akiさんの映画レビュー・感想・評価

aki

aki

レビューは自分語り多めです。私の語りなんぞ誰も興味ないと思うけど、自分を重ねて語りたくなる映画が好きなのかもと気づいた最近。
どちらかというと邦画好き。

映画(361)
ドラマ(0)

blank13(2017年製作の映画)

3.5

予告での期待を上回ることはなかったけど、なかなか良かった。次の作品も見てみたいなぁ。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

子ども、これ、どうやって撮ってるの。
間とか、声色とかもそうだけど、今回子どもが映画で「だらだらしてる」のを始めてはっきり認識した気がして、おおおおお、と唸った。だらだらする、って意外と難しいと思うん
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.5

ヒメアノ〜ル、最近観た愛しのアイリーン、どちらもめちゃくちゃ良かったので期待値上げめで鑑賞。

皆さんも書いてらっしゃいますが、ぼーっとDVD観てたらまずオープニングのアレにやられた。ありそうでない始
>>続きを読む

月光の囁き(1999年製作の映画)

3.0

相手の性癖を受け入れられるかって、わりと運だと思うけど、
ボコボコに痛めつけてもまだ自分を追ってくる男、しかも初体験を捧げた男がここまで突き抜けてくれちゃうと、女も依存してしまうのかもしれないな。
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

ピクサーの安定感。
面白かった〜。

頭の中が舞台の映画って、どんな発想だよ。自分のですら見たことがない頭の中が、こんな風になっていたらなぁと童心に返りわくわくしました。
実際、ヨロコビとかカナシミと
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

レンタルするとき、「テロリストを止めた3人の青年たちが本人役で出演」とあって、ほんまかいなと半信半疑で観て、見終えて再確認した、本当にこの人たち役者じゃないのか?と。
DVDに含まれてたクレジットの映
>>続きを読む

ヘヴンズ ストーリー(2010年製作の映画)

2.0

前半の、バンドやってる女が出てきてTシャツ破るあたりからシラけてしまった…

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

3.3

結構前に何かの映画で村上虹郎くんを観て、顔が雰囲気ありすぎるからそれに見合う演技力がつきますようにと老婆心ながら思っていたが、この虹郎くんは普通な役どころだけど普通なりになかなか良かった。

ストーリ
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.0

森川葵ちゃんがめちゃくちゃ良い。
ああいう笑い方する人、いるよね。
上手すぎてぞっとした。

あと主題歌が素晴らしすぎる。
二階堂ふみちゃんの「僕は泣く」の重みと言ったら、もう。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.5

親という呪いと、生まれ持ったセクシャリティという呪いと、なりたい自分に届かない自分にもがく男の子のお話。

映像がきれい、特にオスカーとワイルダーのキスシーンは、ジェマとのキスとは比較にならないほどの
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かったーーーー。
不穏な空気に次ぐ不穏。

物語は淀んだ空気の中テンポよく進み、最後まで驚かされました。前情報なしで、というのがよくわかった!

最後の最後のシーン、
警察の車が見えて彼女が「助け
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

家で一人で観たんですけどね、
いま家の中の影になってるところとか、微妙にあいてるドアの隙間とか、怖いよね。
背後が常に気になる。
どっかから撃たれたら、無理よ、無理無理。

家に忍び込んだ3人がもちろ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

出会ってしまった、傑作に。
なにこれ。センス良すぎるだろ。
いや私なんぞのセンスに照らし合わせて「センス良い」とか称えるなんぞ申し訳ないくらい、めちゃくちゃ面白かった。
笑いっぱなしで、そして泣いた。
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.5

ヒメアノ〜ルを観て、おおこれは、となった吉田恵輔監督の新作ということで、映画館へ。

ところどころ笑いはありつつ、
でも全体的には不快。超不快。
人によっては閲覧注意って言いたいくらい差別的な言葉も価
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

終始ひりひりした。

乗り越えられない過去、みたいな大げさなものは私にはないけど、それでも無くしたい記憶やなかったことにしたい悲しみも、多少ある。
でも、しょうがないよね。
生きていくしかないんだもん
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いつか失くしてしまうことを受け入れて、それでもなお、なにかを選択できるかなぁ。

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

3.0

二階堂ふみちゃんの不機嫌な顔、かわいい。
きょんきょんだから出る説得力。

二階堂ふみちゃんにわりと爆笑しました。

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

4.5

泣ける映画が続いております。

何回か借りてはなんとなく観そびれて返し続けていたリトルランボーズ、めっちゃよかった…!

私には5歳の甥っ子がいて、めちゃくちゃ素直で優しくてかわいいんだけど、お友達と
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.5

原作のロアルド・ダールは小学生の頃から大好き。
ちょっとシニカルで、でも暖かくて、チャーミングなイメージ。
大体の作品は読んでるけど、このキツネさんのは未読のまま鑑賞しました。

まず、クレイアニメな
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.0

怖いわ。

ユリゴコロって勝手に女性同士の恋愛物なのかと思ってたら全然違った。

全体的に画面は暗い。前半の、人が死にまくるシーンが怖すぎて、後半もいつ死ぬかいつ死ぬかとばかり思ってしまいました。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

5.0

久しぶりに映画で号泣した。

あらすじは予告で大方把握してた通り、でももうちょっとポップな描き方をしてるかと思いきや、心情の描き方がとても丁寧で引き込まれました。

サルーの子ども時代の子役がめちゃく
>>続きを読む

風が吹くとき(1986年製作の映画)

4.0

怖かった…

ほのぼのした夫婦の日常から一転、
だんだんと蝕まれていく様の絶望感がすごかった。
時折差し込まれる実写部分、作り物っぽいっちゃ作り物っぽいんだが、それでもファンタジーを現実世界に見せるに
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

とっても良かった!!!

異国のお祭り、というだけでちょっとわくわくするし、「ちょっとしたきっかけで日常から異世界に飛んでしまう話」がそもそも好きなので、存分に楽しめました。

一昨年大好きなおばあち
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

2.5

なんとなくアート系な作品と思って見始めたら、あら、なんか違うと気づいた。アート系どころか、撮り方はあんまりかっこよくない笑
それよりもなんだろうこの既視感は…と思ったら、少女漫画だ。ついこの間立ち読み
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

-

ねねねね、寝てしまった、、
序盤は面白いかも、と思ったけど
ただ眠かったのか、面白くなくなったのか…残念。

>|