ティアくんさんの映画レビュー・感想・評価

ティアくん

ティアくん

2019年より鑑賞した映画を記録に残すことに✨

映画(58)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.3

会場は大爆笑すること数回。さすが三谷監督。ストーリーはきっちり、ここでこんな笑い? 切り返し? あるあると意外性にとんだ場面。登場人物のキャラはどれも個性的で憎めない。ハッピーエンドのエンターテイメン>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

wowow

人間に寄り添いながら、幸せを与えてくれる犬に感謝。言葉は話さなくとも飼い主の気持ちを理解し、空気を読む犬。
人間と同様に感情を持ち、飼い主の幸せを一番願っている…ナレーションがなんとも無
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.9

wowow

主演の2人の演技力光っていた。舞台のダンスシーンはとても迫力があり、見応えがあった。

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

アニメ〜ションで観ていたが、やはり実写は迫力があり、歌声も力強く、色彩が綺麗でグイグイ引き込まれてしまう。
こんな梅雨時にはエンターテイメント性の高い映画が一番✨気分爽快!

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

4.0

wowow

尋常ではない悪の世界に存在する純愛ストーリーが哀しい。愛するがゆえに身を引く
ことが唯一、二人の心が壊れないでいられる。それほどの悪の体験を背負ってる。
当たり前の日常生活の中に身を置く
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.8

wowow

…ここで終わっちゃうの?
ここからが盛り上がる展開じゃない?

ニノのように私も吠えたい気分で終了。
続編を希望します。

バイス(2018年製作の映画)

3.8

映画が進むとともに…ウトウト。それでも最後まで見終えた時には、お疲れ様でしたと政治家の一生に労いの気持ちをもちました。様々な人間の思惑を上手に組み合わせしつつ、自分の意思を貫く作業は面白くもあった。

アロハ(2015年製作の映画)

3.9

何と言ってもキャスティングで観てしまった。ブラッドリー・クーパー、エマ・ストーンは元より、レイチェル・マクアダムスの可愛らしい表情に見惚れてしまう。
ハワイには色んな背景があるものの、めでたし、めでた
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.1

ストーリーも推理も楽しめる映画でした。
個性的な出演者でホテルを舞台に様々な人間模様があり、立場が変わることで感情も入り乱れていく。接客対応でクレームになる事もあれば回避する事もできる。
日常生活とは
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.9

wowow

青春映画。家族はよき理解者。いつでも味方。自分らしく生きている子どもの姿を見られることは親の幸せ。なかなか理解されにくいことも多いだろうが、LGBT+の世の中にも笑顔があるれるように。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.2

wowow

仕事、家族、友情、恋愛事情…盛りだくさん。生と死が常に隣合わせの世の中を自分の気持ちに素直に生きたい。
思いを伝えることはとても難しいけど、伝えたいと思える人に出会えることは幸せなこと。
>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

3.6

wowow

ただただ映像が綺麗。光、雨、緑、自然の山の中にいるような…。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

4.0

こんな世の中に町田くんは浮いた存在になってしまうんだろう。でも本当に素直で優しいから、困った時にはみんなが応援しちゃうんだろうな。主演の純粋な2人が可愛らしい。

友罪(2017年製作の映画)

3.9

wowow

切なくやるせない。日常生活の中にある光景だろう。法律では裁く事のない罪。刑を終えても一生背負っていくもの。家庭も壊れる。こんなつもりじゃなかったのに…と抜けられなくなる。
それでも社会で
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.6

wowow

まさに現代の社会問題。親子の関係性。授かった命を育てることは大変だけれども喜びは計り知れない。
育児が苦手な親もいるだろうが、そんな時に周りの大人たちの協力が得られる環境が大切なんだろう
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

3.8

wowow

なんだか懐かしく微笑ましい。
龍之介が素直で可愛らしい。あのキャラは当然、女子からも好かれるだろう。
そのパパらしくないけど魅力あるオダギリジョーににんまり。

空気人形(2009年製作の映画)

3.9

wowow

人間で生まれたからにはその社会の中で生きて行くことが当たり前。でも、その社会が辛い人間もいる。自分の心の拠り所をどこに求めているのか…人それぞれ。汚れた社会であってもそこに居場所を見つけ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

何故だか感激の涙が…歌は人間の姿ではなくても感動します。愛情たっぷりのエンターテイメントショー♫
自然と音楽に乗って笑顔になり、元気をもらえる映画。
ビートルズの名曲、ゴールデン・スランバーにやられる
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

美しい風景に素直な感情が自然に溶け込んでしまう映像。登場人物が優しさの愛情に溢れていることがせつない。

運び屋(2018年製作の映画)

4.5

クリント・イーストウッドはとても魅力的なおじいちゃん。時にはその魅力が家族にとっては不要なものになることもある。犯罪ではあるものの、運び屋で得たものは彼の人生に欠けていたもの、人生の仕上げに相応しいも>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

4.0

幼い頃、サーカスを見た記憶が蘇る。台詞はなくともダンボの素直な感情がひしひしと伝わってきます。
色鮮やかなサーカスの裏舞台は孤独ではあるが夢はいろんな可能性、未来につながっている。

>|