tofuさんの映画レビュー・感想・評価

tofu

tofu

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.8

2D吹き替えで鑑賞

最近はご無沙汰だけど、昔はめちゃめちゃハマりまくった『モンスターハンター』。出てくるモンスターも看板モンスターってことで期待していざ!

やるじゃん✨
モンスターの獰猛さや生態な
>>続きを読む

ドラゴン・スクワッド(2020年製作の映画)

2.6

緑地も湖もある山岳地に行方不明者の捜索に赴く傭兵部隊らがドラゴンの襲撃に遭い死闘を繰り広げるアクション

まぁアレなやつ😂

ドラゴンの造形は非常に良いのだが、場面により大きさがマチマチだったり、咆哮
>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

3.5

映画俳優ダンバーが大好きで仕方の無い男・ムースの異常な執着と傍若無人な振る舞いを描いたサスペンス作品。

ストーカーを題材とした作品は数多く、本作品もその枠組みを逸脱することなく、オーソドックスに仕上
>>続きを読む

ジュラシック・リボーン(2016年製作の映画)

3.5

好き

冴えない雑用仕事をこなす2人の男。
ある日、彼らは謎の隕石を拾い『金になるぞ~』と意気揚々。
そんな時、突然に地球を翼竜の群れが襲い始める。殺戮と破壊を繰り返す奴らに日常を脅かされた彼らは反旗
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

3.6

第2次世界大戦末期に祖母の元へ疎開する双子の激動の日々を綴る物語。

タイトルを見るに『クソガキが度を越えたイタズラする映画かな?』と思っていたが、全然(?)違った。

戦時下における人々の言動は少し
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

3.4

展覧会に出展予定の新種『リトルジョー』。この花から出される花粉によって人々が変貌(覚醒に近い?)してゆく日常を描いたスリラー。

恐怖描写こそ無いけれど、少しずつ歪んでゆく日常は怖い。180度変貌こそ
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

1.8

劇場にて鑑賞。

新感染から4年。韓国本土は完全に世界から見捨てられ無法地帯と化していた。
しかしながら本土に眠る紙幣や金塊を手に入れようとする裏組織にそそのかされ、主人公は韓国本土へ乗り込む─

>>続きを読む

YUMMY ヤミー(2019年製作の映画)

3.6

美容整形外科にて突如湧くゾンビ、そしてパンデミック!無事に脱出が出来るのか!?
…的な王道ゾンビもの。

とにかくお約束は全部押さえました!って感じ😊田舎道を走行中に動物を轢いてしまったり、エンジント
>>続きを読む

罪と女王(2019年製作の映画)

3.5

再婚相手の息子と同居することとなったネグレクト等を専門とする女性弁護人アンネ。義理の息子は未成年ながらも前科持ち。
同居が始まり、そんな彼を次第に意識するようになるアンネはついに一線を越えてしまう。そ
>>続きを読む

ボルケーノ・パーク(2019年製作の映画)

4.0

半年以上ぶりに映画館へと足を運んだ。
中華作品とのことで期待せずに(シン・ランペイジ等のトラウマもあり)鑑賞。

今年ベスト級に面白かった👍️🌋

物語は単純。
要はジュラシックパーク。
活火山の眠る
>>続きを読む

カット/オフ(2018年製作の映画)

2.0

遺体を解剖したら、娘が誘拐されていることを暗示するメッセージが。
ヒント→解剖→ヒント→解剖→…
な感じのサスペンス。

解剖シーンは丁寧でありかつグロテスクの極み。リンダ可愛い。

とにかく登場人物
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.4

とんでもない作品に出会った。
12歳(推定)の少年に『僕を生んだ罪で訴える』と言わせてしまった生活環境と社会情勢、家庭事情を描く。

学校に行けず、非合法なことを行い小銭を稼ぐ毎日。家賃も払えず、まと
>>続きを読む

アトランティック・リム(2018年製作の映画)

2.5

人類を脅かす怪獣への対抗策として、数十億ドル(意外と安いじゃん)するマシン『アルマダ』が開発され日々死闘が繰り広げられていた!

ある日、怪獣を倒した喜びに浸っていたが、その体内から無数の虫型怪獣が湧
>>続きを読む

キラーソファ(2019年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

酷すぎる😰
普通に(?)おバカに殺しまくればよいのに中途半端にオカルトを取り入れちゃってた…。

とりあえず登場人物の個性も感じられないし、ホラー映画のはずなのに殺人シーンが全然ない💦しかもあっても見
>>続きを読む

シン・ランペイジ 巨獣大決戦(2020年製作の映画)

2.2

(悪い意味で)安定の中華クオリティ。

先日観た『ジュラシックアイランド』とほぼ内容は同じ。
タイトルから想像するは巨獣同士のバトルと思いきや、そんなものは無いし、むしろ獣同士は共存してる。

そんな
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.8

猟奇的殺人事件の容疑者とされた男、テッド・バンディの史実に基づく裁判劇。

いやぁ演技力の高さが光る秀作。
ノンフィクションの為、楽しんで良いものでは無いのかも知れないが…魅入ってしまった。

主演の
>>続きを読む

ビー・デビル(2010年製作の映画)

4.0

ある出来事により、幼少期を過ごした孤島へ帰省した主人公。その島は男尊女卑と年功序列が根強く残る風習があった。

出迎えに来てくれた幼なじみの女性は笑顔でいながらも、暴力的な亭主と盛りのついた義弟の迫害
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

3.5

中年紳士アントワーヌは髪結い(美容師さん)の女性に惹かれた過去を綴る。
そしてついに髪結いの女性と運命的な出会いを迎え、添い遂げることになる。

いやぁ…巧い👍️
特に幼少時の体現は完璧。
そうなのだ
>>続きを読む

デビッド・クローネンバーグのシーバース(1975年製作の映画)

3.5

※かなりテキトーにレビューします。

寄生虫パンデミックの恐怖を描くSFスリラー。
D.クローネンバーグ長編デビュー作品。

ある寄生虫に蝕まれると老若男女、ドスケベになり見境なく襲うようになる。また
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

2.5

実は2回目。
ゲームは未プレイだが、なんとなく内容は知ってる(と思う)。

クリーチャーの造形や見せ方は独特の世界観で良かったと思う。
前半の展開から『サイレントヒル』に舞台を移すまでもテンポも良い。
>>続きを読む

ジュラシック・アイランド(2020年製作の映画)

2.2

失踪した生態学者の父を探すため、元カレのレスキュー隊員(まぁどうでもいい)や荒くれ傭兵部隊らと共に髑髏島ならぬ『幽霊島』へと向かう。その島には恐竜が生き延びていて…的なよくある話。

まんま『キングコ
>>続きを読む

ゴーストホーム・アローン(2019年製作の映画)

3.0

自宅に潜む悪霊をイーライ少年が玩具やデジタル機器を駆使して立ち向かう!

他の方のレビューにある通り邦題詐欺!
謳い文句も似つかぬ!

『サマーオブ84』『スケアリーストーリーズ』に寄せたジュブナイル
>>続きを読む

ディープ・ブルー3(2020年製作の映画)

2.0

本当は0.5点。
でも日本人キャストの『蒼れいな』が可愛いので加点😄

鮫とのいざこざは予想通りに少なめ。
8割は人間同士のバトル 笑
突如はじまる肉弾戦やハラハラドキドキしない安いサスペンス要素😢
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

2.5

パーティーの帰りにノリで立ち寄ったお化け屋敷。実は殺人鬼プロデュース!
この屋敷から生きて出られるのか!?

本当にイーライ・ロス制作??
無駄な尺稼ぎやハッキリ見せない殺害シーン、投げっぱなしの伏線
>>続きを読む

ザ・ファーム 恐怖の食物連鎖(2018年製作の映画)

2.8

以前より気になっていた本作品。
GEO先行レンタルとのことで早速。

廃墟同然の田舎町のモーテルに宿泊するカップル。目覚めると狭い檻の中に収監されていた、しかも周りには多くの被害者もいた!
監禁した奴
>>続きを読む

母親たち(2018年製作の映画)

3.4

母の愛は海より深し

よく言ったものだ。
子を失った母が隣人に逆恨みをするのだが、とにかくじっくりとゆっくりと丁寧に追い詰める。
また隣人側の女性も被害妄想が増長し、精神的に不安定となる…これまたジワ
>>続きを読む

隣の影(2017年製作の映画)

4.0

敷地侵入した"木の影"を巡ってのご近所トラブルもの。

…ざっくりとはこんな感じか。

非常に面白い!
展開的には緩やかではあるが、4人の主要人物らの性格や思考、鬱憤などをじっくりと、ゆっくりと、観察
>>続きを読む

ダスク・オブ・ザ・デッド(2008年製作の映画)

1.8

タイトルから察するにゾンビ映画かな?と思ったが違うようだ(事前にリサーチ済み)。

棘を無数に帯びたクリーチャー(生物に寄生)が強欲に襲いかかるホラー。
劇中はほとんどガソリンスタンド兼コンビニでのワ
>>続きを読む

ディープインセクト(2015年製作の映画)

3.5

隕石と共にやってきた獰猛な飛翔体!
大切な人を奪われたオッサン、かねてよりの野望を果たすために飛翔体に接近を目論む変態博士、威信にかけて負けられない防衛軍…。空前絶後の死闘が繰り広げられようとしていた
>>続きを読む

レズビアン・ヴァンパイア・キラーズ(2009年製作の映画)

3.0

Twitterでオススメされて鑑賞!

私は怒っている
おっぱい要素が少ない!
レズビアン要素が少ない!
ベッドシーンもない!

これはけしからんよ😖
せっかく美人揃いなのに…けしからん

キャッチー
>>続きを読む

フロンティア(2007年製作の映画)

3.4

訪ねたホテルは食人一家の巣窟だった。
…というベタな物語。

ベタではあるものの、逆を言えば安定して観ていられるというもの。

まさにその通りで、冒頭からの展開こそモヤモヤするものの、食人一家の餌食と
>>続きを読む

バトル・インフェルノ(2019年製作の映画)

4.0

インチキ(ヤラセ)悪魔払いを配信して、収益をあげる映像チーム。
ある時、ニセ憑依を演ずる女性に異変が起きる。本物の悪魔が乗り移ってしまう!

期待せずに鑑賞…だが非常~~に面白い

主要人物らの掘り下
>>続きを読む

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

3.5

忘れ物を拾ったヒロイン。
律儀に持ち主に返したことから、親密になり、友情が芽生えるが…。

とにもかくにも主演のイザベル・ユペールの独壇場である。
彼女の怪演には並みのホラー映画じゃ敵わない。素晴らし
>>続きを読む

13の選択(2014年製作の映画)

3.0

13の試練をクリアすれば億万長者に!
電話で指示された課題にチャレンジ!

…もちろん課題はエスカレートし、血生臭い展開へと…

B級作品にありがちな設定。
最初こそテンポ良く展開されるも、後半はグダ
>>続きを読む

悪霊少女(1980年製作の映画)

3.2

別タイトルは『ドーンオブザデッド チャイルド』。Twitterでのお仲間よりDVDを頂戴し鑑賞。

70年代後半のゾンビ…というとスローな動きと不器用さをイメージするが、本作品のゾンビは生きる屍人形と
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

Twitterにて『吹き替え良いよ』とのことで吹き替え版で鑑賞

なかなか良い👍️
豪華俳優陣のキレキレの演技を堪能できた。D.グレイブの出演作の中で1番好きかもしれない。冷静さを保ちながらの喜怒哀楽
>>続きを読む

>|