全国映画祭報告会さんの映画レビュー・感想・評価

全国映画祭報告会

全国映画祭報告会

自主制作映画を目的に
映画祭通いとか
youtube検索をしています

映画(173)
ドラマ(0)

スペシャルアクターズ(2019年製作の映画)

3.4

この映画はね…実は凄く恐ろしい映画なんだ

確か上田監督にも弟さんがいたはずなのだが

あの『カメラを止めるな!』の社会的な大ヒットも
もしや弟さんが仕組んだ超茶番劇で
全国各地に発生した”感染者”と
>>続きを読む

ビューティフル、グッバイ(2019年製作の映画)

4.0

ゾンビという言葉を使っているが

男から逃げた女が、その過程で死んでしまい

死んだ後でも逃げ続ける離れ続ける、という事


(のちほど追記)

フォルナーリャの聖泉(2019年製作の映画)

3.0

個人的な旅の記録

ナレーションとか入れて補足してほしい

さらば大戦士トゥギャザーV(2016年製作の映画)

4.0

書くの忘れてたw

最初に観たのは3年くらい前なんですが

今年のロサでの上映は熱かった

涙なしでは見れない熱い映画

(あとで追記します)

予定は未定(2018年製作の映画)

4.2

女優さんのコケるシーンが
めちゃカッコイイ

(のちほど追記します)

そしてまた私たちはのぼってゆく(2018年製作の映画)

4.3

屋上での?との再会
繰り返されつつも少しづつ進んでる編集
大好き

主に建物の中で展開される物語だが
静かながら人物の魅力が秀でている

(あとで追記します)

海へ行くつもりじゃなかった(2017年製作の映画)

4.4

磯部監督の作品はどれも好きだが
1番を選ぶとするなら、この作品になると思う

画がどの場面も良い
ロケーションと人物のコラボレーションが
とても良く、何度でも、ずっと見てられる

自主映画だと、設定や
>>続きを読む

くろまじゅつ(2018年製作の映画)

3.9

滑稽な男と、それを冷めた目で見る女

二人は恋人同士らしいのだが

そして、その結末で物語や人物の印象がガラッと変わる

少し悲しくも、とても好きな物語


夜空と交差する森の映画祭にて

避雷針(2019年製作の映画)

3.8

ほのぼの

その約束は、あまりにも酷だとは思うが

建築物フェチとしては好きなロケーション

ロケーションと人物が上手く重なれば
それだけで良い画が続くし
テーマもぐんと伝わってくる


夜空と交差す
>>続きを読む

ガチャガチャ/GACHA GACHA(2016年製作の映画)

3.4

脚本的に????って部分がありますが
48時間作品であることを踏まえると
やはり上手く展開していきますね

カセットテープ(2018年製作の映画)

4.1

没入感、とてもよい話

ただ1点・・僕、鉄道好きなんですよ

山形だと、仙山線か奥羽本戦か車両は?とか
余計な事を考えてしまって・・

4回くらい観てますが
4回目で、ようやく先入観無くし
ガガンと食
>>続きを読む

父、かえれ!(2018年製作の映画)

4.2

根矢ちゃん好きとしてはたまらない
こういう役をやって欲しかった

昨年、八王子映画祭で鑑賞済み

(続きはのちほど描きます)

こちら星山放送局(2017年製作の映画)

4.1

まさか!星山放送局がフィルマークスに登録されるなんて
そんな事もあるのか・・ちょっとオマケして
高めの点数付けちゃう

2017年 映画甲子園 地域部門 ジャパンケーブルキャスト賞
2018年 立川名
>>続きを読む

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

3.2

U-NEXにて

難しい・・とりあえず”おっぱい映画”だった事には驚く
撮影面、けっこうブレてる、三脚使えばいいのにって場面多し
商業作品としては、あんま褒められないと思う

あんまり年齢には注目し
>>続きを読む

宮田バスターズ(株)(2019年製作の映画)

3.5

凄く期待していた作品なのだが
正直、前作の『fightingcameraman』ほどの衝撃は無かった
すみません少し厳しめの感想になります

もし評判や長編化の企画を知らずに観ていたら
多少違う感想だ
>>続きを読む

サイキッカーZ 新たなる脅威(2019年製作の映画)

4.1

夜空と交差する森の映画祭にて

それまでに何度か観る機会があったのだが
全部都合が悪く見逃していて、ようやく鑑賞

監督本人も会場に現れなかったので
僕が責任もって会場を守ってましたが

牟田浩二さん
>>続きを読む

青い(2019年製作の映画)

3.7

30分バージョンを
夜空と交差する森の映画祭にて
深夜1時過ぎに川の流れるスクリーンで鑑賞

ちと画面から遠かったのと
音声設定が小さいのが残念
この映画祭は音設定が消極的で小さい事が多い
でもスタッ
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

3.3

僕は映画でも漫画でもタイトルを気にしてしまう
何故、この題名なのか意味を深読みしてしまう

何故、この題名なのか全然わからず釈然としなかった
イソップ童話をモチーフにしていて
兎と亀をモチーフとした苗
>>続きを読む