あべさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

あべ

あべ

映画(487)
ドラマ(354)

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

4.0

エディマーフィのやり口が好き
ビバリーヒルズのお堅い刑事たちも憎めなくて好き
音楽も好き

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.8

さらっと気楽に観れるロードムービー
二人のかけあいに少年っぽさが感じられてかわいい
ていうか出てくるキャラクターがみんな何処かしらかわいい

来世で会おうは名台詞
二人の距離感を絶妙に表現している

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

3.4

世間が知り得ぬ情報を誰よりも早く取りに行くのってとても大変なことだけど
自分の得た情報を誰よりも早く真実だと信じることもとても勇気のいることだなあと。

小澤との登山シーンはあんまりいらなかったかなー
>>続きを読む

ばしゃ馬さんとビッグマウス(2013年製作の映画)

3.4

夢と向き合うこと、折り合いをつけること

夢追い人の麻生久美子と安田章大
そして何気に岡田義徳もキーパーソン
三者三様の自分の夢との付き合い方

夢を追い続けるより諦める方が難しいなんて
私にはとうて
>>続きを読む

ミッシング ID(2011年製作の映画)

3.1

うーん、個人的に恋愛要素いらなかった
列車のシーン、いやいやイチャこいてる場合かよと。笑

紙の月(2014年製作の映画)

4.0

主人公に共感できないし共感したくないんだけど…終始胸をえぐられる感じ。
観ててとても辛い…
いろいろ感じたけどうまく言葉にできないなあ

銀行とかで働くと金銭感覚狂いそう。
あと田辺誠一の無神経さにイ
>>続きを読む

ブロークン・フラワーズ(2005年製作の映画)

3.8

え?ここで終わり??ってなりました笑
でもこの終わり方が生み出す哀愁気に入りました
あとタイトルも好き。ブロークンフラワーズ

過去に囚われず現在を生きましょう
この映画から学んだことは
大概の女性は
>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.6

むかし十二人の怒れる男を舞台で見てすごくおもしろかったのを覚えてます

これはこれでおもしろかった
「優しい」「日本人」
なるほどね
細かな言動からそれぞれのキャラが浮き彫りになっておもしろかった
>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.5

最初の畑のシーンは何回見ても胸痛いな…
でも全体的には思ってたよりは感動しなかったかも
黒人差別の歴史の勉強になったかんじです
オバマ大統領の誕生は当時わたしが感じていたよりずっとずっとすごい出来事だ
>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

3.9

とっても詩的な映画。

天使の視点で見た人間界には色がないのですね
そして天使っておじさんが多いのですね
あんなに沢山の人間の感情が次々と聞こえてきたら
私だったら疲れちゃいそうですが
一人一人にそっ
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

4.0

あんまり評価は高くないようですが私はとても好きなんですこれ
私が原作を読んだことないゆえでしょうか

能年ちゃんも登坂くんもすごいよかったな~
二人の表情から目離せなかったっす
あと空と海の美しさ、尾
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.8

ヒロインが超超めんどくさすぎる女だなと冷めた目で観ていたのだけれど
タクシーでのポールの台詞がすごい刺さって
程度の差はあれど私にもこのヒロインと似通った部分があるかもしれないと思ったら
この映画が好
>>続きを読む

半落ち(2003年製作の映画)

3.4

寺尾氏はほんとに顔が切ないなあ
空白の二日間の真相に迫る姿に、各立場の登場人物の人間性がよく映し出されていて面白かった
ベテラン役者陣の表現力すばらしい
最終的にいい話だなあとは思ったけど正直泣くまで
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.5

修道院が舞台だってのは知ってたけど
こういう経緯だったんだ
ゴスペルやりたくなるね~
歌もいいし歌ってるときのみんなの表情が生き生きしてて素敵

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.4

原作は未読です
さやかの気持ちが痛いほどわかって
交番のシーンは思わず泣いてしまった…
樹みたいに何も言わずにいなくなる男ってほんとやだし
別にいなくなる必要なかったと思うのだが…
出会いから同居のき
>>続きを読む

すべては君に逢えたから(2013年製作の映画)

3.1

玉木宏×高梨臨のエピソードがわたしは一番好き
ああ…出会いがほしい…

ていうかアタックって死語なの?笑
普通に使うんだけど

守ってあげたいはJUJUのやつしか聴いたことなかったけど
ゆずversi
>>続きを読む

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

4.5

とてもよかったー!!
海賊たちのロックンロールな日常。
洋ロック全然詳しくないけど最初からエンドロールまでとにかく音楽愛に溢れてて胸熱。
船上を飛び交うちょっとお下品な言葉の数々もご愛嬌。
最後はめっ
>>続きを読む

ヒット・パレード(1948年製作の映画)

4.4

これスゲー面白い!!
って思ったら脚本ビリーワイルダーだった!!
どおりで!!
もともと音楽好きなので数々の演奏シーンにとてもわくわく
音楽っていいね🎵
インテリ音楽教授たちがピュアでとっても可愛かっ
>>続きを読む

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946年製作の映画)

3.3

良くも悪くも大事なチャンスは2度あるということでしょうか?
タイトルの意味を意識しながらもう1回見ると新たな気付きがあるかもしれない

ハイスクール・ミュージカル2 プレミアム・エディション(2007年製作の映画)

3.1

うーんあんまり面白くはない…笑
青春キラキラ感も1でお腹一杯でしたわ
でも大勢でのパフォーマンスは相変わらずとてもよかったよ、楽しそうで。
あと夏休み開始の曲、これだけなぜか知ってた。
とりあえず彼ら
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.6

ダブルフェイスがとても大好きなんだけどこれが元ネタなのか!
んー個人的にはダブルフェイスのほうが好きかな
でもこれ三部作らしいので全部見ればまた感想変わるかな?
ディパーテッドも気になっている

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

3.4

ディズニーらしい明るくてわかりやすいミュージカル
都合よすぎ感は否めないけど最後の全員ダンスはよかった

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

この子役すごいなって思った

傷ついた子どもがそれを乗り越えるために、周りの大人の寄り添い方は一通りじゃなくて、お母さんの寄り添い方は彼に対する理解と愛を感じられました。

見終わったあと、絵とブラン
>>続きを読む

東ベルリンから来た女(2012年製作の映画)

3.6

東ドイツの監視社会の厳しさが静かにひしひしと伝わってきます
自転車こぐ姿がとても絵になるニーナ・ホス
最後の彼女の表情には強い意志が感じられて印象的だった
…けど、私はあの女の子の行く末が心配

わたし出すわ(2009年製作の映画)

3.0

もう少しコメディ調なのかと思ってたら違った
んー……
落としどころがよくわからなかった

とりあえずお金に目が繰らんで人生狂っちゃったのは男より女の方だった、あくまでこの映画では

北川景子がチョイ役
>>続きを読む

ネバーランド(2004年製作の映画)

4.0

最初空想感強くてどうかなって思ったけどとても素敵な映画でした
観てていろんな感情が生まれた。
ピーターパンのストーリー実は私あまりよくわからないので
ちゃんと観てみたいなと思った

ただ、心温まるお話
>>続きを読む

アンナと王様(1999年製作の映画)

-

王様が劇団ひとりにそっくり。石黒賢もちょっと混じってるかな
後半寝落ちしてしまったのでいつかまた挑戦することとします

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.9

怖かった…。ヒイッヒイッて言いながら観てた。笑
博士と主人公の奇妙な関係性が面白かった。
タイトルはそういう意味なのね。

ジョディ・フォスターは本当に美しい顔立ち

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

4.0

とりあえず菅野美穂が可愛すぎた。
江口洋介基本苦手なんだけど、これはよかった。

あああ観てて辛かった。でも好きこういうの。
恋をすると、女は皆どこかおかしくなっちゃうね。

この町は残りかすばっかり
>>続きを読む

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.5

妻をこよなく愛するおじいちゃんが、妻のいなくなった人生を歩みだそうとするお話。
おじいちゃん、素直じゃないし不器用だしぶっきらぼうなんだけど、私にはとてもかわいく思えて、歌の先生がおじいちゃんのこと放
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.7

冒頭すごいくだらないって思ったけど進んでいくうちにそのくだらなさがクセになる!
笑えるし最後はホロリで、ああ高校生っていいなあって思いました

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.8

泣けるホラー。
怖いか怖くないかって言ったら怖くはないけど
とても良く出来てると思います
何回見ても感じるものがある

ニック・オブ・タイム(1995年製作の映画)

2.8

なんだこりゃ。
自分等でやった方が手っ取り早いじゃんか…