ただのサックンさんの映画レビュー・感想・評価

ただのサックン

ただのサックン

ゴースト・ハンターズ(1986年製作の映画)

2.9

前から気になってたやつがディズニープラスにあったので。

テレ東午後ロー感を出すため吹替で視聴。

白い服着た軍団と死の軍団と嵐の3人とローパンが一度に出しくる雑な感じ好き。

ごちゃごちゃしてるけど
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.0

ホラーなのかと思ったけどSFみたいな感じ。

化け物の形が斬新でした。

クラゲみたいな。

映像美のインパクトは凄く頭に残ったけど内容はまあまあでした。

ジョーダンピールの作品は初見だったので他の
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

3.0

10代の頃のなんて事ない1日みたいな感じ。

無駄にたむろして朝帰るみたいな。

街に行けば誰かしらいた10代の頃が懐かしい。

なんで夜中ってあんなにワクワクするんだろ。


内容は特にない。

>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

1.8

設定が飛びすぎていて頭が追いつかなかった。

昔のB級ホラーみたいに20年後ぐらいに理解できるのかな?

痛々しい描写は凄かった。

みててお腹痛くなりそうになったw


なんで途中から消防士の息子に
>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

2.9

映像がやはり斬新でした。

というか大林監督だなぁって感じ。

序盤は展開が早いけど中盤辺りからなんとなく理解できるようになった。

感覚的にはフレンチディスパッチみたいな感じ。

けどこちらは邦画な
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.0

序盤はザ・イタリアンマフィアみたいな感じで後半は運び屋みたいな話。

歳と共に衰退していくヤクザの感じ。

展開があまりなくて少し眠くなったけど、何年後かにまた観る気がする。

キャストが全員好きなの
>>続きを読む

ナイトメア・アリー(2021年製作の映画)

2.6

この監督のパンズラビリンス、スケアストーリーズのイメージがあったので期待してみたら違うパターンでした。

キャストと監督のネームバリューが無かったら最後までみれた自信はないかも...

長かった。

半径1メートルの君(2021年製作の映画)

2.8

倉科カナと徳井さんの話がよかった。

3分しか話せないことで思いの丈が爆発してた。

3分で自分は何を話すのだろう?と感情移入してしまいました。

倉科さんはやっぱり演技上手いな。


上田監督のは上
>>続きを読む

いとこのビニー(1992年製作の映画)

3.4

こんなすれ違いコントみたいな感じで捕まるのか?とも思うけど意外と事件ってこんな感じなのかなと。

蛇口を閉めたか閉めてないかで長々と口論するのおもしろい。

泊まるモーテルが全てうるさいw

ビニーと
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

2.8

なんでウォーターベッド売ってたんだろうと思いながら見てたけど、中盤ぐらいから2人はビジネスパートナーなんだなというのがわかった。

2人で企業しようとしてたのか。

なんかいまいちでした。

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.1

クローネンバーグ視聴3作目。


ハエ男が襲ってくる〜みたいな話ではなかった。

中々グロテスクだった。

この作品のCMを幼少期にやってたのを覚えているが、本編見てなくてよかった。

ちょっとしたト
>>続きを読む

スーパーマリオ/魔界帝国の女神(1993年製作の映画)

3.4

当時はスーパーマリオのイメージが強すぎて批判されてたんだろうけど今観るとそんなに悪くない。

スーパーマリオを使ったオリジナルの世界観。

無理にマリオに寄せてないのがいいと思う。

こういう世紀末感
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

2.9

リングのプロトタイプって感じ。

何かありそうでなかったりとかうっすらなにか映ったりとかホラーの演出は最先端だったんだろうと思う。

そう考えるとやはりリングが完全版的な感じ。

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.0

地球の真ん中に行ってみよう!みたいな映画。

物理的に人があんなところに行くことは無理なんだろうなとは思うけど、そこは映画でありロマンである。

何も考えず楽しめた。

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(2022年製作の映画)

2.8

連邦のとある出来事。

ドアンの身体能力がチート級。

最後は森口博子の歌で締める。

相変わらず綺麗な歌声でした。

ガンダム世代のおじさんもその子供達もどちらも楽しめる作品なんじゃないかな。

牛首村(2022年製作の映画)

3.4

村シリーズ3作目。

なんだかんだ全部観てる。


演出が怖かった。

特に前半の日常部分。

部屋に人がいるのと目つき悪い客不気味だった。

清水監督は新しい演出を常に研究してるんだろうな。


>>続きを読む

未来のあたし(2018年製作の映画)

2.5

織田奈那のデビュー作

未来のあたす

4年の時を経てようやく観れた。

初々しさと不器用な感じがキュンとした。

そして櫻井さんの演技が更に際立って上手くみえたw(元々女優の中でも上手いと思っている
>>続きを読む

悪魔の沼(1976年製作の映画)

2.8

悪魔のいけにえもそうだけど今作も狂った人が出てくる。

宿主もそうだが子供の父親もなんか変。

とある事件みたいな感じで怖かった。

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争(2021年製作の映画)

3.4

シーズン1の続きかと思ったら総集編でした。

でもうまくまとまってた。

とにかく早くシーズン2が見たい。

欲望の翼(1990年製作の映画)

2.8

花様年華の流れで観たんだけどこちらはよくわからなかった。

相変わらずじめじめした雰囲気でそこは好き。

最後のトニーレオンはどう繋がってたんだろ?

花様年華(2000年製作の映画)

3.7

話はシンプル。

時間たっぷりに2人の心情をずーっと描いている。

ただその不思議な関係性と行動に見入ってしまった。

香港ならではの音楽と映像美もとても素敵でした。

後トニーレオンとチャイナドレス
>>続きを読む

スターダスト・メモリー(1980年製作の映画)

2.3

ウッディアレン好きなんだけどこれはあまり好みじゃなかった。

それぞれ人物像がよくわからなかった。

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

2.8

林遣都と小松菜奈を見る。

この2人凄く好き。

虫が云々よくわからなかった。

ピザ食べれる様になって良かった。

林遣都は普通の人がとてもうまい。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.5

ゲストが凄い豪華。

アレサフランクリンが動いてるの初めて見たかも。

カースタントやらエキストラやら豪快な演出で製作費相当かかったんだろうな。

ファッションや文化が土地土地で違うのがみてて参考にな
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

行き当たりばったりで進んでく感じが凄いリアルだった。

偶然みたいな話。

その偶然感が生々しい。


森田剛の目が怖い。

警官の刺し方めっちゃ怖かった。

ムロツヨシはただの変わった人だった。
>>続きを読む

ヒュービーのハロウィーン(2020年製作の映画)

2.8

ザ・アメリカンコメディ。

ワクチン副反応中の私にはちょうどよかった。

スティーブブシェミさんお元気そうでよかった。

水筒どうなってるんだろ?w

生きる(1952年製作の映画)

3.8

志村喬さんの演技が凄い。

喋らなくても表情だけで心情が伝わってくる。

黒澤監督の演技指導のおかげもあるのだろう。


部下の女の子がかわいい。

この時代にもああいうキュートな女性はいたんだな。
>>続きを読む

>|