まりあさんの映画レビュー・感想・評価

まりあ

まりあ

映画(140)
ドラマ(0)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

いつ見ても面白くってすごい!これから起こることの伏線を貼りに貼りまくってる。4DXだったんですけど酔わなかったし面白かったです。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.0

鬼滅の刃わからない人にはわからんくらいなんの説明もなしに始まったな……。描き込みとかすごいんだろうな。あかざが石田彰なの解釈違いだよ〜。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

無駄なシーンがなかった…。戻った日にも意味があった。飽きるシーンがない。「未来から来たと思って1日を過ごす」出来るとは思えないけど、この映画を観てこの考えを知れて良かった。

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.5

時間軸も登場人物もややこしくて話がうまく入ってこなかった。結局何が言いたかったのかも伝わらなかった……。場面の切り替えも最初は車で統一してるのかと思ったけどそうでもなかったし…。

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

3.0

テンポ良くて面白いけどラブコメじゃないじゃん!しっかりゾンビものじゃん!!怖かったよ途中…。ご都合主義に周りが生き残ってるのもうーんだし…。会話のテンポが早くて観てて飽きなかったな……。

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

元々「つみきのいえ」なんだ。

リターン・オブ・ザ・キラー・トマト(1988年製作の映画)

2.7

掴みは面白かった、とりあえず低予算を全面に押し出してくるやん……。たまに面白いところもあったから前作よりはマシ。最後!?

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

4.5

女子高生の日常を撮るのが上手いし主人公の演技もすごくすき。非日常ななっちゃんが何故か馴染んでいるのも、結局どこまでも妄想だったのも展開として良い。音楽も知らないバンドだったけどよかった。

マチルド、翼を広げ(2017年製作の映画)

3.3

子にとって良い親/悪い親っていうのを判断するのは難しい…。こういう作品見ると、どうあっても子にとっては唯一無二の存在だからって思う。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.0

最果タヒの詩をそのままセリフにしてるけど登場人物が変わってるから違和感そんなに無い。根底に孤独を抱えてる人は多いだろうけど物語のように上手く誰かを見つけられるもんでもないよな……と虚無になりました。

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ(2016年製作の映画)

2.9

トマトよりストーリー性あるし笑えるところがあった!!雑なところは多いけど、トマト見た後だとちゃんと「キラードーナツ」だし力技の解決もむしろ納得した。ただ感動シーンよろしく2人のラブシーン入れるのやめて>>続きを読む

ワンダフルワールドエンド(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最早大森靖子さんの長編MVでは?最初はあみちゃんの登場でしおりちゃんが崩れてしまったのかと思ったけどむしろ逆で、あみちゃんはしおりちゃんが欲しい肯定とか承認をしてくれる存在だったから依存していった。>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.7

世界観エグいんだけど引き込まれるし面白い。人間が知識を得るのアダムとイブを感じた。テールは裸を恥じていたし…。

二ノ国(2019年製作の映画)

3.0

顔の作画がたまに雑では?あと急なCGなんやねん。たまにある伏線の回収の仕方はすき。最初の30分と最後の10分見ればOKです。でもなるほどー!になった。

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

2.5

ずっとふざけ通してるんだけどそのネタが全部つまらなくてすごい。トマト以外の展開も突拍子もない。B級映画ってこんな感じなんだ…。

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

3.0

実写化にしては映画作品寄りな印象。黒猫の概念みたいなやつ、なに?

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

2.8

たまに挟まれる小ネタ、微妙〜!アニーが有能。コメディホラーにしたかったんだろうか…という感想。セットはすごい。

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

2.8

雰囲気とかは良いんだけど特にメッセージなど刺さるものはなかった……。ディテールに拘って映像撮ってる感じはする。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うーーーん、ジュブナイル感が強くて微妙…。途中の強引さとかに共感性羞恥もあったし…。表面だけをみるなよって話で最オチとしてはあれだけ人に気を付けろって話してたおじさんが犯罪者ってとこなんだろうけれど…>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後に糸を見て逃げた理由が分からなくて…。感想を見て紬も人間だと気付いたから、というのに納得した。神なんていなくて、自分で世界を広げるしかないから東京に出ることを選んだんだけど紬はそうできなくて死んで>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.5

問題とともに人生を振り返ってるのが面白かった。たしかにご都合主義ではあるけど…。ラスト踊っててウケてしまった感動したのに。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

世界がどうなっても2人でいることを選びたい2人がすきだからすきでした……。アニメでしっかりやった方がいいんじゃ?という伏線の貼り方でしたが……。でもよく考えたら1番初めにあずみに「すきだから」って言っ>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

2.5

時代なのか主人公の言動が受け付けなさすぎて…。ラストは笑った。音楽は良い。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.2

最初に繰り返し流れてた映像がしっかり回収されててほぉーってなった。心がざわつく映画…。みんながみんな誰かを好きって感じがないのがちょっと引っ掛かった。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

PCの画面上で話が進むのは知ってたけど本当に見せ方が上手いな〜。掴んだかもと思った手掛かりが意味のないもの、かと思ったらそれも伏線で、っていうのが凄すぎた。父と娘/母と息子っていう対比?もあったし。最>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.5

人種差別や選民という重たいテーマを扱ってる割にそれらへのしっかりした返答みたいなものが無くて残念だな……。スピード感あるのは良いんだけど心情の表現とか甘い感じ。ぼんやり観ればなんか脳内物質出る感じのラ>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.0

タイトルはそこに帰着するんだ?って感じだけど……。複数パターンを出すことでより話が分かりやすかったな。「男は本気なら行動する」って何万回も聞いたけどマジこれだよな〜って思った。

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.3

映像ギミックすごいけどごちゃごちゃ感が刺さる人には良いだろうな、私はすき。「全然笑笑じゃねーよ」すきな言葉です。中学生の時に何か事件とか起きないかな〜って思ってたのめちゃくちゃわかる。不幸になりたかっ>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

音楽良いのはすき。アランが変えていくストーリーかな?と思ったらその通りだったんだけどこんな簡単に人って変われるかなあ。ざっくり、辛いこともあるけど幸せに気づいて生きていこうねってこと?でもそんな簡単に>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

2.6

ホラー要素なければもう少し受け止めようがあったかも。この映画をどう消化したら良いのかわかんない。人間の描写が妙に生々しいのは凄かった。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

スピルバーグ監督の作品ってエンディングまで知らなかった。長いけどみて良かったな、というか観たいと思って数年経たせてしまった作品。最後の「もっと救えた」に演出を感じたけど……。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.0

歳のせいか子供主人公のものを素直に観られなくなってきたな……。最後の30分のスピード感良かった。それまでの所描写が丁寧だったから、話が複雑だったからとは思うんだけどちょっとゆっくり過ぎると感じた。ラス>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.8

エル・ファニングかわい〜ね。なんかキューブリックぽさを出したかったけど失敗した感じがある。あんまり面白くなかったかな〜この辺の音楽詳しければ良かったかもしれないけど。

劇場(2020年製作の映画)

3.0

前半部分やたら寒々しい印象を受けた。普通の時の松岡茉優の演技はあんまり……と思ったけどヤバいときの松岡茉優はヤバくて凄い。恋人同士を描いてるのに肉体の描写が極端に無かったのは精神の繋がりを描写したのか>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.0

導入についていけなさすぎて困った。フランス映画っぽい妙な間が目立った。ドリスの無邪気さが重要なんだろうけど色んな方向に素直すぎてちょっとイライラした。全体通して そか!ええ話やねって感じ

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

4.0

アニメーションのムラを感じたけど人の動かし方とか背景の構図とかめちゃくちゃ良い。無駄なシーンもないし、見逃したくない。掛け合いややりとりが自然でテンポも良い。めちゃくちゃよい少女冒険譚だ〜。

>|