ありてんさんの映画レビュー・感想・評価

ありてん

ありてん

映画(275)
ドラマ(0)

アトランティスのこころ(2001年製作の映画)

4.0

少年と不思議な力を持つ老人の物語。スティーブン・キングが原作ということで年上の不良少年と戦ったり、線路を歩いたりとお約束の場面あり。子供の頃の懐かしい情景が蘇ってくる。少年と老人の友情、成長がおもしろ>>続きを読む

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

3.9

おじいちゃんと少年の交流がハートフル。セールスマンに銃ぶっぱなしたり不良少年をボコボコにしたり破天荒なおじいちゃんだけどとっても優しい。少年も成長も良い。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.7

ステイサムVSサメ!
ステイサムかっこよ映画。娘役の子かわいくていい演技!

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.7

王様のブランチで紹介されていて鑑賞。
別荘に休暇にきた2人が池で溺れている女性を助けるも連れ去ったと勘違いされ…。ブラックコメディ。けっこうグロいです。何も考えずに観れる面白さ。

アース・トゥ・エコー(2014年製作の映画)

3.6

少年少女の冒険劇はいいですね。たまにこのような作品を観たくなる。
POVじゃなければもっと良かった。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

松岡茉優の演技を終始堪能できる。
…そのために見ました。

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.5

少年たちがロケット打ち上げに挑戦する話。
こんな素晴らしい作品があったとは。挫折を繰り返しながらも仲間たちと夢に向かって突き進んでいく青春映画であり、頑固親父と息子の関係にスポットを当てたヒューマンド
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.8

ラブストーリーでありヒューマンドラマ。切なく淡い作品。過去の恋愛や美咲の死に対して向き合っていく姿を手紙で紡ぎながら綺麗に描かれていて、重くなりすぎないようになっていた。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.8

サスペンススリラー。目の見えない主人公が殺人事件を追う。
緊迫した展開にハラハラ。視覚以外の感覚を利用し事件の真相、解決に迫る面白さがあった。けっこうグロい。事件を通してそれぞれの成長が描かれていた点
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.9

アクション映画としては面白かった。迷路じゃないしそんなに走ってないけど。

劇場(2020年製作の映画)

3.8

夢を追う主人公とそれを応援する恋人の物語。
中盤まで観てるのが辛かったけど最後にじんわり。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.8

前作よりSF要素が強いが伏線回収あり愛ありテンポよしで楽しめた。犯人探しより時間のループを止めるために奔走する。主人公が魅力的。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

タイムリープ系サスペンス。正直まったく期待してなかっただけに面白かった。愛やコメディも挟んでくるのでより面白い。犯人の追跡能力の高さ。

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.3

いきなり宇宙人に襲われ逃げまくる作品。よくわからないので置いてけぼり。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.5

原作をたまたま読んで映画も。かなり忠実に再現されているなと。ただコミカルな演出になってた。

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

4.0

うつ病について理解が深まる映画。全然理解できてなかった。症状について少し知ってただけだった。
夫婦愛に涙。懸命に支える妻の姿には心打たれる。
ファンタジー演出はアレです。

舟を編む(2013年製作の映画)

4.1

辞書作り。
こんなにも大変な仕事だったなんて。十数年かけて作り上げていく姿に感動しました。
宮崎あおいの登場シーンはファンタジー作品かと思うくらい。オダギリジョーのキャラクターはとてもいい。
邦画特有
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.7

謎を解き明かしながら逃走。
天使と悪魔の内容を思い出せない…。スピード感があっておもしろいが展開が読めてしまうので意外性がなかった。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

けっこう難しい。期待してたSF映画と違ってた。静かで淡々とした展開だなーと思ってたら、最終的に惹き込まれた。映像が少し暗い。言語が美しい。

バースデーカード(2016年製作の映画)

4.3

亡くなった母から20歳まで毎年誕生日に手紙届く。娘と母、家族の心温まる物語。
まずFilmarksのあらすじネタバレしすぎじゃないか?
とても素敵な作品でした。久しぶりに泣いた。母の死による悲しみに焦
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.3

ミステリーよりのホラー映画。脅かしにくるホラーではなく淡々湿っとしたホラー。
心霊現象がおきた土地の過去を遡っていくと…。
遡りすぎて繋がりがよくわからなくなってしまった。

告白(2010年製作の映画)

3.5

娘を殺された母の復讐劇。という単純なものじゃなくて展開の読めないサスペンス。犯人探しじゃないから新鮮。怖い。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.2

悲しい物語。アナキンが暗黒面に堕ちていくのが観てて辛い。戦闘シーンはシリーズで1番すき。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.9

再鑑賞。
アナキンの苦悩と愛、銀河の情勢がメインで描かれている。アナキンの暗黒面が垣間見えますね。ヨーダの戦闘シーンが見物。
パドメも大活躍。ナタリーポートマンが美しい。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.8

殺人予告のあったホテルに潜入捜査。
ミステリーというよりホテルマンとして成長していく姿、キムタクと長澤まさみの掛け合いが好きでした。まぁ犯人が誰だか全然気づかなかったですけど…。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.3

再鑑賞。シリーズの中でなんやかんや1番みてる。この作品から戦闘シーンが劇的におもしろくなった。とくに最後の3人の戦いは素晴らしい。ヨーダが出てきたときはテンション上がった記憶が。
アナキンが可愛すぎる
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

ゲームの中に吸い込まれクリアを目指すアドベンチャーコメディ。
疾走感がありテンポがよい。アクションもおもしろい。コメディ要素が強いので安心して見れる面白さ。
前作ジュマンジの奇想天外な感じはないかな。
>>続きを読む

着信アリFinal(2006年製作の映画)

2.8

なぜ海外に行きたがるのか…。続編がでるごとにワケわからなくなる。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.2

昔みたときはスターウォーズ=ライトセーバーのイメージだったけどコミカルなシーン満載でドラマチックな展開もあり戦闘以外の面白さを発見できる。

>|