映画祭報告会さんの映画レビュー・感想・評価

映画祭報告会

映画祭報告会

映画(233)
ドラマ(0)

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

4.2

喜劇と悲劇は紙一重とは聞きますが

笑えなかった
辛い痛い重い恐ろしい、まるで救いの無い世界である

この世界に、どう落とし前をつけるのか
それだけが気になりどうにか画面に目を剃らす事なく
最後まで付
>>続きを読む

特別上映版「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!(2020年製作の映画)

4.1

乳酸菌!乳酸菌!乳酸菌!

にゅうにゅう!

乳酸菌が欲しくなる映画でした

一応、赤血球さんが主人公なのか
エンドロールの一番上に出てきますが
出番は少な目でしたね

今までなら赤血球さんの役どころ
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.2

事前情報とかまったく読んで無くて

家庭の事情に悩む女の子の話程度しか認識がなかったが

韓国の経済成長時代を舞台にしてたのですね

歴史やその時代の空気感とかイマイチ解らず
ぴんと来なかったのと
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.8

画としては必要でしょうが
展開としては不要かなと思えるキスシーン
どっちを優先するかは作り手としては悩みどころでしょうが

浜辺美波が細くて細くて美しいのですが
制服が似合うというか似合わないというか
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.7

僕も弟を持つ長男ですが

兄とは!こうあるべきだと思える作品でした


下半身だけの父はキャラとしてやっぱ弱いですよね
錦えもんみたいにオナラで会話できる特技があったらよかったのに

まぁそれはそれれ
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

3.0

4軒の事故物件を転々と移り住みますが
3軒目の出来事は解決してないままだったのに

4軒目は
大乱闘スマッシュブラザースだし
布団は消えるし
ハリーポッターだし

少し前に午後ローで『花田少年史』がや
>>続きを読む

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959年製作の映画)

1.0

いやいや最低最低最低で大満足
すごいよね

あ、点数が低いのは敬意を込めてるからです

物語の下らなさも勿論ですが
画面が明るくなったり暗くなったり
日照時間の繋がり撮影時間まったく関係ない

いやも
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

4.0

好きなファンタジー
こういう世界観は好き

どう考えても、あの施設を維持するだけの経費が
あの程度のリスクで賄えるとは思えないが
多分、もう少し長く滞在したならば
そのリスクについても判明するのであろ
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.2

説明不要である

とりあえず全員見るべき!


ただ古い時代をリアルで知ってる人たちには
物足りない内容であるみたいだ
私の知り合いの爺様方のご指摘を読みながら納得し
さらに勉強になった

この作品を
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

4.4

一言で説明するならエレガント!!!(嘘です)


優しい映画でした

あの屋上だけが多分セットなんですよね
あえて作り物である感じを出したのは
あの空間だけがファンタジーである事の演出なんだろうか
>>続きを読む

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル(2006年製作の映画)

3.0

午後ローにて2020の8月

原作は連載中に雑誌で何度か読んだことがある程度で
アニメは見て無いのですが、基本設定は解っていたのですが

ストーリー自体は良い泣ける話なんですが
ラストのCGサイキック
>>続きを読む

男はつらいよ 望郷篇(1970年製作の映画)

3.8

第5作目

山田洋次が監督に復帰し
更には、今回で完結させる予定だったらしい

マドンナはドラマ版のサクラだし
マドンナの恋人はドラマ版の博のようだ
色々総決算になっているが

たぶん屈指の悪いフラれ
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

1.6

意外と楽しめました

原作は読んでますがドラマは見て無かったです

点数が低いのは監督が嫌いだからで
不要なシーンや演出が多いののが原因ですが

本軸の展開は面白かったです

がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻(2020年製作の映画)

1.6

悪い噂を沢山聞いてましたが面白かったです

流石カーレンジャーの脚本家ですよ

期待通りの内容でした

点数が低いのはシャレですよ

なみぎわ(2018年製作の映画)

4.0

結構前に観てたのですが
感想書き忘れていました

もち(2019年製作の映画)

4.3

この映画をどのジャンルに置いたらいいのか解らないが

物凄く質の高い自主映画であろうか
役者さんは多分全て素人
地元の人、そこにリアルに住んでる人である

ドキュメンなのか
モキュメントなのか
再現V
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.6

本年度屈指の泣ける映画である

ただ映画としてどうなのか・・という疑念はある
カメラワーク、演技、音楽は、これといって秀でてない
だが、そこが逆に良いバランスになっている

元は高校演劇なので映画より
>>続きを読む

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

4.0

のぼりたくなる映画

学校の外壁を猿が昇るシーンは
流石にマンガチックすぎるだろ!と思ったが
原作が漫画だった・・納得だ

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.6

唯一の救いは、真犯人が身近にいた事だと思います

透明人間(2019年製作の映画)

4.4

サスペンス

最後の方まで何が真実なのか解らないハラハラで楽しめた

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.5

遙か昔、小学生の頃、先生がチラと話してた映画

すごい長い時を経て観ることが出来た素晴らしい作品でした

しかし病院のセキュリティが甘いね

アングスト/不安(1983年製作の映画)

4.3


この犯人、未だ服役中で生存してるとの事

観る前に売店に、ソーセージと小さい丸いものが
売られていて何かと思ったが、映画観た後食べたくなった

映像のショッキングさを遙かに超える映像美
みとれてしま
>>続きを読む

女王蜂(1978年製作の映画)

4.2

BSで録画したのを視聴

すごく良かった

美しい

銀造が可愛そうですね

旅先で恋した琴絵は親友に盗られ
仁志が急死して仁志の子を産んだ琴絵に求婚するも
入籍は出来たものの京都で別居して妾をあてが
>>続きを読む

新・男はつらいよ(1970年製作の映画)

3.9

第4作

これも山田洋次が監督していない寅

寅の舎弟の登がマジメに就職し
競馬で儲けた寅が
おいちゃんおばちゃんをハワイに連れて行く話
しかし登の上司が金を持ち逃げしオジャンに

男はつらいよ フーテンの寅(1970年製作の映画)

3.7

第3作目

山田監督は脚本のみで監督は別の人らしく
ちょっと演出が違う

言われるまで気が付かなかったが
冒頭の旅館の女中さん樹木希林だ!わー若いし可愛いぞ

寅さんのお見合い

この時点では、さくら
>>続きを読む

続・男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.9

第2作

時系列的には第1作のラストの直後なのかな
1の最後に1年後と出てミツオ産まれてるし

寅さん産みの母登場
でも相変わらずモメる
たいして解決もしてないのに
ラストではデレてて面白かった

男はつらいよ(1969年製作の映画)

4.1

第1作

この前にドラマ版があるらしいのですが
その設定やキャストも繋がってるそうなんですが
ドラマ観てないのでよくわからない


時代もあるけど
寅さんやっぱりヤバイ人ですよね

さくらも1作目で結
>>続きを読む

地元ピース! 幻想ドライビング(2020年製作の映画)

4.4

コロナによる緊急事態宣言により
都内の映画館が閉まっていた数カ月

3カ月ぶりに映画館で観た映画がこちらでした
1年ほど前に岐阜や大塚で試写会があったものの
その両方とも都合がつかず見る事は叶わなかっ
>>続きを読む

飢餓海峡(1965年製作の映画)

4.2

BSにて

昔の映画って
大人数のシーンが良いよね

のちほど追記

>|