afforlaxさんの映画レビュー・感想・評価

afforlax

afforlax

映画(153)
ドラマ(0)
  • 153Marks
  • 53Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)

3.8

昔ながらの娯楽映画。
スター・ウォーズの原型っていうのがすごい。

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.8

ウォーターゲート事件のことわかってないとあんまり楽しめない。ちゃんと理解した上でもう一回みたい。
長電話シーンと夜中のタイプカタカタが印象的だった。
シークレットマンも見たいと思った。

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

4.0

最後はちょっとだるっとしたけど途中からほぼずっと緊張しっぱなしだった。
高層ビル恐ろしい。どんなに人類が進歩しても怖いものは怖いと感じた。
はじめはポール・ニューマン最高とか思ってたがそうではなかった
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.9

はじめはなんとなく観てたけど最後は見入ってしまった。
ところどころ入る懐メロがいい。

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.6

正直ちょっとよくわからなかった。。
音楽はやっぱり息を呑むものがあったのと、デビッドボウイはきれいな顔だったというのが感想
あとたけしが若い

プロジェクトA2/史上最大の標的(1987年製作の映画)

3.5

期待通りの映画
もう少しおちゃめなジャッキーのほうが良かったかな

告白(2010年製作の映画)

3.5

命の重さは人それぞれの感じ方次第なんだと感じた
きれいにまとまってしまっている映画だった

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

面白かった
出てくる料理は全部うまそうだし、みんな明るくていいやつ
音楽も楽しくていい、子供もかわいい
料理したくなった
この人、監督も脚本も主演も全部やってんだ。びっくり

ガンジー(1982年製作の映画)

3.8

教科書でちょっと知ってる程度だったガンジーの魅力を知ることができてよかった
今につながってるんだなという感じ

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.2

とにかく常に惹きつけられる映画だった
ここまで映画が短いと思ったのも久しぶりかもしれない。
山崎努、若いけど凄みがあった。
カメラの動き、不気味な音、熱気、これらが相まって惹きつけられていたんだなぁと
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.7

普通に感動系
実話なんだろうけど、ちょっとぶっ飛びすぎてて現実味がないなぁと思ってしまった

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.8

スリルあってなかなかだった
ジェイクギレンホークが渋くてかっこいいのと、ヒュー・ジャックマンが鬼気迫ってておっかないのが印象的
まるで海外ドラマみたいな感じでちょっと軽い、というか軽く観られる
代理戦
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

ちょっと切ないけど素敵な気持ちになる映画
音楽がいい

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

3.9

松坂慶子の美しさと演技を楽しむ映画だと思った。
でもそれだけでなく自分の理解を遥かに超えた映画だった。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

迫力抜群、奇想天外
とにかくバーフバリがかっこいい
完全にアニメの世界、音楽もいいし、わかりやすいし、人気になるのもうなずける。
ストーリーとか気にしゃちゃいけない映画である。

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.5

松田優作の目が印象的な映画だった。
豪華役者を見るための映画か。
ストーリーは無理矢理感が否めない

忠臣蔵(1958年製作の映画)

3.8

長いから敬遠していたが、いざ観てみると割と観やすかった。3時間弱もある気はしない。
日本の昔ながらの美学が詰まった映画。忠義とか親子愛とか勧善懲悪とか。

あと見てる間はなんの違和感もなかったが、後々
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

3.5

まさに壮大
時間も長いし、人も多いし、物語のスケールも大きい
いろんな意味で奇跡という他ない

ところどころ宗教画をみているような場面もあった

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.0

すごく良かった。
貴重な映像と音声、特に状況に合わせたメンバーのインタビューはメンバーがまだ生きてるみたいだった。
最後はちょっと駆け足だけどライブに焦点を当ててるからいいのかな

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.7

平凡なヒューマン映画。
平凡な分、なだらかな気持ちで楽しめる。
小さい頃は想像力とかあったのに、、と思ったので、見えないもの探し続けねばと思った。

夜の大捜査線(1967年製作の映画)

4.0

いい映画だった。
ところどころに人種差別を感じた。調べてみると、ちょうど公民権運動の頃の映画らしい。ちょうど時代が変わるタイミングの映画だ。
署長がいい感じに哀愁漂っていてよい。また、レイチャールズの
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.5

全然気づかなかったけどそんなうまくいかんやろって感じ
暇つぶしにはなる

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.8

綿密に作られていそうだなと感じる映画だった。
宗教が絡む問題って一気に複雑になる。
もう少し勉強しないとなと思った。

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.9

泣いたなぁ
生きることと死ぬことを若者から教わった感じ
恋愛以外の家族愛も友情も素晴らしかった

セールスマン(2016年製作の映画)

3.5

文化の違いによるものか、結末はやや不満。
普段目にすることのないイランに少し触れることができる映画だと思う。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

のんびりした映画だった。
おじさんたちの友情が微笑ましい。

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

3.5

くすっとさせる感じて軽くて結構良かった。ひねりはなし。
音楽がいいね

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.3

世にも奇妙な物語みたいな感じ
わざわざ映画にするほどのものでもないかなぁ

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

機内で鑑賞
かつて世界一と言われたイギリスの厳しい現実を見せつける映画
日本の政治批判とか色々聞くけど、まだまだ恵まれているなと感じた

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

子役がとにかく可愛い映画
お父さん?もいい味だしてる
これから子供ができるかもしれない身としては、子供を育てるってたいへんだなぁと考えさせられた
ちょこちょこ?な部分もありつつ、全体手ににほんわかさせ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

まぁまぁ面白かった。
人気出るにはわかりやすさって大事だなぁ。
そういえば、映像がきれいで印象的だった