

けっこう前に観たんだけど。拡大上映してから初週でもないのに大きいシアター朝からほぼ満席でさすがにびっくりした。前情報あるようなないような状態で行ったからいちばんわくわくするやつ。後半おもしろかったし笑>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

うん、良き。ウディアレンやなぁ。人生って恋愛ってこうだよなあ。ちょっとストーリーがベタすぎたからもちょっと何か魅せてほしかったけど。「ひとりの男とふたりのヴェロニカ」であり、「ひとりの女とふたりの男」>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.4

うーん、まあおもしろかったけど、期待してたほどではなかったかも。ミッドナイト・イン・パリのほうが好き。かわいそうに、ジャスミン。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.8

池井戸潤とか苦手で、半分喰わず嫌いだったんだけど、観たらふつーにおもしろかった。うん、池井戸潤だね。って感じでそれ以上の感想は特にない。でも21:30からのレイトショーでまぶた重いのに全く眠くならなか>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.3

予想外の涙腺大崩壊。1970年前後の関西で焼肉屋を営みながら生活する在日韓国人一家の話。映画の内容が思ってた感じと違ったけれど。コメディ要素も入れてるけれど、なかなかデリケートなテーマを扱ってる。場面>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.4

冒頭10分、ここまで惹きつけられる邦画を初めて観たかもしれない。それだけで評価は爆上がり。カオスなんだよな。どんどんカオスなのよ。役者全員の色と実力あってのこの映画。松井監督の舞台出てみたいなぁ。キム>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.3

フランス人のフランス人によるフランス人のためのコメディ。この映画に非はないんだけど、日本人はなかなか楽しめないかな。とは言え、意味わかんない系のぶっ飛んだフランス映画ではないから、観ていられる。客席が>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.7

今夏のジュラシックワールドの予告にめちゃそそられてるくせに実は前作初鑑賞。めっちゃおもしろい!って友達にずっと勧められてたんだけど、思ったより、だった。まあ充分おもしろかったんだけど。男子のほうがやっ>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.7

良い映画だったような、不完全燃焼だったような。元両親?が誘拐したいきさつとか気になってしまうし、途中警察に逮捕されかけたりはしたものの、なかなか順調すぎないか?良い映画ではあったからこそもったいない。>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.0

良い作品!!って誰もが思うようなものではないけど、私はけっっこう好きだった。巧妙。役者もエネルギーが溢れていてすごい。大事な魅せる場面をワンカットで撮ってるから、リアルで、覗き見しているみたい。レトロ>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

2.4

構成のクセが強かったけど、これをやりたいならそもそも舞台でいいじゃん。
何のためにあるシーンなのかよく分からないところが多かったし、伝わってくるものもなかった。どういうつもりなんだろう。あと素人使いす
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.3

うーん、なんといったら言いのか。私にはあんまりだったかな。前半から、この流れの先にある展開にあまり期待できなかった。深く読み取ろうと思えば本当に意味深くて繊細に構成された映画なんだと思う。でもそういう>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

ずっと楽しみにしてただけあって、想定通り私が好きそうな映画。もちろん好きなタイプではあるけど、特別好きな作品とまではいかなかった。シアーシャ・ローナンの存在感はやはり抜群で、レディ・バードが、“最も魅>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

実は全然観ていない、ウディ・アレン監督の作品をいろいろ観ようと。この映画、私好きだな〜。みんなはまり役だしいいですね。なんとなくこうゆう話っていう世界観だけで終わっていない、メッセージをちゃんと与えて>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

観入りました。リリー・フランキーさんの芝居大好き。城桧吏くんかわいかったなあ。是枝さんの作品の中でも、画の作り方はいちばん好きだったかも。関係性やそれぞれの気持ちが複雑だけど、最低限の会話でそれぞれの>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

IMAXで鑑賞。みんなが言うほどおもしろくもないし、つまらなくもなかった。デッドプールってこんな感じなんですね。1観れなかった自分も悪い。やっぱヒーローもの楽しめる体質じゃないみたい。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.4

話は分かりやすかったけど、終わってみればあんまおもしろくはなかったかな。途中で退屈はしなかったし、まあまあ楽しんで観れたけど。終盤、オチがそれぞれちょっとつまんない。あと、行ったり来たりで展開がいまい>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

おもしろいし良かったんだけど、いっつも福田監督の作品は、後半飽きてしまうタイプの私。今回も案の定、後半の笑いには飽きてしまいました。ただ、今回の映画は笑いを求めずにも観れる内容だから、まったく問題なか>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

試写会にて鑑賞。いや〜、良かった!!!!これは堂々とみんなに薦められる映画ですね。終始目がうるっとしていた気がする。強くて、切なくて、ほっこりしてて、愛に溢れていて☺️感情移入のオンパレード。思ったよ>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

イントロとラストが特にいいね。
青空の下で走る小松菜奈がただ爽やかで気持ちいい。ポカリスエット!って感じ。ただ雨女すぎな。
大きな展開があるわけでもなく、飽きそうで飽きなかったのは、単純に小松菜奈と大
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

IMAX3Dで鑑賞。まあふつーにおもしろかった。想像通りな感じ。でも逆に言うとIMAX3Dじゃないと楽しめないかも。ちょいちょい突っ込みたいとこあったけどそれがまたいい笑
ただ一つ言わせて、巨大化した
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.6

すごく良かった!!賛否両論あるみたいだけど、観終わったとき、素直にすごく良かったと思った。
Fワードだらけなのは『タンジェリン』を観ていたので受け入れられた。まさに主人公はヘイリーというよりムーニーで
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

2.7

仲良い友達がいちばん好きな映画だって何度も言ってくるので観た。が、私にはまったく合わずイマイチに感じた。
まず、ファンタジー要素が入っているし時間軸が交錯する系なのでなんだかよく分かりにくい。それを気
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

1と2合わせての感想。
すごい映画を観た。人生で観た映画の中で最もスケールが大きくて壮大な映画。もうそのスケール感とクオリティだけで圧倒されてしまう超大作。どれだけの費用と歳月と熱意で作られた映画なの
>>続きを読む

>|