青と黒さんの映画レビュー・感想・評価

青と黒

青と黒

映画(422)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ロマンス(2015年製作の映画)

3.0

微妙。役者の芝居は自然で良かったけどストーリー的にもう一捻り欲しかった。ラストもありきたりかな。車内販売する同僚がいい足出してた。
実際に映画のPが失踪とかあるらしいのでプロデューサーって大変な仕事な
>>続きを読む

14の夜(2016年製作の映画)

3.4

私は女だから全くわからなかったが男子はこれはあるあるなんだろうか?エロもヤンキーも嫌いなので途中辛かったが朝が来て晴れていてちょっとサッパリしたラストまで見て良かったな。少年が間違いなく成長した一晩だ>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.8

序盤からスピード感ありアメフト試合の賭けまでは飽きさせない。3年後となって映画の印象が変わる。ラストはよくあるケースだったが血のりではなくホントに撃っていたとは。

エリジウム(2013年製作の映画)

3.3

前半はなんかモタモタしてたけれど後半からグッと面白くなった。でもストーリー的には有りがちかも。多くの人を助けると言うよりも1人の友人親子を助ける為に、と言うのがいかにもアメリカ的な気がした

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.6

JKとおじさんの恋愛物と思っていたが、若者に夢を諦めずにもう一度向かっていくよう元気付ける内容だった。ファミレスパートは面白くおじさんパートはしんみりさせる(戸次さんがいい)。小松菜奈は良かったがライ>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

3.0

賛否が分かれる映画だと思う。個人的には演劇シチュエーションやアニメ挿入より普通の映画として見たかった気もする。ラストの喫茶店?もわかりにくい。ストーリーは悪くなかったのでちょっと残念

トリガール!(2017年製作の映画)

3.8

興行はあまり良くなかったようだが面白かった。鳥人間コンテストを毎回見ていたので特に。配役はハマっていたと思う

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.7

優しい映画。自分も常連さんになってみたいと思わせる。カレーライスは難しいところに突っ込んだなあと感心した。余貴美子のピシッとした感じとオダギリジョーの独特感が良かった

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

驚くほど元になった作品に忠実だった。配役がいい。長澤まさみにはそれだけの魅力がある。コメディ色強めだけどシリアス部分とメリハリついている。邦画はラブストーリーと言うと若者ばかりだがこのような30歳代の>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.5

一見バラバラに見えた話がどんどん繋がっていく様は見事。原作読んでみたくなる。山下達郎の主題歌は素敵だった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

個人的にはとても是枝色の強い映画だと思う。設定は特異だけど日常を切り取ったかのようなリアリティある芝居。幸せって何だろうと考えさせられる結末だった。脇のちょい役も豪華、さすがである。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.4

なかなかのグロで途中見るのが辛くなった。吉高由里子の育てられ方なども興味あったが描かれなくて残念。松坂桃李が突然暴れるのもイマイチ説得力に欠ける。偶然ばかりなのもおかしい。吉高由里子パートだけでも良か>>続きを読む

合葬(2015年製作の映画)

3.3

この年代の役者さんで時代劇ということで見たかった映画。下手な人はいないけど柳楽優弥の上手さは際立つ。ストーリーは単純なようでイマイチわかりにくい。全体的に重すぎか?

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

前半とてもテンポ良く面白かったが途中少し中だるみかな。最後は丸くまとめた感。何かもう少しできなかったかなあ。中華屋夫婦は最高だった

Seventh Code(2013年製作の映画)

2.3

ロシアと言うのが珍しくて良かったけど最後の歌も含めてアイドル映画かな。最初の変な女のままでも面白かったのに。

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.5

想像以上にラリーの場面が多かったのでスクリーンは小さめだが音がいい試写室で見れたのは良かった。ラリーの迫力がすごい。細かいけれど最初と途中に出るCGの蝶々は不要、ラリーまでCGかな?って考えてしまう。>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.3

2回目。絵のタッチはあまり好みではなかったがかぐや姫が一目散に走り出したところのタッチは良くて水墨画風で仕上げた意味がわかった気がした。ストーリーは昔から知っているので少し長く感じた。月のお迎え時の合>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

良かった。この監督は映像が綺麗。ストップモーションアニメとは思えないクォリティの高さ。でも逆にCGではあの質感は出せないのだと思う。ありがちな歪んだ日本の表現も架空の国と捉えれば問題ない。アタリ君の声>>続きを読む

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

3.9

切な過ぎるファンタジー映画。主演の2人、両方とも切ない。最後まで理由がわからなかったけどそれでいいかも。あずさの認知症施設のバイトはそこなら忘れられても当たり前だからなのかな。撮影の頃は村上虹郎も早見>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

いい話だけど感動的にまとめた感が。主役だけでなく姉や友人にもフォーカスしていたのは良かった。おばあちゃんが素敵。校長の「見る目を変えなければ」的な言葉が刺さった。そう、目は慣れるのよ。SW全面協力?

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.8

大人の悪ふざけ。こんな映画もたまにはいいかもしれないがもう少し内容があればなあ。吉沢亮の一人勝ち感。

コンフィデンス(2003年製作の映画)

3.3

月9が好きなので鑑賞。ドンデン返しを売りにしているならもう一捻り欲しかった。時系列の入れ替わりが激しいので集中しないと分からなくなる。

古都(2016年製作の映画)

3.5

原作のその後が描かれているらしい。呉服店の家族に比重が置かれ過ぎで林業の家族については描き方が浅過ぎる気が。京都とパリはとても美しくてロケ地って大事だなぁと。これは映像を楽しむ映画。

ホテルコパン(2014年製作の映画)

2.6

色々リアリティに欠ける。様々な問題を抱えた人を描きたかったと思うが少し多過ぎのような。最後はバタバタと帳尻合わせの様におさまる。ジャンプ台との絡め方も今ひとつか。支配人が一番狂っていた。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.4

見たかった映画ようやく見れた。判断が難しいかもしれないけど個人的にはよく出来た映画だと思う。子供の頃のエピも効いている。現地の暴徒によって狙撃を逃れるとかリアル。イーストウッドは長い映画でも無駄がない>>続きを読む

きみがくれた未来(2010年製作の映画)

3.1

いい話。ファンタジーなドラマ。ハッピーエンドはいいけれど内容はありがち。もう少し働き者っぽい母を絡めても良かった気が。冒頭のヨットのレースはとてもカッコいい。

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

4.4

25年前の映画だが今こそ以前はこうだった、とリメイクして欲しい。トムハンクスにハズレ無しだが数々の賞を受賞した今作はとても素晴らしい。デンゼルワシントンも最初の嫌悪から変わっていくさまが自然で良かった

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

いい話。一生一人を愛する話。こんな人生羨ましい。出会い〜結ばれるまでを中心にその後は一気に晩年まで飛ぶのも潔い。ライアン・ゴズリングカッコいい

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

良かった。ストーリーもいいけれど何しろ映像が綺麗。ガイコツの表情も豊か。音楽もいい。タイトルはCOCOでも良かったような

極道めし(2011年製作の映画)

3.0

獄中を描いた作品はあるけれどそこの食事だけに焦点を当てていて新鮮。
最後のラーメン、あれが定番なのか、気付いて作ったのか、ちょっと気になった

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

評判が良かったので地上波鑑賞。役者は熱演だが面白さがわからなかった。期待値が高過ぎたかな。

GONIN サーガ(2015年製作の映画)

2.7

前作未見。死んだと思った人が死んでない。生き返っては殺しあう。男性にはこの世界観が好きな人多いかも。女性向けでは無いな。でも女優さん熱演。特に井上晴美良かった。根津甚八の出演は嬉しかった

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

エンターテイメントとして完璧な気がする。ストーリーはよくあるものなので−0.2にしたけど。歌もダンスも衣装や見せ方も素晴らしい。何回でも見たい作品。
ザックエフロンはこの映画みたいにヒュージャックマン
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.7

日本のアニメはあまり見ないけれど昨年の邦画興行ランキング1位なので見てみた。やはり私はアニメ向いてない。これが1位になるのが日本なんだなあ。固定ファンがいるのもいいことだと思う

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.0

良かった。面白い。1つにまとめずに短編で何本も作ったところがいい。音楽もセンスを感じる。大阪が舞台で成り立つ話だと思った。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2010年製作の映画)

2.6

原作は未読。子供の虐待は見るのが辛い。前半は狂気だけが伝わる意味不明映画だったが後半にかけて色々わかってきて面白い。とは言えわからない部分と多くwikiで解決。

>|