あずさんの映画レビュー・感想・評価

あず

あず

映画(678)
ドラマ(121)

ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年製作の映画)

3.4

生まれたての赤ちゃん髪ふさふさなのだけあれってなっちゃった

三部作の終わりともなるとどうしても突出はしないけれども十分楽しい作品でした

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

-

あっ、つまんない
ざんねん

おそ松さんにストーリーとか求めてなかった

劇場版 HUNTER×HUNTER The LAST MISSION(2013年製作の映画)

-

1作目よりさらにストーリーの出来が悪い
影ってネーミングセンスが恥ずかしすぎた

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

-

よかったんだけどさらに出来のいい二作目を先に見てしまったせいで…
いやでもこの手の劇場版としてはよく出来てた方だと思います

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.3

大金があるのはいいことだ
顔がいいのも

という感想がちらついてしまい素直にステキ!と言えず…
擦れた自分が水を差す

あとすごい眉毛動く

悟空伝(2017年製作の映画)

3.2

アクションゲームみたい
思ったより楽しめました

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

1.5

すごいつまらない
こういうのでゴテゴテのCGってどうなわけ?
カンフーとヨガは絡まない
ストーリーはない

MERU/メルー(2014年製作の映画)

-

山も人も常軌を逸し過ぎ
タバコはいいから食料持って!

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

ゴッサムの呪いが彼に収束していくさまは丁寧に描かれていたと思う
が!ダークナイトの時のジョーカーはもっと彼自身の知性に裏打ちされていたような…
象徴としてのジョーカーを一人のエゴをもった人間としてある
>>続きを読む

>|