AKIRAさんの映画レビュー・感想・評価

AKIRA

AKIRA

映画(514)
ドラマ(12)

アリス(1988年製作の映画)

-

心が宿った模型のウサギについていくアリス。摩訶不思議な出来事の連続に遭遇する。
ありとあらゆる不思議なキャラが木屑で出来ているのが面白い。
お茶会の席を変え続ける帽子屋がミステリアスだった。

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

-

元海軍のハイドリヒは妻の勧めでナチスに入党。出世していく。一方、彼を暗殺すべく行動する男達がいた。
戦争映画を観るたびに、まだ80年程しか経っていない事に驚かされる。思潮は移ろうものだなと思う。

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

-

テレビの調子が悪かった為にケーブル屋を頼んだ。すると、そこから派遣された風変わりな男に友達になってほしいと、しつこく迫られる事になる。
「各家庭でテレビと電話とパソコンが一体化」「ベトナムの友達とテレ
>>続きを読む

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

-

連合赤軍のメンバーが、あさま山荘に人質を盾に、立てこもった。死傷者を出さずに事件を解決する為に、東京から派遣された警察庁の男が奔走する。
警察庁と長野県警の対立や、次々と起こるトラブル。首尾よく一致団
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

-

ゴッサムシティは平和な街となりつつありバットマンは引退していた。しかし、ベインというゴッサムシティの壊滅を目論む地下組織の出現により、バットマンは復帰せざるを得なくなる。
1作目からの繋がりも随所に見
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

-

近未来では、犯罪を予知できるシステムが考案されていた。ある日、警察の男は自分が殺人事件の加害者だと予知され、身の潔白の証明を兼ねた逃亡生活に入る。
網膜スキャンが凄まじい世界線だ。プライバシーも何もな
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

-

警察学校を卒業し、警察になる予定の女性が交通事故に遭い盲目となった。ある日、家までの帰り道に不審な車を見つける。その車から少女の声がした。聴覚を駆使して誘拐事件だと勘付き、警察に連絡をする。誘拐事件の>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

-

人類と人工知能の最終決戦が始まった。人類の村を守る為に兵士が駆り出される。ネオとトリニティは独自に、人工知能を指揮する者のいるマシンシティーに向かう。
大軍であるセンチネルの動きが、絶妙な気持ち悪さを
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

-

ネオは進化を遂げ、自由自在にマトリックスの中で能力を発揮できるようになっていた。
一方、人工知能に対し闘う人類は最終決戦が近い事を悟る。
前作よりパワーアップしたアクションが楽しめた。
主要人物が語る
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

-

プログラマーの男は、現実世界が実はプログラムされた仮想現実だという事を知る。その世界は人工知能に支配された空間であり、昔に人類と意識を持つ人工知能による戦いがあったのだった。
(ターミネーターもそうだ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

-

前作でタイムワープしていた女は、その原因を突き止める。ある事件が発生し、また女はタイムワープする羽目に。しかし今回のタイムワープでは別の世界線へと飛ぶ事になる。
前作では1度も行かなかった別の世界線に
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

-

床屋の男と国の独裁者は、同じ顔かたちをしていた。全体主義体制の国の下、人々は国家権力に怯えながら暮らしていた。
コメディ要素がふんだんに盛り込まれていた。思わずチャップリン達の不思議な動きにクスッとし
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

-

警官の黒人男性とユダヤ人男性の協力体制でKKKを潜入操作し、彼らが黒人を襲う為の爆弾を入手している事を突き止める。
人種差別に馴染みがない日本に住んでいたら、実感を伴う感覚は分からないテーマではある。
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

-

昔に一世を風靡した俳優が、かねてからの夢であったブロードウェイの舞台に挑戦する。不安から過去の栄光に取り憑かれる時もあり、幻覚を見る様になる。
新たな挑戦という不安な心に加えて、様々なストレスから過去
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

-

Filmarksを始めて、ついに500本目です!!
2年足らずで500本鑑賞できました!

寄せ集めの強盗グループによる強盗計画は失敗した。警察が待ち伏せしていたからだ。グループの内に警察への内通者が
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

-

高校教師の男はサイコパスだった。問題解決の為なら殺人も厭わない。ある夜、クラスの全員を殺害せねば解決しない問題が起きてしまう。
スイッチが入った時の蓮実教師の顔が絶妙な無表情で恐ろしい。後半にかけて話
>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

-

セックスフレンドの2人は体の関係を続けてるうちに、相手に愛情を感じ始める。
ナタリーポートマンが美しい。
男の父のセリフである「惚れる相手は選べない。いつでも恋は想定外だ。」が印象的だった。

アス(2019年製作の映画)

-

バカンスに訪れた家族が同じ姿をした家族に襲われる。家族の母は少女の時に自分と同じ姿をした人物に遭遇した事があり、その事が何か関係しているのではないかと考える。
不気味で何だか掴み所の無い分からなさがジ
>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

-

事故がきっかけで自分の殻に閉じこもった少女の心を開かせる為に、少年は積極的に関わろうとする。それは少年自身が複雑な心を持つ故に、少女の心に通じるものがあったからだった。
彼女と楽しい瞬間を過ごす時もあ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

-

イーサンから孫のCJを守るという指令を受けたベイリー。生まれ変わってもCJの側に懸命にいようとする。
やはり犬は素敵ですね。犬は人の孤独や心の傷を埋めてくれるという主題も好き。
特にヨークシャテリアの
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

-

ギャンブルで学校内の序列が決まる高校。生徒代表を選ぶ際も全校生徒強制参加のギャンブルが行われた。
浜辺美波が美しすぎる。
蛇喰夢子は、面白いかつまらないか、で選択する人なのかな。ギャンブラーの鑑だわ笑

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

-

老人ホームに入居する男が自分の半生を回想する。彼は戦争を経験したのちドライバーの運転手となり、その後、家族を蔑ろにしてマフィアや権力者の元で働いた男だった。
マフィアの世界は恐ろしい。人物が登場する度
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

-

アルツハイマーの治療薬を開発する為にサメを用いて実験を行なっていた海上施設が、暴風雨の影響で海に沈む。サメ達が施設内にいた人達を襲う。
パニックシーンの連続だ。製薬会社社長が襲われるところが驚いた。
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

薬物依存やセックスに溺れる若者達の日常だ。
生々しく非日常体験を味わえた。創作物ならではだ。
辞めたいと思っても、「これで最後」と思ってしまう部分は、薬物でなくても共通の事で笑った。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

-

父親を黒人に殺された要因で、白人至上主義運動のグループに入会した男。殺人事件を起こし逮捕される。出所後に、家族が会うと、男の思想は変化していた。
「怒り」について語られる部分が印象的だ。
また、人の思
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

-

警察が容認する自警団の役割を果たしていたバットマン。街では、快楽のみを行動原理とし、既存の共同幻想を打ち壊し混沌を求め殺人を犯すジョーカーが現れた。
人間の本性を問うかのような、小難しい言い回しをする
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

-

世界は汚染されて隔離生活を余儀なくされた人類。唯一の望みはアイランドという汚染されていない土地に行く事だった。それには無作為の抽選に選ばれる必要があった。ある男は世界は本当に汚染されているのかという疑>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

バーにて、ロックスターの男は流しで歌う女性に一目惚れする。2人は付き合う事に。女性には歌と作曲に才能があり、男とのデュエットソングは大ヒットし、女性は一躍スターに。しかし、かねてからの男のアルコールや>>続きを読む

未知との遭遇(1977年製作の映画)

-

停電が発生した。光を放つUFOが原因らしい。電力会社で働く男はその光を見てから、何かに取り憑かれたようになる。なぜかワイオミング州の山の幻覚を見る様になった。
意識を持つ人間の存在自体が摩訶不思議なの
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

-

第二次世界大戦後、ナチスが埋めた地雷除去にドイツ少年兵捕虜が駆り出された。元兵士であり専門家ではない彼らにとっては命がけの強制労働だった。
軍曹は情が出てきた後も感情的になったりと精神が不安定だ。戦後
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

-

天気の研究をする為に、空の観測に向けて、気球で高度1万メートルまで行こうとする科学者と気球の運転を行う女性が、上空に行く過程で、落雷や寒冷など困難にあう。
今でこそ天気予報があるが、映画の脚色はあるだ
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

-

何事にも否定的で内向的な男が、自己啓発セミナーに影響を受けて、全ての依頼にYESと答えるようになった。すると、新たな出会いや希望があった。
内容は新しい経験をしようといったテーマのみで中身は少なく、Y
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

-

幼少期より才能のあったピアノとロックとの出会いから、売れっ子となったエルトンジョン。成功とは裏腹に薬物中毒や性生活、家庭問題など様々に問題を抱えていた。エルトンは愛情を求めていた。
やはり良いエルトン
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

-

春秋戦国時代、少年は武勲を上げて、天下の大将軍になる事を夢見る。秦国では、国王の弟の反乱による内戦が勃発した。逃げ落ちた国王は少年と出会い、共に反乱軍を倒す事を目指す。
橋本環奈と長澤まさみがかわえぇ
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

-

少女は古い車を見つけた。その車は地球を守る為に宇宙から来た生命体であった。
バンブルビーと少女のシーンはペットと飼い主のようだった😂

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

ある大富豪が死んだ。私立探偵の男は、大富豪の家族達を事情聴取する。その家に通っていた看護師に目をつける。
予想を裏切る内容でおもしろかった。
お金が全てじゃないとは言い切れないけれど、少なくともお金へ
>>続きを読む

>|