ぽんさんの映画レビュー・感想・評価

ぽん

ぽん

2017/2〜

映画(65)
ドラマ(0)

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

最初の方はギャグっぽいとこもあって面白い。後半は本当に圧倒される。壮絶すぎる。兵士達のえ?今から?ここから?戦うの?っていう雰囲気、いきなり撃ち合いになる瞬間。こっからここが戦争ですよ、って線なんてな>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

-

途中で寝た。舞台みたいな演出、それなら舞台行くがなと思ってしまった。吉沢亮の衣装がうーん、、、コムアイと峯田さんはとてもよきでした。

キングスマン(2015年製作の映画)

-

起承転結、分かりやすい、以上!頭爆発するとこポップな感じだったけど普通にグロいだろうなと思った。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

普通に悪いことして普通に償って終わり。音楽分かればもうちょい楽しめたかな。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

-

それぞれの登場人物の背景が全然わからなくて?でした。村上虹郎のやり場のない怒り(?)みたいな表現がとてもよかった。

レオン(1994年製作の映画)

-

観よう観ようと思っててやっと観たー!最高。絶対また観る。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

話題だったから原作読んでから観ちゃったらまんますぎた。まっさらな状態で観たかったあ〜〜。松岡茉優のちょっとヤバいやつ感とか渡辺大知のあの残念な感じとかたまらん。

未来を花束にして(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

モードが公聴会で「もしかしたら 別の生き方があるのではないかと」って答えたとこ、自分の人生が生まれた時に決まってしまう様な時代だったことと未来への希望が凝縮されてたと思う。キャリー・マリガンの未来への>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

自分の国をつくりたかった理由が誰にも邪魔されずにピアノを弾きたかった、って…健気すぎて泣いた。テンポ良い、好き。

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

一回だけだと難すぃ。さすがノーラン。何回も観たい。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

終わってから震えが止まらなかった。もっと注目されるべき映画。

なのですが、え、そんな感じで暗殺失敗するん?と思ってしまった。そこがリアリティ。クライマックス、光が見えて…って演出はちょいとわざとらし
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

-

やっとこさ観た。時代を超える名作。文句なしに面白い。アメリかわいすぎか〜〜

復讐者に憐れみを(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

びっくりするほど誰も幸せになれないのな!!!

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

-

え、え、そこまでやっちゃだめでしょ、ってこっちがどきどきする。

シャイニング(1980年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

悪魔とかのキリスト教系、ゾンビとかのびっくり系、日本の正統派(?)、どのホラーとも違って人間が壊れていく感じが怖い。文化と時代を超えて怖んじゃないか。一歩間違えると顔がコメディ…憔悴しきった様子、演技>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

‪素人目にみても只者じゃないのが分かる。家族が自分の為に外国で出稼ぎしてるって相当なプレッシャーだったろうな。やっぱり大事なものを失うともうつくらないぞって思うのか、、目標が無いと人間がんばれないよね>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

-

‪スカヨハのサマンサは人間味、吹き替え(林原めぐみ)は機械味つよいイメージ。後者好き。「本」の例えは分かった様な分からない様な、、人間とOSは時間感覚?生きる世界?が違いすぎるから一緒に居られないって>>続きを読む

>|