ありりさんの映画レビュー・感想・評価

ありり

ありり

星の子(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

先生がちーちゃんにブチギレるところから友達がなぐさめるくだりめっちゃすき
ナベちゃんとその彼氏みたいな友達がいるのいいな。お父さんもお母さんもちーちゃんの為に宗教に救いを求めるしかなかったというのが切
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前評判のせいもあって途中で展開が読めちゃった。警察があまりにも無能アンド無能だから胸糞悪いのは確か。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

IQ−5000だから「知ってる曲ばっかりでたのち〜☺️❣️」ってなった

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ウゲ〜ッ情緒がグチャグチャになってしまった。
永遠なんてないしずっと同じ気持ちでいられないんだよなあというのを改めて感じてしまった…恋愛だけじゃなくて人生においてのあれやこれとかぐるぐる考えちゃった。
>>続きを読む

映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日(2020年製作の映画)

-

コロナ禍だったので今回は子供達の声援を聞きながら観ることが出来なかった まさかミラクルライトを振ることすら許されないとは…
映画はルールーがUberEATSみたいなリュック背負ってた記憶しかない

望み(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

息子が必死にかばって殺されたお友達が一番の元凶だったの胸糞わる…

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ラストの未麻りんとルミちゃんの身体能力と生命力の高さにちょっと笑えてきてしまったが、現実と虚構が段々わからなくなってくくだりはかなりすき。不穏な音楽もよかった。声の高い米津玄師がいる。

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

まずは無事に公開されてよかった〜と感極まってしまい序盤で泣いた。
ぶりぶりざえもんが消えるところから復活する一連の流れがブタのヒヅメを思い出して熱くなった!憎たらしいけど愛されてるキャラクターだなー
>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

怖さとか嫌な気分になる演出は良かったけど、色々粗があるのが気になってしまった〜人気俳優なのに家のセキュリティガバガバすぎでは?親友、あんなやべ〜アプリ主人公に教えたらどうなるかわかってるじゃん?ピュア>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

-

ピンフリちゃん目当てで観たら想像してた話とかなり違くて泣いちゃった。おっこの運命過酷過ぎない?人生二週目なのかな…?やるせなさがすごかった。ピンフリ姉妹がとてもかわいいです。

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録(1999年製作の映画)

-

最近TV版一気に観てよくわかんなかったから劇場版観ればわかるのかな?と思ったら更によくわかんなかった。でも嫌いじゃない。ベッドのシーツがサナギになって蝶になるメタファーが印象的。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

-

お金持ちのママが色んな服を着ているのが見ていてたのしかった。スーツ姿かっこよすぎる。主人公は中々したたか。

七つの会議(2018年製作の映画)

-

正義なのか悪なのかよくわからない野村萬斎の演技がよかった

ひとよ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

色んな感情を揺さぶられて久々にあ〜すきだ〜!!と思う映画だったけど、突然出てくる千鳥の大悟に一番感情を揺さぶられて思わず噴いてしまった。正直ミスキャストだと思う。デラべっぴんを万引きする一連の流れがと>>続きを読む

芸人交換日記(2011年製作の映画)

-

フジファブリックの「若者のすべて」、この舞台で知ったなあ。いい曲だなあ。最後の花火に今年もなったなあ。

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

おばあちゃんの言葉の一つ一つが丁寧で、説教くさくなくて、じわじわ心に染み込んでいく感じがよかった。
中学生のまいにはわからないことも多くあっただろうけど大人になるにつれておばあちゃんが言ってたことが少
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

幸せとは?家族とは?普通とは?????????????
「僕の家じゃない」って必死に訴えるのとラストの夜道を歩くマルコが本当に切ない。ハッピーエンドじゃないじゃないか…

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

-

うあああこれ、主人公達が中学生だったらゲラゲラ笑えたんだけどな。小学生にしては下ネタがエグすぎると思ったけど実際はこんなもんなのかな…最終的に自分のかわいいかわいい甥っ子がこんなことを知っていくの嫌だ>>続きを読む

二つの窓(2016年製作の映画)

-

隣人をのぞく時、隣人もまたこちらをのぞいているんだなぁ

家族ゲーム(1983年製作の映画)

-

最後の晩餐シーン、今じゃ絶対出来ないんだろうなあ〜どんどんブチ壊していくの笑える。自分はあくまで家族に向き合ってるつもりっぽいお母さんが1番残酷に見えた。旦那が目玉焼きチューチューする癖あるの知らない>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「そこのみにて光輝く」と同じく、どん底の中の希望の描き方が素晴らしかった。

うだつが上がらない新米教師と言うことを聞かない生徒、認知症のおばあちゃんと自閉症の男の子、娘を虐待をしている母と虐待をされ
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

-

どん底の中のわずかな希望。薄暗い食堂で3人で将来の展望を話すシーンが1番光り輝いて見えた。拓児、カレー美味そうに食べるな。菅田将暉はこういう人懐っこい無邪気な役がとても合う。池脇千鶴の幸薄具合も良い。

スーパーサイズ・ミー: ホーリーチキン !(2017年製作の映画)

-

前作よりも痛烈に皮肉がきいていて面白かった〜監督、行動力の化身かよ。大衆がいかにそれっぽい言葉に扇動されているかがよくわかったし自分もそうなんだろうなー

あとアマプラの字幕が見づらい……

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

-

沖田監督らしいゆるくてクスッと笑えるハートフルコメディ。
余命幾ばくもない矢沢ファンの父親に、全然似てない矢沢のフリして対面するシーンが笑えるけど泣けるなぁ。前田敦子ともたいまさこも本当の友達みたいで
>>続きを読む

も〜っと!おジャ魔女どれみ/カエル石のひみつ(2001年製作の映画)

-

楽しい夏休みだけどなんかちょっと物悲しくて不思議な感じが表現されているのはよかった。子供の頃観てたらちょっとトラウマになりそうな演出も良い。
だけどあいちゃんの両親絡みの話を映画でまでやらんでも…って
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

-

害虫から見た人間てこんな感じなのかな。伊藤潤二の漫画みたいな世界観。

オペラシアター魚座(2018年製作の映画)

-

おさかなの質感に見入ってる内に終わるからストーリーが全然入ってこなくてもう1回観るのを何度か繰り返してしまった…なんかクセになるな。指揮者がリュウグウノツカイみたい。

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

-

パステル調のピンクとパープルでメルヘンに画が構成されているのとは裏腹にストーリーが重いので段々その画も毒々しく見えてくる。「健常者」って一体なんなんだろうね

美味しい美女(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

えっ……めっちゃすき…色彩鮮やかで何もかもがかわいい〜〜〜虫や血しぶきですらもポップでかわいい。すきな人に触れられて泣いてしまうカニバリズム主人公のピュアさにぐっとくるな。どうとでも取れる終わり方もす>>続きを読む

ダム・キーパー(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

油絵みたいなタッチがかわいい。
最後にいじめてた奴らがブタさんを認めるぬる〜いオチでなくてよかったな。わかってくれる人に出会えただけでいいんだ。

映画 おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

♯の40話の序盤、なんか展開が唐突だなーって思ったらこれが前日譚なのね。♯はどれみがお姉ちゃんとしても成長していくところがすきなのでよかった。 30分しか無いのでやや尺足りない感もあったけどテンポよく>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あ〜〜〜大竹しのぶこういう役似合うな〜〜〜こわいな〜こわいな〜こわ〜〜えっこわ……………なんか乳でかいな…異様にでけえ……大竹しのぶってこんな乳でかかったんだ……へぇ……こわ………こわ無理………もう無>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最後、はるちゃんに「おとうさん」と呼ばれた時のはち切れそうな多田の表情最高〜〜〜〜〜〜〜〜フワフワして掴みどころのない行天の感情が実子との対面によりグチャグチャ揺さぶられているので最高〜〜〜〜〜〜〜〜>>続きを読む

>|