倫子さんの映画レビュー・感想・評価

倫子

倫子

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃおもしろかった
前作までみたいに味方のはずの無能が事態をこじらせることがなくてストレスフリーでよかった
安心して悪役を憎める

オーウェンがかっこよすぎてずるい
あんなの好きになっちゃうに
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

レイがサイコー
戦う女はかっこいい
今までのヒロインの中で一番このみ

レンはちょっと小物感あって主人公側にインパクトで負けてるけどまあ仕方ない
レイアもソロも老けててなんだか悲しいよ

BB8がまる
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

3の後から4の10分前まで描くってどういうことかと思ったら言葉どおりで納得した

スターウォーズのナンバリング(3をのぞく)は一話毎でのハッピーエンドにむかって適度な困難を乗り越えていくところがストレ
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.7

片桐仁と西田征史だから、という理由であらすじも見ないで鑑賞したけど大正解だった
後半うるうるした

一つの場面でことが展開していくのが舞台っぽいなーと思ったらやっぱり舞台が原作だった

惜しむらくは片
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.4

だいすき〜
も〜ほんとにだいすき
幸せになれる

PART1が一番きれいにまとまっててワクワクしたけど、毛色のかわったPART3もいいかんじ

未来は白紙だってことさ、ってセリフがサイコー

結局教師
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

4.0

アナキンかっこよすぎるしいちゃつきまくってて笑った
暗黒面に落ちるの確定してるの辛すぎでしょう

わたしもパドメになりたい

C-3POとR2D2の気が抜ける掛け合いが好き

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.7

王女になるためには三つの試練があって、導き手のパンからして見た目怖いから試練に出てくる怪物も当然怖い
ちょっとだけ怖いけどデザインがよい

それよりも現実の拷問シーンの方がきついと聞いていたのでくるぞ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0

旧三部作と比べて映像があまりに綺麗でびっくりした
しょぼいと言われればそうだけど別にいうほどでもないな〜と思いながら旧三部作を見ていたけれど、たしかにこっちを先に見てしまえばしょぼすぎる

アナキンか
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.7

いつだったか見たはずなのに書いてなかったことに気づいた
今もそうだけど、感想をまとめられなかったんだとおもう
ハッピーエンドじゃないけど本人たちにとっては最善のエンドのような映画の感想は表すのがいつも
>>続きを読む

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還 特別篇(1997年製作の映画)

4.0

怖いシーンも残虐なシーンもなくて安心して見られるからすき
ハッピーエンドが約束されてるところがよい

人中がコンプレックスなんだけどレイアを見てるとどうでもよくなる

リトル・マーメイド/人魚姫(1989年製作の映画)

3.9

まっすぐで一生懸命な女の子はやっぱりかわいい

アンダーザシーはいい曲

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

むずかしかった
見終わっても結局???ってなって解説ブログを読んでやっと納得した
そもそも史実を知らないと冷戦ってなんだっけ、なんでドイツにあんなにスパイが集まってるんだろとなる

この手の話を楽しく
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.0

すき
ミニオンのネファリオ博士が冷凍されてたのはこれのオマージュだったのね

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.3

オープニングを終えて場面が船内にうつったところから「あ、たぶんすき」って直感的に思った

SFというものは世界観がどれだけ作り込まれているかが一つの大切な要素だと考えているが、これはほんとに緻密でよか
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

3.7

ずいぶん古い映画なのにまったく色褪せなくてすてきだった

映画だから本物の背景を使えるのはいいところだとおもった
もとの舞台じゃこうはいかない

トラップファミリーが幸せになってよかった

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

3.2

ミヒャエルエンデはやっぱりいい
いやな現実をふまえて想像の及ばないファンタジーをみせてくれる
そんな世界観を映像でみられてわくわくした

強調されるテーマを説教くさいととるか教訓ととるかその時の気分で
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

3.8

シュワちゃん頼もしかった
かのラストシーンが見られてよかった

ジョンコナー役の男の子が綺麗だった
この映画に出るまで素人だったなんて信じられないくらい演技がうまかった

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.5

理解するには知識が足りなかった
あまりに現実離れしていて誰かが考えたフィクションとしてしか見られなかった
ヒトラーの所業を学んだ上で見るべきだった

死ぬときも尊厳守ってもらえるから偉い人はずるい

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

もうパッケージからして怖そうだから見るのを避けてたんだけどよっぽどおもしろいみたいだからがんばってみることにした

延々と何か怖いものに追いかけられるタイプのものがすごく苦手だったけどこれはそこまでビ
>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.4

ずっとどきどきしっぱなしでおもしろかった!
2は存在しなかったのだ

ラプトルのぼやけた姿だけ一瞬見えるところとか怖くて心臓が縮んだ

アマンダがバカすぎてイライラする
このシリーズは毎回そう
頭の悪
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

「俺とマユはあの日から、同じ罪を背負うことになった」
たのむ、石丸とともに早く死んでくれ〜〜〜

と思ってたんだけど、ラストをみてどうでもよくなった

50分あたりの鈴木が最高すぎてひっくりかえった
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.1

なんでこんなに可愛い背景を思いつくんだろう
世界観だけなら☆5以上
原作に出てくる範囲内なら本当に理想の不思議の国

ストーリーはあんまり好みじゃない
不思議の国のアリスは戦う物語じゃないの
アリスリ
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.8

人がどんどん死んでいくのに人間賛歌で終わらせるなんて、王道サスペンスなのに笑ってしまうようなラストだった

普通にサスペンスとしてとっても面白い映画だったんだけど警察署長の背景がいいスパイスになってい
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.2

3しかみたことがなかったので視聴

綺麗にまとまってて飽きないで見られた
別段心惹かれるものでもなかったけれど

ラストの引き際は気持ちがよかった

ジャックがもちろん主人公なんだけど物語は別の人中心
>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.3

偵察に行くシーンが笑えた
あんなバカバカしいことをわざわざするとは思わなかった
帰りに袂がガチャガチャいってたのも芸が細かくてよい

ラストの生放送のところとか彼らが子供みたいに言い合ってるシーンがす
>>続きを読む

シュレック(2001年製作の映画)

3.4

やっぱり山寺宏一はうまい
いつもどこかしらに出てる

ルッキズムに異を唱えた映画だったけれど、主要人物はあくまで自分自身を卑下してるだけで決して本心からは相手の外見は貶めない
もうひとつ映画の中で強調
>>続きを読む

日々ロック(2014年製作の映画)

3.1

DECO*27が曲を提供してるから見た
彼はほんとに素敵な曲をかく
加工が強すぎていつもみたいにボカロが歌っても変わらないじゃんとも思ったけどこんな形で彼の曲が聴けるのは嬉しい

友達のバンドの仲間に
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

2.8

とってもバカバカしいと聞いていたので視聴
そういうのが大好きな私にはちょっと物足りなかった
もっと面白くなりそうなのになんかおしい

実話だから仕方がないんだけどノンフィクションとギャグの間、どっちつ
>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

2.5

普通
別にわるくないんだけど全体的に古くて心惹かれなかった
かといって新しくリニューアルされたのが見たいわけではない
戦うシーンはちょっとドキドキしたかな

こうやってみると当時と今のロボット観って結
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

何回見てもちゃんと理解できないのでカタルシスは得られない
でもラストはほんとにすてきだし作品通して派手じゃないスパイものを貫いててすき

原作をよんだらもっとわかるかな

追記
原作を読んだ
脚本すご
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

4.5

相変わらずすっごくおもしろかった
今回はトレイパーカーのバルタザールが聞きたくて字幕をみた
公開中に吹き替えも見るつもり

毎作思うのはこれは愛の物語だということ
出てくる大人みんなどこか弱点があって
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃよかった
音楽がよい
笑えるところが多くて何度も吹き出した

笑って泣けると書いてあったので、またありがちな感じかと敬遠していたけど別に泣ける箇所はない
もっと早く見ればよかった
安易に泣
>>続きを読む

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(2014年製作の映画)

2.9

朱ちゃん、大人になりすぎ
誰かの成長に首をかしげるのはなんかいやなんだけど、一期の頼りなげながらも絞噛の背中を追ってひた走る朱ちゃんが大好きだった身としてはおいてきぼりにされた気分
それでもかわいいし
>>続きを読む

>|