yukiさんの映画レビュー・感想・評価

yuki

yuki

映画は人生の必需品です❣️
※フィルマークスまだマスターできていないので情報不完備です。。

映画(96)
ドラマ(0)

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

トランスフォーマー・シリーズは未見。
予告で見てから気になっていたのでIMAXで鑑賞。
バンブルビーの丸みを帯びたフォルム、愛くるしい仕種がとにかく可愛くて可愛くて。ベイマックスを思い出します。
ビー
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

記録用。
謎が残る映画はいつまでも忘れられない。
登場人物を把握できない混乱とスパイ映画特有の騙し騙され合戦に翻弄され、青いライトと赤いライトそれぞれに浮かび上がるシーンを回想。評価は高くないけれど個
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

記録用。
「だって死んでるもん」
飛行機
左→右への変化

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

記録用。
原作チョイスも監督もいいのに序章レベルの描写が残念‼️

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

記録用。
コールセンター勤務経験者にはダメ出ししたい対応の連発w

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

印象的なシーン。
・銃を撃つシーン。飛び散った血に吃驚し思わず不安が。
・終盤のウサギを踏み付けるシーン。それに気づいた女王の表情。その直後に服従させるも。

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いつまでも余韻に揺られている気がする。
どのシーンも魅力的だった。

最初、ヴィゴの太鼓腹を見るとは思わなかったーと軽くショックを受ける。

でも1番ショックだったのは、ドクの演奏には拍手喝采を送って
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ネイルサロンで何気なく観はじめたら、思わず引き込まれてしまった。
キャストもよかったし、おバカなだけのコメディかと思ったら、こころに触れてくるテーマがあった。
海獣たちも芸達者で可愛かった!

印象的
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

見た目は変えられなくても、見る目は変えられる

自分を変えるのは難しくて、自分を変えてくれるのは実は他者であることが圧倒的に多い。
オギーは静かな強さでいろんな人の心を掴むけれど、オギー本人も「外」に
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

原作のイメージにピッタリなキャストと、そうでないキャストが両極端な印象。
享楽的だけど閉塞感のある世界観はないかな。。

山田くんは原作から抜け出してきたようで美形だけど瞳が暗い。
るみちんは楽しげに
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

何度でもリピートしたくなる映画💖

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.0

もやもやした気分が妙に残った作品。

母親が母であるより女であり、少女のような儚さ、弱さを見せるのが堪りませんでした。

満足度は低いのに不思議と記憶には残るのも妙な映画です。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

予測不能、こちらの想像を遥か超える展開の連続ながら、決して奇を衒っているのではなく、絶妙な着地点で「赦し」を見せてくれます。

アカデミー脚本賞は取ったと思ったのに、そちらの予想も外れました💦

スト
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.5

思わず笑いだしたくなるほど、度肝を抜かれるアクションの連続に、この映像をスクリーンで堪能できただけで充分です。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.5

滂沱の涙が流れた作品。

自分の存在が娘を脅かすとわかってはいても成功を掴んだ娘の姿を見たいと足を運ばずにはいられない父親と、追求すれば逮捕につながるとわかってはいても父親が不幸なだけの人生を歩んだわ
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.5

生活力のない、ろくでもない父親。でも決して憎みきれるわけではない息子の心情。少数ながら、そんな父親に救われていたと語る他者のことば。丁寧に、冗漫になることなく描かれているのが滲みる作品でした。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.8

何時間でも感想を語り続けたいような、海で漂うように映像美の余韻に静かに耽りたいような、不思議な映画です。

コミュニケーションは「言葉」ではないこと、様々な「shape」がその本質を表現していること、
>>続きを読む

>|