adagietteさんの映画レビュー・感想・評価

adagiette

adagiette

2018年はずいぶんとアジアもの比率が高かったので、その中からベスト・ムービーを設定してみました。
感覚的な筋追い型。 画面の処理の仕方や構造などにはめっきり弱く、そのへんの説明を楽しく読ませてもらってます。 評価もだいぶ戸惑い気味。 戸惑った挙句の無評価多しです。

映画(101)
ドラマ(4)

映画 刀剣乱舞(2018年製作の映画)

4.0

正直、刀剣ブームはヨコから見るだけ、ゲームもミュージカルも別世界。映画もやってることすら知らなかったのだけれど、タイムラインに湧き上がる高評価、好奇心を抑えきれずはるばる日比谷まで観に行ってしまった!>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

-

dTV@twitter の無料配信

意味わからんww
みんな あほだし w
永瀬正敏の猿だけがまっとうなの?? 
それもよくわから〜んw

紅一点 北川景子 こわかった〜〜www

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

前作を DVDで観て終わりそうになっていたところ、ムービーウォッチメン評に目を開かされて、2へ直行〜 
  https://filmarks.com/movies/60826/reviews/6083
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.0

う〜ん、困った ....... 
これ、次世代ロッキーであり、たとえば歌舞伎みたいに、先代に劣らぬ出来栄え!的な喜びを多分に内包している作品、らしい。
観てないんよね、ロッキー。
スタローン作品、まっ
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

10年前の作品だが、設定は1962年らしい。
コリン・ファースが 恋人を失った同性愛者を演じているのだけれど、お話はおいといて、とにかく彼にスーツ着せちゃだめだ w
キマリすぎてて、フツーの男性がス
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

5.0

エリオットとE.T. の絆、クライマックスの映像の美しさ ----- 今見ても、満月に飛ぶママチャリは 素敵だと思う ----- 可愛い可愛いドリュゥ・バリモアの思い切った演技、が この作品のなによ>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.5

2019 GG が発表になり、クーパーはまたも無冠。残念。
そのクーパーが はじめて Oscar 助演男優賞候補になったのが この作品。
2017年3月にDVDで観てたのを転載。
=======
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

ファッションや建造物、登場人物の設定・名前なんかが面白いのでそこそこ楽しく観た。
大々的に宣伝されてたダンブルドアは期待を裏切らなかったし、伝説の魔法使いも登場する。 Tycho Dodonus は
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.5

ガガさまが映画やる、と聞いてからずっと楽しみにしてた作品。
いやもう、ガガさまの歌は期待以上〜🎶
そして、ブラドリー・クーパー、恐れ入りました、ホント。
ハリウッド俳優が英人だらけの中で、この人は負け
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

伝記モノ・ミュージシャン編つながりで これは2016年11月
======================
My Funny Valentine は知ってるけど、チェット・ベイカー知らなかったなぁ
>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.0

2016年9月に観てた。
これよかったな〜
当時の感想文(笑)
==================
話は 1963年11月の映像から始まる。
生まれてないよ ....歴史映画領域。
彼らがはじめ
>>続きを読む

シネマ歌舞伎 め組の喧嘩(2017年製作の映画)

-

お供で鑑賞。
昭和平成と歌舞伎界をしょって立った人気役者、十八世勘三郎の遺作、 なのかな?
め組の喧嘩 というのは、1805年3月に起きた鳶職(火消し)と力士の喧嘩沙汰が題材だそうで、たかが喧嘩にもか
>>続きを読む

バルカン超特急(1938年製作の映画)

4.0

能書きも読まずに図書館で借りてきた。
始まってみたら、ヨレヨレ白黒じゃないですか。
挫折するやつかな〜〜と思ったら、冒頭の 電車が予定通りに出発しなくて イライラしている英国紳士の会話が面白くて(笑)
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.5

2018年のアジア大ヒット作、というので楽しみにしてたんだけど、近所ではあっという間に終わっちゃって、しょうがないから新宿に出撃。
実際にあった集団カンニング(韓国かと思ってたけど中国らしい)をモデル
>>続きを読む

METライブビューイング2018-19 サン=サーンス「サムソンとデリラ」(2018年製作の映画)

4.5

毎度思うけれどプリマドンナってのはつくづくスゴイ。
舞台映え&映像映えするよう ヘンテコな体勢でクネクネと相手を誘惑し相方にあちこち触られつつ、ときおり顔のどアップを抜かれつつ、母語でも英語でもない
>>続きを読む

ポルトの恋人たち〜時の記憶(2017年製作の映画)

3.0

バッド・ジーニアスを見るつもりで新宿行ったら 14時の回が sold out
うそぉ ...... orz  やっぱり都会ですね。
次の予定まで中途半端な時間を埋めるべく、何の予備知識もなくこ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

Queen というよりも ”フレディ・マーキュリー物語”ですね、これ。
リアルタイムで Queen を聴いた世代には っんん?という箇所は多いと思う。
それでも、フレディ役の Remi Malek
>>続きを読む

ウェディング・バンケット(1993年製作の映画)

4.0

なんとな〜く借りて観た。
結婚式異文化モノ、今年話題の  Crazy Rich Asians と重なる部分もあるが、、在米台湾人の偽装結婚=ゲイ&グリーンカード絡み。
これ 1993年の作品なんです
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

4.0

現代版 辛口に振った ”芝浜”
高橋一生と 佐藤健は 大学落研の二大スターだったという設定で、ふたりの落語シーンもある。
かなり変わりもんの一生くん演じる九十九と、真面目でフツーな健くん演じる一男は不
>>続きを読む

FOUJITA(2015年製作の映画)

-

都美での藤田嗣治展が思いの外よかったので、見てみた。
映画館で観れば、美しい映像に浸れたかな .......

ストーリー性はあまりなく、イメージ映像を継いでような作品でした。

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

ソウル五輪の前の年『タクシー運転手』で描かれた光州事件の7年後。
韓国で民主化運動に火がついたその経緯を描いている。
金日成に家族を皆殺しにされた脱北者が、南で公安の職を得て過激なアカ狩り部隊を編成し
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

原題は Crazy Rich Asians 中国系カネもってるぜぃ yeahhh ! って感じ?  オール・アジア系キャスト( 93年の Joy Luck Club 以来) で全米ヒットという触>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

原題は L'insulte
レバノン(というよりベイルート地域?)はフランス統治下にあった歴史があるんですね。ともかく、英語だと The Insult "侮辱”

日常の些細な揉め事。
>>続きを読む

METライブビューイング2017-18 ベッリーニ「ノルマ」(2017年製作の映画)

4.0

ああ、寝てもうた ....... 照明が暗い演出+女声歌唱多しで、前半だいぶウトウトしてしまいました。。
特に、デュエットにもトリル多用されてて、なんだか催眠術にかかったような感じになっちゃうんだよね
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.5

原作未読。
タイトルからして、冤罪系のテーマだろうとは思った。
過去の因縁を残す人物が、殺人事件の捜査線上にあがってきて、犯人である疑いも濃厚。
だが、なかなか落ちない。
どうしても、かれが犯人である
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.0

1年半ほど前に観たときの感想転記。
デヴ・パテル主演の ”ライオン” と この映画、なぜか区別が付けられなかった。単純すぎるでしょ、自分w
"ライオン”を観て、これでごちゃ混ぜにはならないことでしょう
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

初見。
思ったよりも切実で胸に迫る話だった。
インドの貧村の子が、行き違いから迷子になり、孤児院に入れられ、そこから豪州へ養子に貰われていく。
成人してからの、文字どおりの自分探し。
幼い頃の記憶が残
>>続きを読む

METライブビューイング2017-18 モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」(2018年製作の映画)

4.0

夏のアンコール上映で観る。
この宣材写真、演出のと全然ちゃうやんwww

モーツァルトの 人気喜劇 「女なんてみんなこんなもの」誠実で高潔なフリをしてても他にイイ男がいたら簡単になびくのさ〜 とい
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

-

Saving Private Ryan
家族の中で戦死者が重なった場合、残った人は自動的に除隊されるとかいう、一種の戦中プロパガンダ政策に基づいて、お父さんとお兄ちゃんと合わせて3人だか4人だか死
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

ストリープさまがスプリットジャンプ決めて 世界を沸かせた前作って もう 10年前なのか!
光陰矢のごとし、少年老いやすく...... 皆さま、お年を召されました。

ストリープさまが演じたドナが、どう
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

TV on air
ちゃらい表紙で、いわゆるラノベかと思いきや、原作がすごく良くて。
でも映画にするときは、チャラ映画にしちゃうのかな〜と 映画館には行かなかったけど。

良いではないですか♪
女優
>>続きを読む

ミュージック・オブ・ハート(1999年製作の映画)

4.0

La Melodie という フランス映画がもうすぐ来るらしい。
即、思い出したのが Music of the Heart
1999年だって!

メリル・ストリープがバイオリン教師役だなんてとんで
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

昨年からの #MeToo 運動に象徴される 第◯次ウーマンリブ(?)な勢いで企画されたのであろう、 Ocean's シリーズの妹版。
ダニー・オーシャンは故人になってて、かれの妹のサンドラ・ビ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.5

TV on air 久々に観賞。
17 年前の映画、 ER で大ブレイクしたクルーニーが そのロス先生役にピリオドを打ってほどなくの主演作品。
相方がピット。
ここに ジュリア・ロバーツが入るんだ
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

-

えー、これ えーえー << コトバにならない。

トレイラー観て スターリンが死んでドタバタするんだろうな きっとクダラなく笑えるんだろうな と期待して行っちゃったんですが。。

どうしたら
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

いやもう、これ、観た人 だ・れ・も ネタバレしないの。
愛ですね〜
愛をよびさます魂(笑)があります♪

そうだな、お盆映画 でいかがでしょうか?

よろしくで〜す♪

>|