akiさんの映画レビュー・感想・評価

aki

aki

特に邦画が好きです。家でDVDで観るのが好きだけど、今年はもっと劇場へ足を運んでみようと計画中。
レビューは自分語り多めです。私の語りなんぞ誰も興味ないと思うけど、自分を重ねて語りたくなる映画が好きなのかもと気づいた最近。

映画(347)
ドラマ(0)

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.5

親という呪いと、生まれ持ったセクシャリティという呪いと、なりたい自分に届かない自分にもがく男の子のお話。

映像がきれい、特にオスカーとワイルダーのキスシーンは、ジェマとのキスとは比較にならないほどの
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かったーーーー。
不穏な空気に次ぐ不穏。

物語は淀んだ空気の中テンポよく進み、最後まで驚かされました。前情報なしで、というのがよくわかった!

最後の最後のシーン、
警察の車が見えて彼女が「助け
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

家で一人で観たんですけどね、
いま家の中の影になってるところとか、微妙にあいてるドアの隙間とか、怖いよね。
背後が常に気になる。
どっかから撃たれたら、無理よ、無理無理。

家に忍び込んだ3人がもちろ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

出会ってしまった、傑作に。
なにこれ。センス良すぎるだろ。
いや私なんぞのセンスに照らし合わせて「センス良い」とか称えるなんぞ申し訳ないくらい、めちゃくちゃ面白かった。
笑いっぱなしで、そして泣いた。
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.5

ヒメアノ〜ルを観て、おおこれは、となった吉田恵輔監督の新作ということで、映画館へ。

ところどころ笑いはありつつ、
でも全体的には不快。超不快。
人によっては閲覧注意って言いたいくらい差別的な言葉も価
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

終始ひりひりした。

乗り越えられない過去、みたいな大げさなものは私にはないけど、それでも無くしたい記憶やなかったことにしたい悲しみも、多少ある。
でも、しょうがないよね。
生きていくしかないんだもん
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いつか失くしてしまうことを受け入れて、それでもなお、なにかを選択できるかなぁ。

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

3.0

二階堂ふみちゃんの不機嫌な顔、かわいい。
きょんきょんだから出る説得力。

二階堂ふみちゃんにわりと爆笑しました。

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

4.5

泣ける映画が続いております。

何回か借りてはなんとなく観そびれて返し続けていたリトルランボーズ、めっちゃよかった…!

私には5歳の甥っ子がいて、めちゃくちゃ素直で優しくてかわいいんだけど、お友達と
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.5

原作のロアルド・ダールは小学生の頃から大好き。
ちょっとシニカルで、でも暖かくて、チャーミングなイメージ。
大体の作品は読んでるけど、このキツネさんのは未読のまま鑑賞しました。

まず、クレイアニメな
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.0

怖いわ。

ユリゴコロって勝手に女性同士の恋愛物なのかと思ってたら全然違った。

全体的に画面は暗い。前半の、人が死にまくるシーンが怖すぎて、後半もいつ死ぬかいつ死ぬかとばかり思ってしまいました。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

5.0

久しぶりに映画で号泣した。

あらすじは予告で大方把握してた通り、でももうちょっとポップな描き方をしてるかと思いきや、心情の描き方がとても丁寧で引き込まれました。

サルーの子ども時代の子役がめちゃく
>>続きを読む

風が吹くとき(1986年製作の映画)

4.0

怖かった…

ほのぼのした夫婦の日常から一転、
だんだんと蝕まれていく様の絶望感がすごかった。
時折差し込まれる実写部分、作り物っぽいっちゃ作り物っぽいんだが、それでもファンタジーを現実世界に見せるに
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

とっても良かった!!!

異国のお祭り、というだけでちょっとわくわくするし、「ちょっとしたきっかけで日常から異世界に飛んでしまう話」がそもそも好きなので、存分に楽しめました。

一昨年大好きなおばあち
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

2.5

なんとなくアート系な作品と思って見始めたら、あら、なんか違うと気づいた。アート系どころか、撮り方はあんまりかっこよくない笑
それよりもなんだろうこの既視感は…と思ったら、少女漫画だ。ついこの間立ち読み
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

-

ねねねね、寝てしまった、、
序盤は面白いかも、と思ったけど
ただ眠かったのか、面白くなくなったのか…残念。

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

夏休み中、夫と家にいることが多かった。
そうすると私が日々だらだら過ごしていることが理解できないのか、夫がしきりに出かけに誘ったり、構ってないことに対して謝ったりしてくる。

そもそも夫と私は生きるペ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

2.5

全女性がときめきそうな東出くんのかっこよさと、全女性に嫌われそうな主人公の女の物語でした笑



いやー、東出くんかっこよかった。
前半のヅラの不自然さを置いといてもその後はナチュラルにすごくかっこ
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

2.0

思ってた感じとちょっと違った。
なんとも乗り切れず見終えました。
斎藤工がいい感じに気持ち悪いと、なんかいい。

ゴーストライター(2010年製作の映画)

3.0

話はそれなりに面白かったんだけど、音楽がめちゃくちゃ気になった…

首相の自伝のゴーストライターをすることになった主人公、前任者は不審な死を遂げていて…というわりと暗めでミステリアスなストーリーなわり
>>続きを読む

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.0

開始10分で、あぁいい映画だなってわかるいい映画。

主演の二人のキャスティングも素晴らしいし、すれ違いも絶妙、わざとらしさやいやらしさもない展開で、最初から最後までとっても気持ちがいい映画だった。
>>続きを読む

変身(2005年製作の映画)

1.0

ツッコミどころ満載。
音楽、台詞まわし、演出、全体的に漂う昭和の香り…!
昭和55年くらいの作品かと思ったら平成17年の作品だそうです。ワオ。

曇天に笑う(2018年製作の映画)

1.5

イケメンを見るための映画でした笑
オープニングはなんかスケール大きそうに見えたのに、完全に出落ち。

「辛い時は、笑え!」

「あーっはっはっはっ」

この感じがすべてを物語ってます笑

女が眠る時(2016年製作の映画)

1.5

バレンタインに一人で観る映画ではないのは確か。

観てる間中、なんだろうこの既視感…と悶々とし続けましたがあれだ、斎藤工主演の「欲動」とかぶるんだ。
リゾート、夫婦、根底に流れる不穏感、主人公の色気と
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

ゾンビものって洋画邦画含めて初めて観たかも。
なんで観ちゃったんだろう…しかも一人でまじまじと…しばらくユッケは食べられないな笑

最後の撃ちまくりシーンとかもうほとんど目と耳ふさぎながら見てましたが
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.0

これは映画館で観たかったなぁ。

タイトルとポスターのビジュアルから、もう少しライトなコメディかと思いきや、
見応えあるシックな、でも笑いどころもちょこちょこある、素敵なお話でした。

大泉洋さんの長
>>続きを読む

パビリオン山椒魚(2006年製作の映画)

1.0

最近オダギリジョーの株が上がりつつある(私の中で)ので、つられて鑑賞。

ぜんっっっぜん面白くなかった…笑

光石研さんてよく出るなぁ。

全然映画とは関係ないけど、
男性って年をとるにつれて「渋くな
>>続きを読む

>|