青と黒さんの映画レビュー・感想・評価

青と黒

青と黒

映画(479)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

3.5

ゆるいゆるい言われてるのでどれほどかと思っていたが予想よりはしっかりしていた。山田総指揮が言っていた通り主演の2人は悟っている雰囲気がある。原作も面白いし2期も期待。
配信の為に作られた物を映画館で見
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.8

エンタメとして面白かった。バスケの技は眼を見張るばかり。口は悪いし下ネタ多目だけど笑えるからOKか。お年寄りが元気な映画は見ていて元気になれる。エンドロールまで楽しませてくれた。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.7

いい話。いい親。息子が彼女を連れてきた時の母親、結婚式での父親のスピーチなどは真似したいくらい。愛おしい時間と言うサブタイトル通り

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

ゲームが苦手なので最初はアバター映像に慣れなかったが途中から気にならなくなった。面白いけどストーリーはありきたり感が。しかし黒人とアジア人は…子供は残るのもセオリー通り

蟹工船(2009年製作の映画)

3.7

結構好き。原作未読。これをその時代に書くというのは大変な事だっただろう。作者の思いに偏りがあるのは否めないが良くできている気がした。監督の過去が気になったけど。個人的に松田龍平はこの頃の芝居の方が好き>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

2.8

難しい。何回か見るとわかるのかな。ケイと母親のところはなかなか良かった。黒島結菜はロングヘアも似合う。ロケ地のせいかなんとなく映画として安っぽく見えてしまった。

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

3.0

思っていた話と少し違っていた。途中見るのやめようかと思ったが最後まで見て良かった。若い役者が多いので演技力が残念な人もチラホラ。ストーリーは面白かったので原作がしっかりしてるのかと思った

二重生活(2016年製作の映画)

3.7

哲学難しい。けど門脇麦のいかにもな感じと長谷川博己の芝居で引き込まれる。意味深なカットが多い気もしたがそれもこの映画の味なのかな

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.8

面白かった。なかなか濃い97分。奥さんが素晴らしい。ラストはほろ苦い感じ。頑張れ、正直者の中年。

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.0

想定通りのストーリーだけど最初からいい人しか出てこなさそうでハッピーエンドだろうと思っていたので良し。団員集めの苦労とかもう少しあっても良かった気もするが老人が元気にしている姿が多くて良かった。たまに>>続きを読む

嫌な女(2016年製作の映画)

2.9

特に意外性の無い想定通りの話。気持ちが落ちているときは雨にずぶ濡れになるし亡き夫のビデオを見て元妻は涙ぐむ。ラストも予想通り。もう少しストーリーに工夫が欲しかった

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.5

怖い。突っ込みどころは多々あるけれど全員を怪しく気持ち悪く描くことに関して黒沢監督はすごいと思う。ただなぜ引越ししたのか、奥さんは何の問題を抱えていたのか、なぜ意のままに操れたのか、他諸々わからないと>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

3.8

評価が悪いけど私は面白かったなー。アクションすごいし。東出昌大の体が大きいところが活きてる。窪田正孝は上手いと思った。船越さんが振り切れ過ぎ感はあったけど。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.3

置きに行った感。VFXの凄さは目立っている。後半のイギリス軍艦と対峙する場面が最初の方の門司・下関の場面と重なり良かったが。エンタメとしてもう一山欲しかった

団地(2015年製作の映画)

3.8

前半の超リアルな描写から後半のSFでビックリ。でも不思議と2組夫婦の名優の芝居ですんなり見れる。どこかの団地を切り取ったようなリアルさにぶっ飛んでストーリー、不思議な映画で面白かった

天の茶助(2015年製作の映画)

3.2

最初はファンタジーかと思って途中からさっぱりわからなくなって後半になるにつれて面白くなった。ラストがあっけなかった気がする。松ケンはやっぱりすごい

モテキ(2011年製作の映画)

3.7

面白かった。ラストは違う方が良かったな。個人的には仲里依紗や真木よう子ともっと絡んで欲しかった。エンディングが良い。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.9

主人公もイヤな人だしストーリーもイヤな話だった。そこがいいわけだが。ラストもなかなか最悪。フィクションだと思うが知らないところで実際にあるのかも…と思ってしまった。

カムバック!(2014年製作の映画)

3.7

冒頭かなりいい。面白いにおいがプンプン。話はベタだったけど。まず痩せるのかと思ったらあの体型のままラストまでいくとは。同僚以外はみんないい人。ダンスは見事

アントマン(2015年製作の映画)

3.5

思っていたよりアリがいっぱい出てきて虫嫌いは辛い。でもストーリーは面白いし最後の決戦は良かった。主役が魅力的なのもいい。前半の説明部分がちょっと退屈か?

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.8

泣かせようとか過剰に感動的にしないで淡々と描いたのは良かった。途中のスピーチは感動的。見た目だけでアルツハイマーの進行がわかる。
しかし難病ものはこの作品に限らず経済的に困らない家庭が多い。そこが残念

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.6

難しい。かなり集中していないと分からなくなる。登場人物も多い。どこまで実話なのか分からないが狂った戦争末期の話。本木雅弘が出色の出来。

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

3.8

いい映画と思うけど登場人物が多くて把握が難しい。新聞社の専門用語も多くもう少し解説なり注釈が欲しかった。原作面白そう。役者さんはみんな熱演

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.5

良かった。世代なのもあるが大好き。古き良き時代、とにかく楽しそう。今ではあり得ないような事も暗黙に許容されていた時代だった。ナミの兄らとサニーらの闘争の対比が面白い。旧友と会い現代の生活の楽しみを見つ>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.5

アニメは元々苦手だが話題作は見るようにしてる。最初感じた声優の違和感は徐々に無くなったけどストーリーに目新しさは無い。ラストに向けては盛り上がったけど。絵はジブリなどに比べると粗が目立つ気がした

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.3

面白かった。若い役者が多いのに下手な人がいない。吉沢亮や橋本環奈は前作より上手くなってるような。実績積んで自信が出たのかな。パロディはわからないものもあったけれど一番笑ったのはアライグマ。窪田正孝はワ>>続きを読む

シェアハウス(2011年製作の映画)

2.2

お金持ちの老婦人がひたすらオシャレに海辺で暮らす話。シェアハウスと言うタイトルならもっとドロドロした所も描いて欲しかった。全ての人が理解あるのもつまらない。JKとのわざとらしい絡みはいらなかったのでは

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.2

脚本も書いた豊田監督は奨励会に在籍していたそうだ。その想いが詰まり過ぎたか。登場人物もエピソードも多過ぎでどれもが軽く見える。幼馴染も奨励会盟友とも強い絆までは感じられず残念。イッセー尾形と小林薫はさ>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.5

近親者に自閉症スペクトラムがいる。この映画はとても興味深く見た。面会時の姉の態度や会話がおかしいと思ったが妹にどう接していいのかわからない設定だったんだな。施設の人の対応は勉強になった。世の中には優し>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.6

原作未読。役者がみんなうまかった。女の子も相当あざといなーと思って見ていたけどいやらしくない。予想外のラストには驚いた。親友はあの手紙で病気のことも知ったのか

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

ファンタジーになり過ぎないドラマだった点は良かったと思う。最初や最後のカットなどは映像が凝り過ぎな感じがした。芝居もわかりやす過ぎかも。夫婦の話は出色の出来。全く泣けなかったがそれはそれでいい。マスタ>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.3

シャシほんとに美しい。英語クラスのみんなが個性的で素敵。シャシを見てると辛くなるが家族も悪意があるわけでないから厄介。飛行機のとなりの男性がカッコいい。インドの結婚式楽しそう。エンドロールまで楽しかっ>>続きを読む

薔薇色のブー子(2014年製作の映画)

2.5

福田オールスター出演のさっしーの為の映画。まあまあでした

JFK(1991年製作の映画)

3.9

とても難しい。ラストの裁判でのケビンコスナー演じる検事の長台詞は圧巻。この題材を描くにはこの長さが必要だった。オリバーストーンはさすがだな。全て事実のように感じたが調べてみると違う所も色々あるらしい。>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

期待しすぎたのかもしれない。面白いし伏線回収は見事だと思うけど。映画に関わっている人は余計面白く感じると思う。今後映画作りに関わりたい人は必見かも

アゲイン 28年目の甲子園(2014年製作の映画)

3.5

ベタベタなザ・重松なんだけどわかっていても泣ける。個人的には門脇麦は最後まで冷たいままでいて欲しかったなー。みんないい人でいい話だけどおデブなキャッチャーさんのパートが一番好き

>|