花子さんの映画レビュー・感想・評価

花子

花子

コスパの鬼。since2017~

セブン(1995年製作の映画)

3.8

セブン、すべてが詰まった秀逸なタイトル。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.3

今観るとサイモン・ベイカーの拭いきれないジェーン感

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

血の繋がりなどまるで関係のない無償の母性は、湯を沸かすだけでなく涙腺の決壊をもぶっ壊した。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

1.0

深っちゃんがトマト食うシーンのやんごとなきパスコCM感

リメインダー 失われし記憶の破片(2016年製作の映画)

1.0

芝居してるトムくん(しかも血まみれ)が久しぶりに観れたのは良き…

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.2

茶目っ気たっぷりに引き戸を閉める濱田岳の表情が瞬間最高視聴率

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.7

邦画のマイベストキスシーン『人のセックスを笑うな』の忍成修吾×蒼井優に並んだ重岡大毅×小松菜奈のキスシーンだけは星五つ

フェンス(2016年製作の映画)

3.5

家族であるということの地獄。(GRIMMのハンク、突然の出世作)

歌声にのった少年(2015年製作の映画)

3.5

想像力の欠片もない単細胞だから、実話モノはシンプルに泣いてしまうのだが、この映画の感想はもっとシンプルに「「「「わたしも弟欲しい!!!!」」」」

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

3.3

「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」

原作のタイトルにどことなく桜庭一樹みを感じるので、日本や韓国でリメイクしたらもっと生々しくなるのではないか。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

2.5

もうちょっと…もうちょっと…ほんのあとちょっと…あとちょっと…

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

ライアン・レイノルズがライアン市場で株価急上昇

>|