あきれすさんの映画レビュー・感想・評価

あきれす

あきれす

映画(19)
ドラマ(0)

死霊のはらわた II(1987年製作の映画)

4.8

展開早い、笑える、グロい、めちゃくちゃなストーリー。面白い。ライミ監督といえばスパイダーマンよりもこっちだよな☻

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

意外に弱い敵。続編に引っ張る様な事もなく問題は全部解決。ちなみにまた途中で寝ちゃった

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.5

面白かったのだが途中で寝ちゃった。スポックがカッコいい

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

4.5

クロエちゃんがかわいい。面白いかった。最強にクールなマザーロシアに対してヒーロー側に際立つ新キャラがいないのがちょっと残念だけど、クロエちゃんがかわいいので無問題。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.6

登場人物がみなめっちゃカッコイイ。ラストの銃撃戦は今までのフラストレーションがスッキリしました

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE(2013年製作の映画)

4.5

馬鹿馬鹿しくて大爆笑した。アクションまでアドリブで乗り越える劇団ひとりは凄すぎる。ゴットタン好きなのでプラス1点。次回の映画はヒム子の可能性があるらしいので今から楽しみで寝れない。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

若者が悪い奴に殺されまくる、ありがちなホラー映画。13日の金曜日と一緒のジャンル。殺されるバリエーションは少ないが、殺される量はかなりの数。ストーリーはあってないようなもの。デートでは見たくない。

キック・アス(2010年製作の映画)

4.5

クロエちゃんとニコラスケイジが大暴れ。超カッコイイ。ヒットガールの「Okay you cunts... Let's see what you can do now!」は後世に語り継がれるべき名セリフ。

勇者ストーカー(1984年製作の映画)

3.0

色んな意味で、かなり酷い映画。イイ所なんて、オッパイ多めなのと理解が追いつかないほどのスピードで進むストーリーぐらい。ヒロインの総出演時間が30分ぐらいなのに笑ったw

トロル(1986年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

恐らくハリーポッターが初めて出演した映画(ハリーポッターっというキャラが出てくる) アパートにトロルというモンスターが住みついているんだけど、引っ越す前には物件をよく見る様にといい教訓になった。それ以>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

2.0

ヒロインがブスだし、鼻につく。サムライミのこれじゃない感

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

リアルガチで怖い映画。キチガイ一家に若者が襲われるだけの映画だけど、余りの不快感でお腹はいっぱい。オバケもゾンビも怖くないけど、キチガイ人間は現実にいるから怖い。ちなみにグロくはない。

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

5.0

なんでか知らないけどめちゃくちゃ好きな映画。でもDVDは持っていない。笑
すげー破壊力のバズーカを使い渋ったり、宇宙船あるのに戦車なかったりツッコミどころだらけだけど、本当に面白いのよ。本当好き

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.8

コブラにビビった警備員が窓を突き破って避難するシーンに笑った。ブルースリー。カッコイイ。

モテキ(2011年製作の映画)

2.9

Perfume出るシーンがピークで段々普通の恋愛映画に…

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.5

映像が綺麗だし、緊張感がすごく伝わってくる。でもストーリーが思い出せない笑 普通の普通なサスペンスだった。でも、opが最高。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アクション、サスペンス、コメディ、全部の要素を完璧な塩梅で盛り込んでる。もう10回くらい見てるけど、毎回楽しくて仕方ない。後半の銃撃戦なんてカッコよすぎて、何度も見返してしまった。
あと、ちょくちょく
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.0

ドラマパートがダラダラ長かったです。漫画みたいなノリなんだから、もっとコンパクトで良いかと。週刊誌なら打ち切りになるレベル。中だるみってレベルじゃないぞ。
でもイェーガーはカッコイイ。怪獣も◎。
芦田
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ドラマパートは、ラッセルクロウが、簡潔に分かりやすく物語を説明してくれるおかげで、何も考えず本作の見所である戦闘シーンに集中できる。
その戦闘シーンは、かなりのボリュームだが、迫力満点で見てて楽しい。
>>続きを読む