KOUICHIROさんの映画レビュー・感想・評価

KOUICHIRO

KOUICHIRO

movie theater staff 1994 05 05

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

こっちでホラー初めて観た
ビックリするところは結構あったけど
メガネの少年を中心に笑えるところがかなりあったからそんなに怖くはなかった
スティーブン・キング好きなら観てもいいと思う

"Chapter
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

-

高めてこうシリーズ3
金ローで小さい時観た以来ちゃんと観た
舞台の博物館行けるの楽しみ

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

3.5

気持ち高めてこうシリーズ2
相変わらずサマンサの話すことは8割エグい下ネタ

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.6

NY行く前に気持ち高めてこうシリーズ
セントルイスのルイーズがほんと良いやつ

咲 Saki(2016年製作の映画)

3.4

頑張って原作を忠実に再現しようとする努力がすごく伝わってくる

立直一発自摸平和純チャン三色一盃口ドラ3!

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

3.6

このときの宮崎あおいが世界最強であるという事実に何の異論もない

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

400post!!
これが実話を元にしてるっていうのが後から響いてくる
ベネカンの演技が繊細ですごく良い
実際の自殺の方法が青酸カリの付着したりんごを食べたっていうのwikipediaで知って映画内だ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁(2010年製作の映画)

3.4

未来のカスカベが描かれた珍しい作品
風間くん→大手家電メーカー役員
ネネちゃん→ふたば幼稚園教諭
マサオくん→売れない漫画家兼コンビニバイト
ボーちゃん→発明家
なんといっても国際警察官になった大人ひ
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.6

1度観たら忘れられない顔でお馴染みスティーブ・ブシェミの良さが如何なく発揮されてる
材木粉砕機にぶち込まれて死ぬシーンはシュールと笑いとホラーのなんともいえない感じ

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

Cineplex Yonge-Eglintonで鑑賞

まず最初にでっかく「SONY」
カーアクションド派手で最高
リリー・ジェームズ可愛い
主要人物が次々あっけなく死ぬ
映画館ずっと爆笑が起きてた
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

多少のエログロシーンあるけどそれ以上にストーリーと役者の演技に引き込まれて夢中で観た
韓国映画観たやつ全部面白い

ラストのオチは色々解釈ありそう

催眠術万能

UDON(2006年製作の映画)

3.3

これ観た次の日は絶対うどん食べる
ただただ香川に行きたい

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡(1997年製作の映画)

3.8

クレしん初期映画の中で1番好き。ホラー要素が入ってくると名作になる気がする。
改めて見返すと色んな映画のオマージュが垣間見えて面白い。
青森から東京帰るときの躍動感

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

4.6

この映画の空気感たまらなく好き

この2人だとどうしても『ピンポン』のペコとスマイルが成長した姿を重ね合わしちゃう

大学時代の友達と15年後にこういう感じで昔を思い出しながら旅に行きたい

高良健吾
>>続きを読む

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

3.5

中学の修学旅行のバスの中で見た記憶

そのとき香椎由宇かと思ってたら佐田真由美だった

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.7

豪華な役者達が華麗な手口でにカジノを欺く話

悪役のカジノ経営者がヴィンセントじゃん、、、

有吉が1番好きな映画

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.6

この短さの中に暖かくも深い内容を詰め込めるのはすごい

ターミナル(2004年製作の映画)

4.2

なんとなくつまんなそうだなって思ってたらめちゃ良いコメディ映画だった

主人公応援したくなる空港で働くの楽しそう

「そりゃ納得いかんのう」トリビアの泉よく見てた

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.6

笑っちゃうようなご都合主義感は否めないけどいい映画

ホラン千秋とカズレーザー

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.5

『ブルーバレンタイン』カップルが一緒に観ると必ず仲悪くなる説〜〜〜〜

出逢って間もないラブラブの頃と結婚して倦怠期を迎えた頃を交互にみせることでより対比が明らかになって観てるこっちが辛くなる

ボタ
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.9

オープニングのZeppにやられる

役にハマりすぎのルーニー・マーラと
かっこよすぎないダニエル・クレイグ

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.0

ゴッドファーザーの美化してない版
ジョー・ペシの『ホーム・アローン』とのギャップ。。。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.6

LINEマンガで好きやったから面白かった
みんな言ってるけど映画ってよりドラマにしたほうが見やすかった気がするテレ東の深夜24時枠で

>|